08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『궁(宮)』7話(追記;写真アップ)

2006.02.03 *Fri*
楽しみに、、、楽しみにしていたシーン

きゃは~~~,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

はい。落ち着いていきましょう(笑)

今日、テストが最終日でした!パチパチ
ということで、春休みに突入
今日から3月いっぱい休みなので、韓ドラ見放題♡遊び放題♡かというとそういうわけにも行かず・・・。
りんだ、大学3回生です・・・就職活動の始まり×2~~~♪ヽ( ̄ー ̄ ;)ノ♪(ピーターパン症候群気味なのに・・・)
りんだは地元で就職したいUターン派なので、今回の春休みは地元に帰って就職説明会に参加する予定。
これも、4回に思いっきりバイトをしてお金を貯めるため・・・楽するため・・・の踏ん張りどころ


と、近況報告はコレくらいにして。
(興奮状態を落ち着けるために、気分が暗くなる就職話をしてみました 笑)



まず、シンの両親とおばあちゃんは前回のパーティーでのユルママの登場について話し合ってる模様。。。
でも、正直何言ってるのかわかんねぇ~~~(泣)
多分、おばあちゃんは“ユルママが日本に来てるなんて思ってなかったわ~、ユルも教えてくれればよかったのに~”って言ってるかな?
そして、シンパパは“今まで一緒に暮らせなかったんだから温かく迎えてあげなければ~”みたいなこと?
そして、おばあちゃんは早くシンに継がせなきゃ?みたいなこと言ってます?
シンママはまだ若すぎます!って言ってますけど、シンパパは賛成なようですね。

↑シンとチェギョン、ユル以外のことになるとすんごい適当(笑)

チェギョンは朝、準備をしてきてシンを見つけて
「昨日(パーティー)すごく感動した。本当に童話の中の主人公みたいな気分だったわ。あんなに大勢の人の前で・・・」と熱く語っていると
シンが「お前、これからドレス着る時は体つきが見えないようなドレス着ろ。足が太すぎて牛もまけそうだ。」みたいな?
そのあとのチェギョンの「う、う、牛!?」ってセリフがおもしろかったです!

学校に行ってユルにったチェギョンは「ユルクン!」って声かけるんだけどユルは無反応。。。
なんだかな~~。あんなに優しかったのに・・・。パーティーのふたりを見て嫉妬しちゃって複雑なんでしょうか。

家に帰ったチェギョンは得意のミシンでシンの写真をつけた人形を作ります(笑)
表にはしかめっ面、裏には笑顔の
20060204193536.jpg
そして、シンはイヤホンしてるんだけど、学習してるチェギョンは気にせず話しかけます。
「知ってる?シンクンは笑ってるほうがいいってこと。私が初めてシンクンを見たときこいつ一度も笑ったことないんだ!って思ったけど、よく笑うんだね。もっと笑って。笑顔見てると気分もいいし。」そういって、笑わせようとするんだけど全く笑わないシン(笑)

チェギョンは諦めて話転換。
家に帰らせてくれるって言ってたのはどうなったの?って聞くんだけど
シンは勉強もしなきゃいけないのに、誰が家に帰ってもいいなんていうんだ?と・・・人形なんか作ってないで勉強しろみたいなことを言うんです。
チェギョンがそれを聞いて怒って、「이씨」って言いながら、小声で人形に「가자・・」って言ってるのが今回、りんだの一番のツボでした(笑)
ひとりで笑ってました!
その後の、シンの写真を貼った人形を文句言いながら殴りまくってるのも笑えましたけど・:*ゞ(∇≦* )
それをシンが眺めて、写真撮ってるのもよかったな~~~。面白いやつだな~って思って写真撮ってみたんだろうな。。

あれは朝の会とでもいうのか・・・?そこに行くと、シンパパが
「朝から皇太子が私のところを訪れて、プウォングン(チェギョンの実家)に何日か行きたいと言うんです。私も経験したことのないところで何日かを過ごすのは、未来の皇帝にとっていい経験になると思うんですが・・・」と。
そう、シンがチェギョンのために実家にふたりで行くことをお願いしてくれたのですぅ!!
皆も賛成の様子
良かった×2!!♪

部屋に戻る時も「一緒に帰ろうよ~~♪」とシンにくっついていくチェギョンのかわいらしさ・・
りんだも、妹にしたいよ(笑)

それを見てるユル・・・こわ~~い&なんだかかわいそう・・・

で、部屋に戻ってきてチェギョンはシンに「ありがと。そういうこととは知らなくてひとりで先に行こうとして。。。バカだな!(自分)」
シンは相変わらずクールに「おまえんちって部屋何個だ?ひとりでひ一部屋使うんだけど。お前の家だったら不便だろうな・・行けないって言おうか?」と・・・くそぉ~ホントはいい奴のくせに、、、、(笑)
チェギョン「そんなこと言ってみろ!ひとりでも行くんだから」
シン「笑わせるなよ・・・ひとりでなんて行かせてもらえるのか?俺が行くって言ったから行かせてくれるんだろ?そうじゃないか?」
チェギョン「そう・・・どうしてそんなことおっしゃるの~」
シン「なんだよ!放せよ~。」
と、じゃれあうふたり

りんだ、しあわせぇ~~♡

ふたりはチェギョンの実家に。
(車で向かう車内でおチェギョンはうれしそうなんですけど、それを見て微笑んでるシンの笑顔がいいんです!!!)
すました表情してるシンですが、一般家庭に行ったことのないので部屋にも靴履いて入っちゃうんです。
なんだかシン、、、、かわいいわ♡
ま、ずっとチェギョンの家族に圧倒されてるので、かわいいんですけど。
チェギョンの弟はチェギョンがシンを“シンクン”と呼ぶのを聞いて
「旦那に向かってシンクンって・・・“あなた~”とか呼べよ」って。
チェギョンが「宮ではサンチュ食べちゃいけないの、禁止なの!品位がないからだめなんだって~。」と言ったとたん。
家族全員で「マルドアンデンダ、イェ!(ありえないです!はい!!)」と言って、シンを圧倒!(笑)
シンの表情に爆笑でした!

家族みんなで団欒してる時のこと
シンが「部屋がふたつなんですよね?どうしましょう?」と言い出す。
両親は広くていい部屋の方を勧めてくれます。
シンは冗談で弟は外でテント張って寝たらどうだ?とか言ってるシンですがいきなりチェギョンの手を握って
「俺たち、同じ部屋を使います。どうしました?なにか起きるか心配なさってます?」
両親はそんなことないと言いながらもかなり動揺(笑)
結局前にチェギョンが使ってた部屋をふたりで使うことに・・・
弟くんは両親の部屋へ・・・

話はそれますが、このときシンが着てるスウェットりんだ好きです
ちょっとだけダボッとした感じで、この素材感・・・好きだな~。ポッケに手を入れてるので更にかっこよく見えます~、さすがモデル出身チュジフン(≧∇≦)様になるわ~♪

ふたりで部屋にやってきたんですけど、シンは文句タラタラ。
チェギョンは「だったらもうひとつの部屋に行ったほうがいいよ」と行かせようとするのに、シンは
ベッドの横に来て「でもさ・・・大変だ。(チェギョンの肩に手を回して)お前と俺、2人なのにベッドはシングルだろ?」
これはシン、どういうつもりなんでしょうか?遊んでる?それともちょっとだけ本気まじり?
う~ん、気持ちが掴みづらいっす。
チェギョンは固まっちゃってし(笑)

落ち着いたチェギョンは「私は19年間このベッドで寝てきたの、あんたが下で寝て!」
シン「おい」と言いながらスウェットを脱いでタンクトップになり。
チェギョンは動揺するも、「もう、知~らない!お好きにどうぞ!」と言いながら布団にもぐりこむ。
すると、シンは「そうか?だったら一緒に寝るぞ」だって。
いいな~、、、かわいいふたりだな~。
チェギョンは「私、寝相が悪いからあんた落ちるかもよ。」と言って暴れだす(笑)そして、シンも応戦(笑)(笑)
思わず実況中継風になっちゃってますが、ここは許してください!好きなシーンなんです
シンは寝てしまいます・・・
でもチェギョンは寝れません。
「眠れない・・・ここにはシンクンの背中が・・・それにしても変だわ。でも嫌じゃないみたい・・狭いベッドで、でっかい男の子と寝てるのに、いやじゃなくて。(シンの背中にくっつき・・離れて)私がこんな奴だったなんて・・このまま気付かずに襲っちゃったらどうしよう・・」

ま、こんなこと言ってても彼女は寝ちゃうんですよ・・・シンの服によだれたらしながら(笑)
20060204193604.jpg

それに気付いて起きるシン。よだれの匂いかいで歪んだ表情(笑)
それでも幸せそうに寝るチェギョンを見て、微笑んでます
20060204193615.jpg

それからシンは眠れず起きて風呂場に行くんですが、
両親の話し声が聞こえます。
パパ「何か欲しがってるものがあるかもしれないから行ってきてみろ。」
ママ「何時に寝たと思ってるのよ。」
それを聞いたシンは部屋にすぐ戻ります。
両親が飲み物を持ってきたとき、ふたりは抱き合って?というかチェギョンが抱きついた形で寝てます・・・
20060204193643.jpg


ひとつ質問!
これはシンがひとりでベッドに寝たくて、仕組んだんですよね?チェギョンを自分にわざとか自然にかは分かりませんが抱きつかせて・・・
だって、さっき起きてたのに寝てるってのはおかしいし。
あ~理解できない!!・・・(o;TωT)o"

そして、気付いたチェギョンはシンを突き飛ばす・・そして自己嫌悪(笑)
「襲っちゃった!!襲っちゃったよ~。。さっきのあのポーズは私の仕業だ!なんであんなこと・・!」

両親はもうひとつの部屋にって言うんだけどシンは「ふたりで解決します・・・」と。
シンは「さぁ、どうする?」
チェギョン「もうあんなことしないから・・」
シン「信じられないよ」
チェギョン「それじゃあ、私がしたで・・・」というと
シンがチェギョンのほっぺをつまみながら「可愛いやつめ!」って(笑)
どういう意味か、結局じゃんけんしてチェギョン弱いんだもん、負けて下で寝ることに。。。
このじゃんけんしてるとことか、もう仲のいい友達くらいまでは来てるな!
なんかいい感じじゃないですか?曲(「perhaps love」)もいい効果だしてます

別々に寝てる二人が、色々動くところもいい感じでした~。
チェギョンが肘をぶつけたり、シンが頭ぶつけたり。
チェギョンが電気を消したり、シンが電気をつけたり。
20060204193629.jpg



よく朝。
シンは、チェギョンの両親が仲良く料理をしてるのを見て、うらやましそうに見てます。
20060204193951.jpg
今までの宮での生活では見ることが出来なかった光景だからね。
シンの両親はそんなことが許される世界では暮らしてないし。
シンはこういう一般的な平凡なひとの暮らしが見てみたかったのですね~☆
コショウ(かな?)のにおいを嗅いでむせてるシンにここでも爆笑!
チェギョンと裏の庭へサンチュを摘みに行ったシーンもシンは可愛かったですね~。
採り方がわからなくて、何していいかわからず戸惑ってるシン。
土も触ったことないんでしょうねスコップ使おうとして、男なんだからそんなの使わないで手で!って、チェギョンに叱られちゃってるし。
それでも嬉しそうで。
こういうのにグッとくるりんだなのです
母性本能くすぐられません?(笑)

朝食で、サンチュを食べてことのないシンはまたまた戸惑ってます。
だって、みんな大きな口あけて食べてるし、食べさせあったりも。
そんなシンを見てチェギョンは作ってあげて「あ~ん」って言うんだけど
シンは嫌そう・・あんなに大きく口を開けたことないんだ
でも強引に「大丈夫よ!宮じゃないんだし!私が秘密にしてあげるから。みんな、秘密だからね!」と言って
強引に食べさせるんですね~~(笑)シン、口隠してるし(笑)(笑)
20060204194012.jpg
このドラマはりんだを幸せな気分にさせてくれるわぁ~~


チェギョンは学校に行って友達(マジメなめがねちゃん)に一緒の部屋で寝たことを報告。
友達は「うそ!ホントに?行くとこまで行っちゃったってわけだ。」
チェギョン「そんなんじゃないって、、、まだ・・(*ノωノ)ポッ 」
友達「な、あんた、今日・・・?」
チェギョン「そうじゃなくて・・・そうじゃないってば~」

シンも友達に報告
友達「マジかよ?同じベッドで?」「じゃ、今日の夜は・・・??(* ̄m ̄)」「未成年なのにいいのか?」「夫婦なんだからいいだろ・・」
シンは「もうそんなことないって。」
友達「もう?ってことはもう何かあったのか?」
友達「気をつけろ。今は女の方が積極的だろ?もしかしたら後ろから襲われるかもしれないぞ!」「そうだぞ、俺たち男の子はホントに気をつけなきゃなんだぞ」
みたいな会話が。
でも、この友達ってろくな奴じゃない気がするからシンはあんまり仲良くしてほしくない。。


一方、チャギョンも友達達とそんな話をしてます。
友達「だからファッと襲うのよ~。」「どの道結婚してるんだから」でもマジメなめがねちゃんが「っや!あんた達!それが学生の言うことなの?」
でも奇抜な友達は「いまどき、女でも18歳で結婚する時代よ。」「そうだ!ふたりは夫婦だ~夫婦にはスキンシップが大切だっていうじゃない・・・
チェギョン「スキンシップだなんて・・・」
めがねちゃん「どうやって女が先に男を襲うのよ。変体か低俗じゃない。そうでしょ?シン・チェギョン?」
チェギョン「・・・そうだよ~、、変体・・・低俗・・・」そういいながら・・・
もう襲っちゃったと思ってるチェギョンの胸にグサッとその言葉が刺さる(笑)


家に帰ると、家には誰もいなくてシンとチェギョンだけ。
チェギョンはシン後姿をみると気分が変になるらしい・・・

シンは「お腹すいたんだけど、何か食べるものないか?卵入れた辛ラーメンはどうだ?」と皮肉った(笑)
チェギョンはシンに作ってあげてあっという間に食べちゃいます。
なんだか食べ方までチェギョン一家を見習ってるように見えちゃいました。
音たててスープ飲んでるし(笑)
食べ終わったあと、冷蔵庫をあけるシンなんだけど、その後姿にチェギョンはドッキーン
「どうしたの!?変体じゃないの!?!?スキンシップがどんなに大切だって言っても・・・」(息があがるチェギョン!)
シンはそんなチェギョンを気にも止めず、「俺が皿洗うよ。俺、こう見えてもボーイスカウト出身なんだぞ。」と(爆笑!)
シンって最初っからこんなキャラだったかしら?
「いいって、私がやるよ」というチェギョンに「俺がやるって。テレビでも見てろって。」というシン・・・なんか宮にいないシンのキャラってこんなんなのか・・・ぷぷ。

で、チェギョン。シンの背中みて我慢できなくなりました!!
皿洗いを始めたシンの背中にぴとぉ~と、アホな顔で抱きついちゃった( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
20060204194202.jpg
20060204194212.jpg


驚いて、声にもならない「ャ、、、ヤァ。。。」っていうシンの声。
ここにあげたいくらいです・:*ゞ(∇≦* )ヴァヒャヒャヒャ
大笑いですよ。
チェギョンは「黙ってて・・。」
振り向くシンに「だから、後ろ向いたまま黙ってって。」
そして、もう一度振り向いたシンを見て正気に戻ったようで(笑)
でも、わかる!したくなるよ~女の子なら


一方、ヒョリンですが、ユルママとの親交を深め、ヒョリンに肩入れしているシンの友達にも協力を頼む。
「ふたりは似合わない。シンには私が必要なの。シンが戻れるように私に協力して。」と。


はたまたシンとチェギョン一家。
夜はゲームして楽しそう。
シンとチェギョンが組んで、チェギョンの家族と対決。
なんだかんだで、チェギョンとシンって仲いいんだよね~。
韓ドラの流れなんて、犬猿の仲恋愛に発展しちゃうもんなんですけどね(笑)

最後のシーンは、庭で弟と霧吹き?で水かけして遊んでるチェギョンを眺めながら、チェギョンの幼いときからの写真を見るシンの穏やかな表情でした
20060204194226.jpg


20060204194233.jpg


今回もユルの登場が殆どなかったんですが、ドラマの中ではちゃんと何分かありました!
ただ、あんまりりんだが取り上げてないだけです( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
どうも、暗いんですもん。
ユルとユルママの会話。ユルママなんて「あなたが皇太子になれるのなら、悪魔のとこにでも行ってやるわ。(みたいな?)」こと言ってたし。

8話は、予告ではチェギョンとシンがまたまた接近してるっぽいですね~。
でも落馬したシンとユル、だけどチェギョンはユルの方に行っちゃって。
でもあの状況だったらりんだもユルの方に行くかも。
だって誰も心配してないんだもん・・・それをシンが理解してくれればいいのにな~。

8話は明日か、あさってみることになりそう。
他にも見たいのあるし・・・明日は出かけるので時間ができたらまたかきま~す。
今日は写真が1枚もないので、りんだもちょっと寂しいんですけど
あした、また写真、追加アップするかもでぇ~~す!
アップしました!☆

ではまた~~!!ヾ(●´▽`●)ノ彡☆







スポンサーサイト

COMMENT

本当におもしろいですね!

2006/02/03(金) 21:14:48 | URL | 궁 #GhMHlou2 [Edit
궁さん
本当におもしろいですよね~v-398
一緒に最後まで見守りましょうね!
2006/02/03(金) 23:18:49 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

りんだ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



Recent Comments



Recent Archives



Categories



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Links

このブログをリンクに追加する



Copyright © **りんだの気まぐれ日記** All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。