10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『궁(宮)』6話

2006.01.30 *Mon*
やっぱり6話は、なんといってもシンに注目!な1時間でした
だって、少し嫉妬してましたもんね~~
ユルもそんな感じ出してましたけど。。。

それから、今回はユルママが動き出しましたね~。
ユルもおばあちゃん(おばあちゃんですよね?なんとかマァマァと言われてるけど。)のところに現れて
シンのママは嫌な目つきで見てたし。
雲行き、怪しい???

それでは、、、、

あ、ちょっと気合入れて写真多くしてみました



チェギョンが朝食を摂りに来ると、シンがちょっとずつ立って食べてて、官吏?のおじさんが横でみながらメモしたりしてる・・・
それは시선と言うらしい。
チェギョンは「あ~毒が入ってるかもしれないからですか?」とか言っちゃってみんなを一瞬固まらせてしまう。
チェギョンのこういう考えなしにモノを言える性格、うらやましいな~。
りんだ、色々話すとき考えすぎて話せないことが多いんです
チェギョンのナレーションで「シンクンは今までの10年間、つまり9歳の時から시선か신선っていうものをしてきたんだって。体で孝行するてことらしいけど・・・こんなに偉そうな奴が10年間毎朝こんなことしてきたなんて、、、驚くばかりだ・・!」だって(笑)

その食事の後、チェギョンはユルを見つけて嬉しそう☆
彼は、視聴者にとってもそうだけど、チェギョンにとっても癒しです!!!
後ろからそっと近づいてユルを驚かそうとするチェギョン。
気付いて微笑むユルの笑顔に心を打ちぬかれちゃいましたよコレ
20060130214500.jpg
これにオチナイ女はいるのか・・・あ、チェギョンは落ちてないか・・(笑)
20060130214709.jpg
そして、仲の良さそうな二人・・・
それを、見てしまって、嫉妬?複雑そうな表情のシン
20060130214725.jpg


その後、チェギョンはユルに連れられて静かなところにいくんだけど
きっと、まだ冬に入る前に撮影されたんでしょうね、銀杏が落ちて黄色い絨毯のようになってて、ふたり、とってもいい雰囲気☆
ここで、「花香滿園亭(화향만원정)」「亭園滿香花(정원만향화)」という、前から読んでも後ろから読んでも同じ意味になる言葉をユルに教えてもらいます!
韓国にもこういうのあるんだ~~♪♪

帰ってくると、シンはフェンシングしてるんだけど
(ちょっと、一言。シンがカチューシャしてる・・・やめてほしいな~
シンはとってもご機嫌斜め・・・
それはチェギョンとユルが仲良さそうにしてたのを見てしまったからなんですが。
シンはなんかセリフ?みたなものを言って、その後「覚えてるか・・俺が前に言ったこと?宮で生活するんなら中身をもっとアップグレードしなきゃいけないって言ったこと。(りんだ、覚えてません 爆!)」
セリフみたいなのは何か文学作品のセリフだったようで、多分そんな基本的なことも知らないようじゃ・・とかここらへんはイヤミを言ってる模様・・・(あ~もっと韓国語の力が欲しい・・・
で、チェギョンも怒って「そんなに教養のある人が、誕生日パーティーで、友達のいる前で恥かかせて!そんなにミン・ヒョリンを隣において(みたいな?ばっかりですみません)友達動員して私をバカにさせて。そんなにミンヒョリンが好きならどうにかしてでもあの娘と結婚すればよかったじゃない!!
と、思わず言ってしまったチェギョン。。。

シン、キレた・・・

「どうせ、俺たちはお互いがお互いに、お互いが望むようには出来ない弱い存在なんだよ!だけどな・・・」

だって、、、だけどな・・・の「・・・」が聞きたいんだけど。
なに言おうとしたのでしょうか?
行間が読めないりんだなのでした・・・。
このドラマって、分かりにくいのかもしれない・・・。
今頃気付いても遅いって・・もうハマってるし((´д`υ))

あ、お茶会であのユルに教えてもらった言葉で助かりました☆☆
「花香万園庭(화향만원정)、庭園万香花(정원만향화)」
花が万園庭には香ばしいから、庭は花の香りでいっぱいだな~。
とお茶会で言えました!好評でしたね~♪♪
チェギョンはお返しに、若者言葉の略語教えてあげたり、授業のサボリ方教えてあげたり(笑)


ある日、シンとチェギョンはヒョッパッ(でいいのか?)というスポーツを宮廷内でします。
それで、シンが教えてくれるんだけど、チェギョン下手で(笑)
その教えてる様子を見ながらシンパパとマママ~が話してるんだけど
りんだはその教えてる様子見ながら爆笑してました!
20060131030415.jpg
いくらなんでもこの姿勢はないでしょ・:*ゞ(∇≦* )ヴァヒャヒャヒャ
チェギョンが木でできたクラブ(といっていいのでしょうか?)をぶんぶん振り回してておもしろかったんです。
それを怒って「やー!」って言ってるシンにも爆笑!
そして、玉を打ってみたら見事ゴールに入ってしまう!
ビギナーズラックですね


また違う日、シンとチェギョンはふたりでどこかのオープン記念でリボンカットを行うことに。
それはテレビの生中継されてるんですね。
ここで事件が!!( ̄□ ̄;)!!記者のための写真撮影に応じるふたり・・・ピースしてるチェギョン、、一般市民だ(笑)
と、誰かが生卵をシンに投げつけます!
呆然とするシンに対して、チェギョンはかばいつつ、「どういうつもりよ!!??」と叫ぶんです・・・
すぐ宮に戻って、シンは部屋に・・・チェギョンはユルとふたりで話してます。
チェギョンは卵を投げた人について、「どんな奴だよ、捕まえたら・・・!!
でも悲しそうな顔でシンのことを考え、「どれだけ驚いたか。。。だめだ・・・この目で大丈夫か確かめなきゃ。。。」と言ってシンのとこにいこうとするんだけど
ユルは「行かない方がいいよ。あいつのプライド、どれだけ高いか知らないのか?幼い頃から誰からも嫌な話を聞かないで育ったやつだ。そんな奴がテレビの生中継中に生卵投げられたのに、そのショックがどれほどか・・・ひとりにしておいたほうがいい」と説得。
ユルはシンのとこに行かせたくないしね。。。
でも、チェギョンは「でも、卵が当たった時のシンの表情忘れられない・・怒った表情でもなく・・・」
ナレーションは「そう言った瞬間私の心の奥深くから、よく分からない感情がわきあがってきた。。」と・・・
ユルがチェギョンの手を取って「すごく寂しいだろ?明るいし表情にも出さないけど、わかるよ。」


シンは部屋から出てきてまたユルと一緒にいるチェギョンを目撃。
20060131030551.jpg
またもや複雑な表情だ~~。

チェギョンは「私、シンクンのとこに行かなきゃ。大丈夫かそうじゃないか私の目で確かめる。」
ユルにヒョリンのが行ったら・・・どうのこうのと言われてもしっかり、
「シンがどう考えてるか分からないけど、私は今あいつの妻なの。何かあって落ち込んでる時は私が傍にいてあげることが私のしなきゃいけないことだと思う。」と言い、シンの元へ・・・
かっこいい~、チェギョン!!!
でも、やっぱり言われてショックだったのね。。
チェギョン心の声“どうして急に涙が出るの・・”と言って泣いちゃうんですね。

シンを見つけたらシンが「どこ行くんだ?」って話しかけてきます。
ここから会話を・・・
シン「なんだお前、泣いてんのか?」
チェギョン「顔、大丈夫?」
シン「大丈夫に決まってんだろ、卵の1個や2個で死ぬわけじゃないし。」
チェギョン「大丈夫か。。。また、あんたが・・・」
シン「正直初めてのことで驚いたよ。それに、周りのやつも俺の気分を損ねないか心配して近づいてこないし・・・こんな時はお前が来てくれるかって期待してたのに。お前、得意だろ?空気読まずにふざけるの。そうして欲しかったけど、、そしたら元気になれるかと思ったんだけどな。。」
シンってそんなに気難しい性格ではなかったんだ・・・とりんだもここで気付く。
周りが気を使いすぎて、遠慮して接するから孤独だったんだね(´-ω-`)
と、話を戻して。
シンはチェギョンの髪についてるごみを取りながら
「なんだ、これ?お前恥ずかしいな。익위사とかガードマンたちが見てる前でこんなもんつけて・・・乗馬にでも行かなきゃ。」
そう言って、シンは行こうとするんだけど、チェギョンは申し訳なくて後ろからシンを抱きしめちゃいます!!
20060131030702.jpg
そして「ミアネ・・・ミアネ・・・」と謝ります。
シンも驚きつつ、ちょっと嬉しいみたいなかんじですかね?この表情は??
20060131030715.jpg
そして、シンはチェギョンの手を体から離して動揺した様子で、それを隠すかのように
「ハッ(笑)おれがさっき冗談いったから申し訳なく思ったのか?」と(笑)
チェギョンもこの言葉でいつものチェギョンに戻って「だからあんたは卵投げられんのよ!卵入れた辛ラーメンみたいなやつめ!!」て。
シンもそれは聞こえてるんだけど、機嫌がよろしいようで、
20060131030726.jpg
ハハと笑ってます。
なんか、もうふたりは夫婦~~って感じですよねヾ(●´▽`●)ノ彡
いや、夫婦なんですけど、、、心も夫婦~~~って感じですよね~

そして、乗馬クラブに行くんだけど、シンは「お前は先に宮に戻ってろ。」と言ってひとりで入って行っちゃうのです。
入り口で外国人の女の人と挨拶でハグしたのを見て慌てるチェギョンはかわいいですね~~~♪♪

乗馬クラブにはあの友達とヒョリンもいます。
(だから、チェギョンに嫌な思いさせないために、先に帰れって言ったのでしょうか?そんなに気遣う程の仲ではないのかな・・・わからん。)
その友達はチェギョンの悪口を言ってるんですよ。
「でも本当に鴨が白鳥になるんじゃないのか?」「そんあのありえないだろ?頭の先っぽから足の先っぽまで平凡なのに。」とか言ってるんですね。そこにシンが来るのに、まだ彼らは続けるんだ・・・。
「あ~、鴨が白鳥になる方法が一つだけあるぜ、生まれ変わるんだ!」とふざけてます。
でも、、、ここでシンはカチンと来た。
シンは「財閥家のお坊ちゃん方、진골(身分の名前らしい)から성골(진골より高い身分)になる方法教えてやろうか?生まれ変わるんだ。 」と言って、去ります・・・
みんなびっくり!シンは、笑顔で怒ってますから。

ひとりで外にでたシンをヒョリンが追いかけてきます。
「奥さんの文句言われたから聞きたくなかったのね・・」
そして、チェギョンと結婚したことについて
「私は絶対認めない、いや、嫌なの。幼稚だわ。(ピースしたことかな?)私があなたの横に絶対いなきゃいけないって言ってるわけじゃないの。資格がない人が横にいるのがたまらなく嫌なの。」と訴えてます。。。
が、、、あなたが決めることじゃないのだ~~~( ̄д ̄)


一方、チェギョンは宮に帰る前に学校に寄って、友達と楽しいひと時をすごします。


なんか、ユルママが企ててるようですね。
シンの元カノがヒョリンってことを知って、近づいてるし・・・


んでもって、パーティーです。
着替えたシンはチェギョンを迎えに来るんですが、かわいいドレスを着て、鏡を見てるチェギョンに思いっきし見とれちゃってます
見とれるの図
20060131031512.jpg
うん×②!!確かにかわいいわ、チェギョン

そのパーティー会場に真っ赤なドレスで現れたユルママ。(もち、ユルも同伴)
ユルママ、主役(シン&チェギョン)よりもわざと目立つ格好で来たのですね・・・。
目立って、新聞なんかに露出して、どうにかしてユルを皇太子にしたいらしい・・・
う~~ん、これからも何かしでかすわね。このママ。
だって、マママと「シンが結婚を急いだのは、まままの体調がお悪いからでしょう?」とか話してたし。

ダンスを踊ることになってしまったシンとチェギョン。

それもタンゴ!?( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

手を差し伸べられても、「嫌だ~」ってチェギョンは言うんだけど
シンは「빨리 나와...이씨щ(▼ロ▼щ) 」っと、もちろん満面の笑みで(笑)
複雑な表情でそれを見ているユル。
20060131031655.jpg

・・・・・・でもね・・・このダンス。
りんだ、正直笑いが止まりませんでした!!!(* ̄m ̄)ぷっ。
曲の合間にユルの複雑そうな表情がでてくるんだけど、よく笑わずにいられるよね・・・ってそっちばっかり考えちゃって(笑)

花火が上がり、それを見たいチェギョンは前のほうに人を掻き分けて行くんですが、前の方に行くと皇帝だと知らずに
肩を叩きながら「ホントにキレイですね」って気軽に言っちゃうんです。かわいい☆
すみませんって頭下げると、自分の靴が片っぽないことに気付く。
そして、シンが靴を拾って、チェギョンに履かせてくれる・・・。
20060131031823.jpg
拍手が沸きあがる会場。


ここで終わりです~。
なんだかんだで、かなり長く書いてしまいました
ま、暇だからいいんですけど(笑)

でも興奮は次週予告でした
楽しみですね~~~

あと、1日!
我慢して待ちましょう!!!


スポンサーサイト

COMMENT

>チェギョンのこういう考えなしにモノを言える性格、うらやましいな~。
えぇ~それは 若いから 許されることですよぉ~~
ある程度年齢いって そんな 事してたら 大変な事になってしまいます(笑)

>りんだ、正直笑いが止まりませんでした!!!(* ̄m ̄)ぷっ

右に同感(⌒-⌒)/ はぁ~い はぁ~い
実に ほほえましぃ~シーンでは ありましたがっ

前もって 練習しときなさいよぉ~って おもっちゃいましたっ

>シンは「빨리 나와...이씨щ(▼ロ▼щ) 」っと、もちろん満面の笑みで(笑)
彼って この 段階では 意地悪??優しい?? どっち?
?( ̄~ ̄;)うーん だはっ だはっ 

2006/06/05(月) 01:54:58 | URL | なみみん #halAVcVc [Edit
なみみんさん
そうですね~v-392
ドラマの中のこととは言え、私は子供の頃からキモチの裏の裏をかきすぎる性格故、友達も少なくて・・・ってなに言ってんだか(笑)
だから、いいなぁ~って思ったんですよね。

>前もって 練習しときなさいよぉ~って おもっちゃいましたっ
でも、チェギョン慌ててたワリにちゃぁ~んとフリできて素敵に踊ってましたよね(笑)

>彼って この 段階では 意地悪??優しい?? どっち?
この段階では、、
りんだが推測するに「なんか変だぞ、自分。どうしてこんな奴が気になるんだ!?」って感じじゃないでしょうかv-344
いや~ん、そんな風に思われたいv-10(笑)


2006/06/05(月) 21:37:16 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
5・6話も字幕付で
観ました。この辺り、シン君の髪が長くなったり、すっきりしたり。すっきり派の私としては早くさっぱりしちゃってくれぇって感じです。相変わらず、りんださんの解釈、素晴らしいです。なので、私があえて書くこともないのですが、5話のシンチェの食事の時の会話のところでシン君の「金目当てで結婚したくせに。」の後が何を言ってるのかわからなかったってことなので、ちょっとだけ説明しますね。その後、シン君は「お母様に援助を頼んだらしいな。ただのバカかと思ったのに、意外に計算高い。内需司から譲与明細(?)もらったろ?それ見た感想は?本気で怒ってるのは化けの皮がはがれたからか?」みたく言ってるようです。ひどい・・・。
そして、5話に登場する宮中スポーツはゴルフみたいのが「撃棒」、馬に乗ってやるのが「馬上撃毬」というらしいです。
6話のシン君、何度観ても素敵です。ドレスに着替えたチェギョンちゃんに本気で見とれちゃってますからねぇ。相変わらず口ではひどいこと言ってますが。花火に夢中でぬげてしまった靴をはかせてあげるとこも好きv-344私はなぜか最初から迷うことなくシン君派だったのですが、このあたりでユル君、シン君の好みが分かれてきそうですよね。このドラマ、もしユル君に肩入れして観ていたらすごくつらかっただろうなって思います。
2006/07/18(火) 23:43:33 | URL | kotoko #- [Edit
kotokoさん
おぉ、、もう5・6話なんですかe-327早いな。。。
確かにこの頃、シングンの髪、短くなったり長くなったり。。タイに行くとこで髪が長くなってたのには、かなり不自然さを感じたのを思い出します。
これから字幕つきで、自分の解釈と比べると恥ずかしくなりそうです。。。今回は大丈夫でしたか??ヒヤヒヤものです(笑)
シングンの食事の時のセリフ、酷いv-406ま、この後のことを知っているから許せるけど、これは視聴者としてもユルに心変わりしそうになりますよ!!!(ま、結果的にはシングン?ジフニ?の魅力に負けてしまいましたがv-402エヘ)
「撃棒」、「馬上撃毬」。これ漢字で書かれても、日本語ってより中国語って感じがするのはりんだだけでしょうか。。。これ、日本語ですか??←めっちゃアホっぽいですよね(笑)
私も迷うことなくシングン派でした!ユルくんの声&優しさには、コロッといってしまいそうになりヤバかったんですが、やっぱりジフニ自体の魅力とあの典型的な韓ドラ主人公の男の子の性格に、ドボンとはまってしまいましたねぇ♡
ユルは、チェギョンに言うこともがひどかった・・・肩入れしたのは最後の宮を去るとこでしたね。。。あぁ懐かしい、、見直したいなぁv-398やっぱり「宮」は素敵なドラマだったな~ってずっと思えるドラマですよねv-353
2006/07/21(金) 12:53:26 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

りんだ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



Recent Comments



Recent Archives



Categories



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Links

このブログをリンクに追加する



Copyright © **りんだの気まぐれ日記** All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。