08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「궁(宮)」16話

2006.03.15 *Wed*
今回は天国から地獄に突き落とされたような・・・そんな感じです。
さらに、地獄がもっと深いような不安にさいなまれている状態なので、このレビューもやる気が起きない。
せっかく最初の方では盛り上がってて、今回は書き甲斐があると思ったのにな


では、やる気が起きないままスタート
前回は日の出を見に、海に出かけようとしているシンとチェギョンでしたね。

あのperhaps loveの音楽がかかったふたりの海のシーンはとてもよかったです
かなりキャッキャ言いながら見ていました・・・一人で(笑)
だって自然に手をつないだり、シンがチェギョンをおんぶして走り回ったり!
そしてそして、肩をチェギョンが組んで写真を撮ったり、チェギョンの足を砂に埋めるシンだったり♡
もう二人は恋人ぉ~~~♬ですよ♡(正確には夫婦なんですけど、この二人の場合、その段階をすっ飛ばしてるので。。)

車の中でくつろいでる二人も♡
チェギョン「おめでとう。」
シン「何が?」
チェギョン「宮の中でニセモノだったイ・シンじゃなくて、風を感じる本物の人間になったこと。」
そして、チェギョンの手を握るシン♡
それを握り返すチェギョン♡
そしてそして、「사랑인가요~♬」の、歌の歌詞♡
ついつい、愛なんだってぇ~♡(←キモッ(" ̄д ̄))とつぶやいたりんだでした(笑)

そして、ふたりがやってきたのは夏休みに来る別荘みたいなところ。
そこのご主人?は歓迎してくれて、突然行ったにもかかわらず部屋も整えてくれるという。
中を歩くとき、またまた自然にシンがチェギョンの手を取って歩いてることに、感動*:.。☆..。.(´∀`人)

部屋に入って窓というか、、、障子?を開けたチェギョンはシンに
「ねぇ、おなかすかない?ご飯食べよう!」
シンは呆れた顔で「飯?」
チェギョン「前に私のうちに来たとき、私がラーメン作ってあげたでしょ?あんたボーイスカウト出身ならご飯くらい作ってよ~。」
シン「くれぇ~、飯くらい作るよ。」
チェギョン「ご飯食べよう!今すぐ!!おなかすいた~!!」
シン「わかった、飯食って、ほら見てみろ~景色、きれいだろ~?」
チェギョン「私、ご飯しか見えない。。ご飯食べよう!パッパッティダ~ラ~パッパッ♬(ご飯~ご飯~♬)」
ということで買い物へ・・・
ふたりで買い物なんて、本当に夫婦だわ。
シンはあんまりお金の感覚もないし、料理もあんまりしたことないから、いらないものまで、しかもたくさん買おうとするからチェギョンは大変。
レジでも「要りません、、あ、これはお願いします」シンは「全部買わなきゃ~♡」の繰り返し(笑)
このときのシン、かわいいぃ~、困ってるチェギョンさえ表情が嬉しそうだし、、、♡
帰ってふたりともエプロンつけてクッキング☆
シンが味見をして、「あ~いい!」っておっちゃんみたいだし。
シンが包丁で切ってるとこにチェギョンがきてシンを押すとシンが「あ~」と痛そう。
チェギョン心配すると、「あ~寒い!」だって∵・゚ゞ(≧д≦)ブッ!!!
もう、ここらへんではりんだは低血圧なのに、高血圧になってました!

さて、やっと食事。
チェギョンはこんなに幸せで不安になったんだろうね。
「シングン、ひとつ聞いていい?ほんとに私に日の出見せるために来たの?いつもしない行動だから変だな~と思って。もしかして別れの旅じゃないよね?」
シン「何?そうしてそう思うんだ?」
チェギョン「前に話したこともそうだし、ヒョリンも・・・」
シン「これ以上ヒョリンのせいで傷つくな。別れるなんて考えてないから。お前と俺、100年連れ添うってのはどうだ?」
チェギョンはびっくりして米を吹出しちゃいます!「シングン、わざとしたんじゃないから・・・」と米をふき取る(笑)
シンは笑いながら「皇太子の顔に米粒飛ばしたやつは初めてだ。お前を手放したい気もするし、死ぬほど手放すのが嫌なときもある。だから手放したいって気になるまで、100年もあれば大丈夫だ。」
チェギョン「どうして?また退屈だから??」
シン「いや、お前といると楽しいから。」

そして、夜。
ふたりは小さな布団に、今度は一緒に仲良く寝ています。
(余談ですが、チュジフン君、鼻高ッ!天井に向かってツンとのびってるって感じ。うらやましい・・・)
シンは一人起きて、チェギョンを見つめています。そして、布団をかけてあげる。
シンはチェギョンと向かい合って寝て、チェギョンを自分の胸に抱きよせるぅ~~♡
そして、また抱きしめる~~♬♡

翌朝、なにも問題はなかったみたいですね(笑)합방のときは大変だったけど・・・
車で日の出を見にきたけど、天気が悪くてみえませんでした。
チェギョンは告白。
「あのね、あんたの表情見てると私より寂しくて、孤独で、悲しいんだって思った。それでいつからか気づかないうちにあんたを好きになってた。」

宮に帰ってきたふたりはアジョッシと一緒に撮影したビデオや写真の鑑賞会☆
あのでっかいPC、りんだも欲しいっす。。。でも部屋がPCになっちゃうか(爆)
チェギョン「このコンピュータ、リモコンで動くの!?皇室は全部自動なのね!」とシンの持っているリモコンを触ろうとするので、
シンはチェギョンの手を取って「じっとして見てろ。」だって♡
自分のことをオルチャン(顔がいい!という意味)だと言うチェギョンにシンも笑ってます。
チェギョン「こんな写真いつ撮ったの~?あ、思い出した!」
とか、変な写真がたくさんでてくると、画面を体で隠して「アジョッシの前で恥さらさせる気でしょ!?」
そんなことしてると、チェギョンの家族から電話がかかってきます。
チェギョン一家の会話は省略(笑)

ではシンの親はというと・・・深刻。。
皇后「あまり無理をなさっては・・・」
皇帝「こんなときに皇太子が助けてくれれば。」
皇后「陛下が休んでおられたとき、皇太子はよくやっていました。信じて任せてはどうでしょうか?」
皇帝「私は最近、皇太子を信頼できません。。」
皇后「皇太子はまだ若く、教えが必要な年なのです。こんなときだからこそ、皇太子を心を理解し、助けてあげなければならないのです。」
それでも皇帝はシンを信じられない様子。

というか、もう親子の絆ちゅーものはないんですか??
何があっても信じてあげなきゃいけないんじゃないの???
ユルママにうつつをぬかしてる場合じゃないぞ!陛下!!
それより、シンが何を考えてるのか、今までどれだけ寂しかったか、そういうの理解しようとしてよぉ~!
というのはりんだの訴えです

そこにユルがやってくる。皇后がいるといいにくいことなのか、皇后は空気を察して出るんだけど外で聞いてます。
ユルは、皇室で行われている海外との関係のことを考えて言いにきたのでした。
皇帝は「もともとは皇太子が考えなければいけないことなのに、ウィソングンが考えていたのか。」と感動してる感じ。
皇帝が、策略を読めないでどうするよぉ~(泣)頼りなさ過ぎます!!!


一方、ヒョリンはというと、過去への旅へ・・・
初めてシンと会った場所に来ていました。
お互い、家出をして、偶然駅のベンチで出会ってシンに話しかけられて、一緒に旅したこと。
ここもいいシーンなんだけど、今の心境ではこのふたりのいい感じの場面を語れる余裕はないので(笑)
省略!!!!
ただ、つっこみ。
あんな写真の撮り方じゃぶれてると思う・・・なんて冷静なんでしょ。
だって、シャッターが終わる前に手をさげちゃぁ~ねぇ~。

学校に来てもヒョリンはまだ噂されて居心地の悪い感じ。
シンとふたりになって話します。
ヒョリン「ここは変わらないわね。タイでのこと覚えてる?あなたは思い出したくないだろうけど、私はあのときが楽しかったわ。バイクに乗ったのも、ホテルに入ったのも、全部忘れられない。私はいつもあなたの影の友達だったけど、そのときだけが本当の友達だったみたい。ありがとう。」
シンが行こうとするとヒョリンは「ひとつだけ聞くわ。あのこのこと、本当に好きなの?」
シンは「・・・好きになったみたいだ・・・」そう言い残してシンは言ってしまいます。
ちょっとヒョリンもかわいそうだなぁ。。。
そして回想します。一緒にピアノをひいたときのこと、プロポーズされたときのこと。

その後シンは廊下のベンチの前に立ってカメラを見ています。
チェギョンがやってきて膝かっくんします(笑)
けど、膝の前にベンチがあったので、かなり痛そうゞ(_△_ )ぶっ!!!
何してるの?と聞くチェギョンの肩に手を回して何か変だと思ったら、
カメラを覗き込んだチェギョンの頭を後ろから押してカメラにぶつけた!(笑)
シン「あ!」と言って別の方をみて、チェギョンもそっちをみる!
チェギョンが「何?」と言ってる隙に写真を撮るシン♡
かわいすぎ!!
これが最後のじゃれあいなのかしら・・・
すんごく雰囲気いいのになぁ。。。

そして、ヒョリンの取り巻きたちは騒がしくなります!
「ヒョリンが薬飲んだ~~~!!」
シンとチェギョンもそれを聞きつけて、やってきて運ばれてるところに遭遇。
もう、ヒョリンどうして薬なんか飲んだの!?
そんなに好きなら、どうしてプロポーズ茶化したの!!!!
と言いたい。
ちゃんとプロポーズ受けてたら、結婚できてたわけだし。自業自得では・・・冷たいかな。。

シンは宮に帰ってきても悩んでる様子。
チェギョンが、「ヒョリンのところに行かなくてもいいの?」と聞いても無視。てか聞こえなかったのか。

ヒョリンを説得する取り巻きのひとり。
「もうやめとけ。こんなことしてもお前が傷つくだけだ。シンがお前のとこに帰ってくると思ってるのか?待つな、お前のとこに帰ってくるつもりならとっくに戻ってきてるよ。お前が誰のせいでこうなったんだ?シンのやつ、会いにもこないじゃないか。」

ヒョリンの落ち込んでる様子に、こんなの初めてだから心配する女官さんたち。
ヒョリンは「私のせいでこうなったのなぁ。。」と悩んでます。
ユルがまた登場して、話します。
ユル「僕も驚いたよ。ヒョリンがあんなことまでするとは思ってなかった。」
チェギョン「ヒョリンはどうしてあんなことしたんだろう?もしかして、わたしのせいじゃないかな。。。ふたりの仲に私がいなかったらこんなことになってなかったかもしれないじゃない。シンのせいでそんなに辛かったのかな。。」
ユル「ヒョリンの気持ち、僕にはわかるよ。頭では諦めなければ、もうこのくらいでやめなければって思うんだけど、そうするほど、気持ちは大きくなっていくんだ。」
チェギョン「それでもそこまでやらなければいけないの?」
ユル「チェギョン、、シンの隣、ヒョリンに譲ってやってくれ。最初からヒョリンの席じゃないか。シンが皇太子でいる間は君とは離婚できないよ。君が先に放してあげるんだ。」
チェギョン「でも、シンも私を・・」
ユル「シンが君に心を開いてるかもしれないけど、君に対する感情よりも、ヒョリンに対する感情の方が深かった。シンは結局、ヒョリンの元に行ってしまうんだ。」
チェギョン「でも、私と結婚したじゃない!離婚したら、シンだって辛いわ。」
ユル「それはシンが選ぶ問題だ。ヒョリンを愛していた記憶だけでも、ふたりを辛くさせてるさ。今こそ、僕たちのすべてを、あるべき場所に戻すときなのかもしれない。最初からあった場所へ。」

で、皇后ですが、ユルママが新聞社の人たちや、ヒョリンと会っていることも調べだします。
次にシンがヒョリンと会うことがあれば、致命的なことになりかねないので、アジョッシに注意を促してました。

チェギョンは、きれいで男に人気がありそうということで、チェ尚宮に相談してみることに。
「私の話ではないんですけど、私の友達の話なんですけど、ヒソンが最近大変で、好きな男の子がいるのに、その男の子が自分を好きかどうかわからないらしいんです。とにかく、その男の子が昔すごく好きだった女の子がいたのに、その女の子は男の子のことをわかってなかったみたいなんです。だからすごく辛そうなんです。私は男の気持ちがわからないし、だったらヒソンは男の子を諦め・・・いや、その女の子に譲るべきなんですか?」
チェ尚宮「そのお友達は、その男の子を心から好きでいらっしゃるんですか?」
チェギョン「そうですよ!もちろんです!!・・・」
チェ尚宮「ご自分の気持ちを信じてください!それが本当の気持ちであるならば、必ず伝わります。」
チェギョン「私の話ではないんですけ・・・」
チェ尚宮「もしかしたら、お気持ちはすでに伝わっているかもしれません。」
それでもチェギョンは自分の話じゃないと言い張ってました(笑)
かわいいわぁ。。かなり古典的だけどね(爆)

病院にやってきたシン。
(こんなとこ見られたら大変ですよね・・・)
シン「俺がそんなに憎いのか?こんなことしてしまうほど?」
ヒョリン「あなた、ロミオの初恋って誰か知ってる?ロミオの初恋はジュリエットではなくて、ロザーラなの。ロミオはロザーラに片思いして死にそうなほど辛かったのに、パーティーでジュリエットに会って一目で恋に落ちたの。そしてロザーラをすぐに忘れちゃったの。みんな、ロミオとジュリエットは知ってるのに、ロザーラは誰だか知らない。ふたりの間では、ロザーラはエキストラなの。ただの過去の初恋で、忘れてしまうような、昔の恋なの。“ロミオ・・・あなたの愛はどうしてそんなに軽いの?どうしてそんなに簡単に変わるの?”」
シンは「ごめん」としか言えずに病室をでてしまいました。
帰ってきてもぼ~っと考えごとしているシンを心配そうなチェギョン。
なのでかはわからないけど、ヒョリンのお見舞いに来てしまいました。
と言っても、ヒョリンはチェギョンの顔は見たくないと言われ、追い返されます。
でも、この気持ちは理解できるわ。。。

皇后にも、ヒョリンが病院にいることが知らされます。

ユルママはユルをヒョリンのお見舞いに誘いますが、ユルはヒョリンのこともママが利用しようとしてるのは知ってるので、さすがのユルでさえかわいそうになって、「僕はお見舞いに行く気分じゃないんだ。」という。
ってことで、ユルママは一人で行くことに。
ユルママ「最近、皇室で噂されてることが何か知ってる?シンはもしかしたら王位にもつけないかもしれない。シンのことを考えると気の毒で・・・あの子が廃位になったらだれも一緒にいてあげるものはいないかもしれない。ひとりになってしまうかもしれないと考えると、不憫だわ。」
ヒョリン「チェギョンがいるじゃないですか。」
ユルママ「政略結婚だというじゃない。チェギョンの実家を(経済的に)助けるという条件で結婚したのに、歓迎されるかしら?それも廃位された後に?私には、そんな仲には見えないけど。今は宮が不安定な状態にあるからあんな風に助け合ってるだけ。シンは責任感が強いこでしょ?どちらにしろ、皇太子妃ともその責任感で結婚生活を続けているのかもしれない。」
ちょっと省略して・・・
ユルママ「そう(廃位になって、チェギョンと別れる)なれば、あなたの元に戻ってくるわ。」
ヒョリン「でも、どうなればシンが辛いと思います。私も辛いし・・・」
ユルママ「天国へ行くための一番効果的な方法はなにかわかる?それは地獄への行き方を知っていること。これは、あなたたちが天国へ行くためにも、必ず通らなければならない地獄なの。だから耐えなさい。耐えさえすれば、あなたが欲しいものは必ず手に入る。」
やだやだ。。。


一方、チェギョンがシンの部屋に行って「あんた、昨日ヒョリンのところに行ってきたでしょ?あんたが行ってきた事知ってた。今日、私も行ってきたんだ。」
すると、シンは怒っちゃって「お前がなんであそこに行くんだよ!?」
チェギョン「あんたのせいで、ヒョリンがあんなことになったのに、当然いかなきゃいけないでしょ!?」
シン「俺のことは俺がちゃんとする。」
チェギョン「どうしてそんなに怒るの?」
シン「お前がそんなことまで気にするのは嫌なんだ!」


翌日かしら??またしてもシンについて、ヒョリンのことが新聞に出てしまいます。
新聞の見出しは「皇太子に捨てられた恋人」。
おばあちゃん、倒れちゃったよ。もちろん、ユルママの仕業。
シンは皇帝にかなり怒鳴られます。
信じてたのに、裏切られた、なにか言い訳でもしてみろという皇帝。
ヘミョンも「シンも突然のことで、驚いてるから、落ち着いて」って言うのだけど、無理でした。。。
シンも疲れちゃってるんだろうねぇ、、、
「申し上げる言葉はございません。」
皇帝「すべて事実なんだな。今まで、お前は私たちを騙してきたのか。」
ヘミョンは「私には、今回のことはシンの失態ではなく誰かが意図的に企てたことだと・・・」こんなにいいこと言ってるのに
皇帝は聞く耳持たずで、「もういい。それでもお前は皇帝になる資格があると思ってるのか!?出て行け!」と。
皇帝も考えてよ~~~(怒)!むかつくわ。

外でチェギョンが心配そうに待っていると、ユルもやってくる。
そこにちょうど、シンが出てくるんだけどチェギョンが「シングン、大丈夫?陛下は何ておっしゃったの?」と聞くけど
手を払われて、チェギョンに取り合わない。
シンは宮から出ていこうとしてて、チェギョンは追いかけて、ユルもそんなチェギョンを追いかける。
ユルは「シンを放っておいてやろう。今は一人でいるときなんだ。この問題は、シンとヒョリンが解決しなきゃいけないことなんだ。」
チェギョン「シングンがあんなに傷ついてる顔初めてみた。今、一人にしといたら私がすごく辛いわ。」
ユル「行けばシンから傷つけられる。シンはこんな状況で誰かに気を使えるやつじゃない。」
チェギョン「傷つけられてもかまわない。シングンはいつでもひとりで辛かったの。だからなおさら一人にしておくのは嫌。」
そして追いかけていくチェギョンを見ながらユルは悲しそうに
「僕が見えないの?君のせいで辛い思いしてる僕が見えないのか?」

車に乗り込もうとするシンにチェギョンは「戻ろう!こんな風に逃げるなんて子供がすることよ!シングンは皇太子なのよ!!」
そういってもシンは「いいんだ、もう終わったんだ。」って行っちゃいます。

チェギョンは女官さんたちが心配してくれるんだけど
シンのことしか考えられず「シングンには大丈夫よね?何も起こらない・・・」っと言い聞かせるようにつぶやいてます。

ヒョリンの携帯がなります。
敬語だから、宮の中の誰かですよね?皇后かな・・・?

皇后はユルママに「どこにいますか?」と。
ユルママは「何のことでしょう?」
皇后「あのこのことです。」
ユルママ「実は私もあのこがどうしてるか気になっていたのです。私としては、いい子だと思うのですが、皇太子がどうしてあの子を捨てて、妃宮と結婚したのかわかりません。もしかして、皇太子は後悔してるのでは?」
皇后「私も一度、あの子に会ってみようと思いまして、、、会えばわかるでしょう。」

ユルママは、ヒョリンと連絡が取れないのでかなり焦っている様子ですね、、、怖ッ!

チェギョンはユルに慰めてもらってます。(いや、慰めにはなってないと思うけど
チェギョン「ユルグンにだけは頼りにしないようにしようと思ってたのに。何度も頼っちゃうね。」
ユル「いつでも僕が必要になったときは僕に頼ってほしい。」
チェギョン「私、むかつく。病院に行くまでは、申し訳なかったのに、今は理解できない。そんなこと(ヒョリンが薬を飲んだこと)しちゃダメじゃない。そんなに好きなら、好きな人を苦しめちゃいけないでしょ。」
ユル「手に入れたいのに、手に入れられないからそんな風になるのかもな。」
チェギョン「こんなにシンを苦しめたら、手に入るの?」
ユル「君もシンの心を手に入れたいだろ?」
チェギョン「それはそうだけど、私のものにはならないものを無理やり私のものにしようとはしない、それは欲でしょ?」(泣いて言います。)
ユル「そんなに心配?」
チェギョン「ただ横にいて、腹を立てて怒っててもいいから、それでも横にいるほうがまだマシみたい。いないから、不安で心配になる。。」

車に乗って、シンは街を走って、どこかに向かってる?

どうか、ヒョリンの元にだけは行かないでくれ!。。。ρ(-ω- )

( ̄□ ̄;)!

うっそぉ~~ん!
向かったのはヒョリンのホテルですか!?
そして。、終わりですか!?

ありえない・・・

気になる・・・・木(←えっ?)になる・・・・・

ということで、続き見に行きます。
今回は、シンの直さなきゃいけないところが浮き彫りに。
チェギョンにも弱いところを見せられるようになって、皇帝とももっと話して通じ合わなきゃいけませんよ!
せっかくの家族なんだし。
ユルママは嫌い!
ユルは、この機会をいいことに、チェギョンとシンを別れさせようとしてるしぃ。。もう嫌だ~。
でも、ユル(ふに)って声がやさしいから憎めないんですよね・・・
ふぅ~。
ではまた~


スポンサーサイト

COMMENT

16話・・・
「宮」は1話見終わるごとにどっと疲れますね~。
今回の16話も前半2人のラブラブがとても良かったのに、後半は胸が締め付けられる思いでした。

>シン「わかった、飯食って、ほら見てみろ~景色、きれいだろ~?」
「ほら見てみろ~景色、きれいだろ~?」」の時のシンの引きつった顔が好きだわ~、なぜだか・・・
>チェギョン「私、ご飯しか見えない。。ご飯食べよう!パッパッティダ~ラ~パッパッ♬(ご飯~ご飯~♬)」
チェギョンの歌を聴いて「日曜日は楽しい」でハハがこの曲で踊っている姿を思い出したのは私だけでしょうか?

後半はチェギョンがかわいそうで、見たんだか見ていないんだか状態でりんださんのレビューで内容よくわかりました。
ありがとうございます。


2006/03/16(木) 16:58:53 | URL | KEIKO #hSCFVYi. [Edit
 二人で日の出にいった時の会話や、ヒョリンの病室での会話、ユルとチェギョンとの会話、どれも、本当に知りたかったです。
 また、16話、見直してこなくっちゃ♪
でも、本当に後半は辛いんだよね。(ToT)
 本当に、16話から17話までの6日間が長くて長くて・・・
辛いまま、次の放送を待つのは本当に、身体に良くないわ。(^.^;
2006/03/16(木) 17:53:11 | URL | ♪ゆみぽん♪(^-^)ノ #- [Edit
りんださんいつもありがとうございますv-410
毎回楽しみにしています。今日も、PCの前で始まるの待って20話見ました。
何言ってるのかはわらないですが、どうも二人の仲がうまくいってないと新聞に書かれたようで、チョギョン皇后様にひどく叱られてました。どうなるのでしょうか?
ますますみのがせません
2006/03/16(木) 23:24:46 | URL | ゆうぴょん~☆ #- [Edit
KEIKOさん
本当にどかっと疲れます(笑)
それも、悪い終わり方で、予告を見てもあんまりいいことがなさそうなときは、なおさらですよねv-406
今回はそうだったので、かなりレビュー書くのにエネルギーが必要でした・・・適当に解釈しちゃったとこもあったんですよねe-263

チェギョンが歌った歌って、日曜日は楽しいでハハが歌ってるんですかぁ!?知りませんでしたよ~!でもこういうこと発見すると、嬉しいですよね~~♬
2006/03/17(金) 17:40:10 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
♪ゆみぽん♪さん
今回は辛かったので、ちょっと適当な解釈をしてしまったところもあります。。。スミマセンv-356

このドラマは何度見ても、キャッキャッ言ってしまいます!
私も理解のために何度か見るんですけど、それでも飽きないんですよねv-10
今回は、最初の方ばっかり何度も見てしまいましたv-392
最後の方は辛すぎるので・・・
放送を見てる方は2話連続で見れますが、その後の6日間が長いんですよね~v-356
昨日は20話の放送でしたが、これからの6日間、大丈夫ですか??e-282
辛いことなってるようで、なんだか私も心配です。。。
あ~早く見たいですよv-408
2006/03/17(金) 17:50:47 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ゆうぴょん~☆さん
きゃ~ネタバレじゃないですか(*ノωノ)ウキャ!
知りたくないけど・・・知りたい~!けど、けど、教えないでくださいねv-408
20話ではそんなことになってるんですねぇ。。。
あ~ますます、レビュー書く気力がなくなりそうですv-406
でも小さな幸せポイントがあるはずなのでそれを発見して、やる気を起こさなくては!(笑)
2006/03/17(金) 17:56:40 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
はじめまして
はじめまして!!
実は毎日 こちらにお邪魔していたのですが・・・
りんださん いつもありがとうございます。私はぜんぜんハングルが分からなくて
このドラマの為に(っていってもあと4回なのですがv-409)がんばって少しずつですが勉強はじめています。だから本当にりんださんの訳には助けられています。
毎回本当にたいへんだとは思いますががんばってください。

このドラマを見てからチュ・ジフンくんがすごく好きになってしまいました。
もう シングンにぴったりでv-363v-363
15話&16話前半は本当にラブラブで 私までにやけてv-391しまいました。
最終回に向けて2人がどうなるのか 本当に心配ですv-409
2006/03/17(金) 19:26:27 | URL | まりお #- [Edit
りんださんネタバレしてすみませんv-390
レビュ-楽しみに待っているので宜しくお願いしますv-410
映像でだいたいの検討を付けるのですが全然ハングル分からないのでレビュ-読んで、映像を思い出していま~す。ではでは、次楽しみに待ってますv-221 
2006/03/17(金) 23:01:47 | URL | ゆうぴょん~☆ #- [Edit
まりおさん
こんばんは!はじめまして☆
いつも来てもらってるなんて、ありがとうございますr(≧ω≦*)
そしてコメント、ありがとうございますv-344
ハングル勉強してらっしゃるんですね!ドラマを見ながら勉強すると、楽しくできるので、いいですよね~♬私もドラマを見つつ、勉強しています。
最終回までがんまります!いつでも遊びにきてくださぁ~いv-392

チュジフンくん、りんだももうファンになってしまいましたよ~(*>ω<*)
あの、ぶっきらぼうな感じにキュン♡
時々(最近ではしょっちゅう)見せるお茶目な感じにもキュン♡
目が離せません!
最終回まで本当にどうなるのか、不安で不安で・・・
いっしょにシンチェを見守っていきましょ~o((≧_≦)o

2006/03/18(土) 00:19:43 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ゆうぴょん~☆さん
いえいえ、いいですよ~♡
これからもゆっくりですが書いていくつもりなので、楽しみにしてもらってうれしいです♬
またよろしくお願いしますねv-398
17話見たんですけど、レビューは明日か、あさってか・・・e-263
がんばりますねぇ~~!!!♬(≧ω≦。)♬

2006/03/18(土) 00:26:17 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
こんにちは はじめまして!毎回この長いレビューに感謝と感動をしてます。私はハングルを習い始めて約2年が経ちますが、子育てと家事で思うように成果が出ず足踏み状態です。20話まで何回も観ましたが、細かいところは???ばっかり!りんださ~んこれからも宜しくお願いします!
2006/03/19(日) 10:23:19 | URL | カルママ #- [Edit
カルママさん
はじめまして~!コメントありがとうございます♡
感謝、感動だなんて(〃▽〃)
語学はゆっくり勉強するのが1番ですよ☆あまり急ぎすぎると、きつくなって途中で辞めたくなるということに。。。私は一時期そうなってしまいましたv-390
それは私の努力が足りないせいかゞ(_△_ )ぶっ!!!

私も時々はわからなくて適当になっちゃうこともありますが、これからも書くつもりなので、よろしくお願いしますね~e-343
2006/03/19(日) 10:58:06 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
15話・16話
りんださん、こんばんわ。15話はリアルタイムで観たのですが、16話がなかなか観れず、ようやくおととい観ました。この2話(16話は最初の方だけだけど。)ってシンチェファンにはたまらないですよね。この先待ち受ける試練を思うとどよ~んとしちゃうけど。韓国での放送をリアルタイムで観ていた時からもう何度もくりかえし観てるのに、相変わらず朝日を見に行って隣で眠るチェギョンちゃんを抱き寄せるシン君にドキドキv-344しちゃいます。なのにメイキングを観るとあの時、ウネちゃんてば髪の毛を洗ってなくてジフニに謝ってたんだよなぁ。なんてことも思い出しつつ。ふたりってこのロケでかなり仲良しになったんですよね。ここあたり以降の公式ページの映像スケッチを観ると確かに前よりいっぱいしゃべってるし、いい感じなんです。
りんださんが(ここ、かなり想像です・・・間違った訳してると思うので、どなたかわかるかた、教えてください~~!!!) って書かれている演奏会でのポッポ写真があちこちに出回ってることを報告に来たチェギョンちゃんにシン君が話す台詞ですが、字幕によりますと「多くの税金を用いて王族を維持させるのはいわゆるモデルが必要なんだ。俺達は彼らが真似たがる偶像だ。俺達は言論を通じて少し尽くせば簡単に彼らの不安感を取り除くことができる。簡単だろ?」らしいです。
そして、ここいら辺りから益々皇帝に腹が立って、皇后様が気の毒なんですよね。あんな素敵な奥様にずっと尽くされてるのにまだヘジョン宮に未練たっぷりぽいし、自分の息子のことも信じられない。早く眼を覚ませって言ってやりたいわi-191言葉が足りないシン君にも問題はあるんですけどね。ヘミョン姫が聡明でなによりです。
まだ17話・18話は観れてないのですが、観たらまたご報告にきますね。

それからもひとつご報告。ずっと溜めていた「朱豪」ですが、昨日時間があったので一気に1話から6話まで観ちゃいました。りんださんもご覧になってましたよね?あれって1話が長いので6話で延べ7時間くらい観てたのかな。字幕が付いてても???いっぱいな感じなので(名前が全部漢字でこれがまた覚えにくい。)字幕無しだったらまったくわからないだろうなぁと確信しちゃいました。で、所感ですけど、私的には面白かった。観続けられそうです。ホ・ジュノし扮するヘモス、人気があるのがわかります。なんかカリスマがある(ってこの表現っておかしくないです?)んですよ。朱豪はねぇ、今のところ大丈夫か?って感じ。で、ハン・ヘジンちゃん扮するソソノの方が朱豪よりお姉さんってことにびっくり。ソン・イルグクしっておいくつか知りませんが、どう観てもソソノの方が年上には見えません。まぁ、2〇才で高校生役なんてざらな韓ドラですからありっちゃありなのかもしれないけど。とりあえず、これからは余り溜めずに観たいと思います。

2006/08/29(火) 01:43:36 | URL | kotoko #- [Edit
kotokoさん
またまたお返事遅くなってしまって・・・もうバテバテ気味のりんだです。。
就職もなかなか決まらず(これはやる気がないからだと分かってるんですが;;;)、家族からの無言のプレッシャーに押しつぶされそうになりながらがんばって生きてます(笑)

この15話、16話。たまらんですね~~(おっさん口調・・・www)
シンチェのラブラブ感にはドキドキさせられます♡
思い出しただけで、就活の疲れが吹っ飛びました~~☆☆
ただやっぱりシンが気づいてないってことにイライライライラ。
でもそれでも仲良しのふたりにはハッピーで心躍って、もうダンスダンスです!!♬・・・何を言ってるんだか・・・最近疲れで壊れかけてるので、ハッピーなことが起こるとと壊れちゃうんですよね(笑)
皇帝は、ドラマ最終回に行くまでイライラさせられっぱなしでした。イジワルだなって思っていた皇后が途中から素敵な人だと思い始めて、なおさら皇帝が嫌に鳴ってきましたよ。
実際の皇帝役の方が素敵なので、今では少しごまかされてますが、ドラマ見るとそういうわけにもいきませんよね。皇帝の気持ちを知っていながら、ユルママを忘れられないなんて、ひどいですもん。。。泣
また続き見られたら、ご報告お願いします~~♬♬お返事遅くても懲りずに・・・v-408

じゅもんですが、私は1~4話まで見ました!4話たまったら見るようにしようと思ってて、もう8話まで放送されて見ようと思ってるんですが、ちょっと時間がなくて見てません;;でもそろそろ見ないと、追いつけなくなっちゃうな~なんて心配してます。
あと名前、私も漢字が多くて覚えられません。。それよりカタカナで書いてくれたほうが韓国語が頭に浮かんでくるので覚えやすいような気が・・・それに、私、漢字言葉を暗記するのが苦手で、それを理由に受験のとき日本史を選択せずに世界史を選んだ人なんですよ。それくらい苦手なので、カタカナにしてくれないかな~と願ってます・・・まぁ、もうカタカナにはしてくれないでしょうけどねv-406
母と一緒に見てるんですが、母いわくじゅもんのキャラにかなりイライラしてるみたいです。ソンイルグクしのドラマを初めて見たわけでもないのに「この人誰?」とか、「全然顔もパッとしない」、「情けない表情だ」とか辛口評価してます;;
そのたびに私が「見たことあるでしょ!?」やら、「この人が主役なんだから、すっと見てればしっかりした人になるよ!」などなど、なぜかフォローしてます(笑)

ところで、ソソノの方が年上なんですか!?え~~~。。ホント、見えません。。。設定もありえません。。ソンイルグクしって35歳ですよぉe-263ちなみにハンジヘちゃんの年齢は25歳です。。う~ん、韓ドラってすごすぎます(笑)
2006/09/04(月) 13:34:08 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

りんだ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



Recent Comments



Recent Archives



Categories



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Links

このブログをリンクに追加する



Copyright © **りんだの気まぐれ日記** All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。