08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「궁(宮)」23話

2006.04.21 *Fri*
ついにぃ~23話~衝撃の○○シーン!♪(*/0\*)キャハァ~♪

もう、鼻血ぶぅ~です。

あんなに、、、、、

りんだの口からは言ッ えッ なッ いッ わぁ~~~.+:。(〃ω〃)゚.+:。 キャァ♪
(あとで、実況中継するくせに(" ̄д ̄)けっ!)

それにしても大満足!
(あ、ひとつ不満が・・・チェギョンのあの衣装は何なの!?スタイリストさん、あれしかなかったの??( ̄∀ ̄ ) ?)

まだユルママの問題もシンチェカップルの間にも問題は残されてるんだけど
今で感無量気味
ふたりが解り合えた今回で、ドラマ終わっちゃう?くらいなかんじです(笑)

でもでも、まだまだふたりのラブラブが見れるので、24話まで見ますよ♡

ということで、お待たせしましたが、23話です!


今回はいきなりシンのシーンから始まって最終回間近って感じましたね☆

火事の現場にいたシンは、無事だったんでけど警察から犯人ではないかと疑われます。
チェギョンの携帯からのシンへの送信メールは消去されてたし、シンの携帯も火事の現場に落としてしまってないからですね。

シンが容疑者だと疑われてると知ったチェギョンは、皇帝と話し合っているというシンの元に向かいます。

シンと皇帝、皇后の3人は事件について話し合い中。

皇帝「この状況を太子はどう考えてるんだ?」
シン「逃げる場所はないので、結局私が犯人ということじゃないですか。」
皇帝「それが一国の皇太子が言うことか!?一体太子の本心はなんなんだ!?」
皇后「何か答えなさい。こうやって反抗していても解決することでしゃないんですよ。」
シン「私は、何もしていません。」
皇帝「なぜ、太子はいつも悪いことが起きるたびにその中心にいるのでしょうか・・・」

って、それ、あんたのせいですから!
あんたたちの代で作った悪縁のせいですからぁ~~(#`皿´)<怒怒怒怒怒怒!!!

その会話を聞いて、落ちこむチェギョン。
シンが心配だもんね。。。
シンの、歩く後姿にも、部屋で何かを考えてる姿に、チェギョンは泣きながら
「シングンが辛そう。。シングンが泣いてる。。あんな風に一人で泣くことしか知らない子を、肩を抱いてくれる人もいない孤独な子を、私が泥沼に陥れてしまいました。すごく申し訳なくて、慰められません。。」
って言ってます。

一方、ユルママ。
ユルママがやったことだとはわかっていたけど、自分が疑われないように、ケガまでしたとは・・・
男「もう少し遅かったら危ないところでした。」
ユルママ「大丈夫よ。このくらいすれば、死んで生き返ったみたいじゃない。どっちにしろ命がかかってたことだから、こんなのなんでもないわ。あぁ、後始末はぬかりないわね?」
男「太子と妃宮の通信記録は関係者を通して削除させました。また、今回のことに関わった人間の口止めもしておきました。」
ユルママ「勘定計座移替(何??)はどうなった?」
男「一旦スイス口座で、5カ国を通して到着する予定です。入金者を捜しだすのは難しいはずです。」
ユルママ「やっぱり国家的な訓練を受けてるからなのかしら、手際がいいわね。ユルには最後までわからないようにね。」

ユルは頭のいい子だから(byユルママ(*≧m≦*)ププッ)分かると思うよ。

一方、シンとチェギョン。
チェギョンは、TVのニュースで宮の火事のこと、その有力な容疑者がシンであることを見ますが、見たくなかったのか消します。
そして、部屋からシンが出てきました。
チェギョン「シングン、大丈夫?」
シン「どうしようか?見ての通り宮が非常事態だからお前が頼んだ廃妃、また出来なくなったな。」
チェギョン「心配してたわ。」
シン「俺が放火したって疑われてるからか?そんな同情なら遠慮するよ。」
チェギョン「同情してるんじゃない。それに、シングンは放火犯じゃないじゃない。」
シン「どうして分かるんだ!?」
チェギョン「火事があった夜、私をみて言ったじゃない、“どこにいたんだ?無事なのか?”って。そういうシングンの目は嘘ついてる目じゃなかった。そのくらいなら私だってわかるもん。誰がどうして私のフリしてメール送ったの?」
シン「とりあえず、今回のことが解決したら解放してやるよ。よく考えてみてもやっぱり宮は気が生きていける場所じゃないみたいだ。」
そう言って部屋に戻ってしまうシン。
最後のセリフは、チェギョンを怒りからきた言葉じゃなくて、チェギョンをこんな宮にはいさせたくないって気持ちから言ったんだろうな。
最初のころにシンが言ってた、本当に好きな子をこんな息苦しい宮にはいさせたくないからっていう言葉を思い出しちゃいました。

部屋に戻ったシンはアジョッシを呼んで
「確認してみましたか?」
アジョッシ「火災が起きた時間の宮内の監視カメラはすべて作動しておりませんでした。捜査をしておりますので、希望をお持ちください。」
シン「私には証拠がありません。罠にはまって動けないということですね。放火犯として確定されれば、廃位でしょうね?風船のように飛びたかったのに、皇太子になってすべてを諦めました。でも、妃宮と出会ってまた夢を見るようになりました。もしかしたらこの子と一緒なら私も飛ぶことができるんじゃないかって・・皇太子という服を、いつも脱ぎたかったけど、こんなやり方ではありません。」
アジョッシ「必ず真実が明らかになります。」

あ~~りんだ、ここで涙。このシンの言葉をみぃ~~んなに聞かせてやりたい。
チェギョンはもちろんのこと、皇帝、皇后、ユル、チェギョンの家族にも。

はたまたユルママ。ユルが来てます。
ユル「大丈夫?火事だって思ったらすぐ逃げなきゃ。」
ママ「心配いらないわ。母さんは死なないから。」
ユル「どれだけ驚いたか。一体誰が火をつけたんだ?」
ママ「嫉妬に狂った太子があなたを殺そうとしたのよ。」
ユル「シンはそんな感情的なやつじゃない。」
ママ「そうかしら?嫉妬心にとらわれたものには考えがすぐに毒薬になるものよ。」
ユル「どういう意味?月が形を変えても、疑心が疑心を呼び起こすことになるの。そうして結局人の心を飲み込んでしまうって。どんなに冷静な太子でも嫉妬にかられれば、どうしようもないわ。今回の放火は殺人未遂よ。放火犯として確定すれば廃位は決められていること。私の王子様(ユル。。。げろ~Σ( ̄◇ ̄|||)は皇帝になる準備だけしてればいいのよ。」
ユルは疑いの目。。ママもユルのことまだまだ分かってないな~。
そんなこと言ったらすぅ~~っぐわかっちゃうよ。
ほぅ~っら。
あの人よんで確認しちゃってるぢゃん。

チェギョンが、あのシン人形を抱いて考え込んでいるとおばあさんがやってきます。
ここ感動的でした(泣)
おばあさん「妃宮、まだ宮を出たいと考えてますか?」
チェギョン「愛する人を放っておいて、自分のことだけ考えてました。宮を出れば幸せになれると思ってたのに、今はわかりません。私が何をしようとしていたのか、そうやって幸せになろうとしていたのか、混乱しています。離婚だ、廃妃だとそんなこと言うつもりじゃなかったのに、、私が間違っていました。」
おばあさん「妃宮はまだ19歳です。19歳という年は失敗をする年じゃないですか。たくさん失敗して、失敗をしなければいけない年なのです。その年で経験しなければいけないことを忠実に経験していけば、私のように、年をとっていくことができます。大事なのは、間違いをしてしまったことではなく、間違ったことを認めてそれを正そうとする勇気です。」

あぁ、さすがこれだけ生きてきたことだけあります!おばあさん!!

皇帝、皇后、ヘミョン。
ヘミョン「宗親たちが揺るの出宮に反対し、妃宮の廃妃を主張しています。」
皇帝「確かに、スキャンダルに、離婚の話まで出てしまえば、廃妃の話が出るのも無理ない。」
ヘミョン「今、ユルが出宮すれば、もっと大変なことになります。私は、ユルの出宮を少し延期したほうがいいと思います。」
皇后「私も同じ考えです。これ以上皇室に悪い影響が出ないようにしなければなりません。」
皇帝「そうしましょう。ウィソンデグンの問題も、妃宮の問題もしばらく先延ばしにするしかありません。」

ユルですが、イギリスにいる友達かな?に電話をかけて、スイス銀行のママの口座のお金の出し入れについて確認してもってました。

チェギョンは、シンの部屋から出てきたアジョッシにシンの状態を聞きますが、シンはストレスで軽く吐き気を訴えいるらしい。
心配してチェギョンはシンのところにやってきます。
チェギョン「すごく辛い?嘔吐って体によくないのに。」
シン「お前には関係ない。」
チェギョンはシンに抱きついて、
dakituki.jpg
「ごめん、ごめんね。離婚するなんて言わない、宮から出てくなんて言わない。宮で暮らして来れたのはシングンのおかげよ。だからそばにいたい。」
シン「このままいけば、皇太子の地位から退くことになるかもしれない。そうすれば・・・」
チェギョン「私が愛してるのは、皇太子じゃなくて、あなたなの。」
シン「なに?今、なんて言った?」
bikkuri.jpg
チェギョン「愛してるって。こんなに胸が痛いのは、きっとあなたを愛してるからよ。」
シン「俺のそばにいたら、お前の羽を動かせなくしてしまうかもしれない。」
チェギョン「関係ない!ただそばにいてくれって、ひとこと言ってよ。」
なにも言わないシンに、落胆してそのままシンを離れようとするチェギョン。
ochikomi.jpg

「そばにいてくれ。行くな・・・、俺をひとりにしないでくれ。」
nahonnjyadujima.jpg
やぁ~~~っとシンが言えた!よく出来ました!

そして、、、濃厚な(〃▽〃)

キィ~~~~~ッス(*ノω・)ゝチラ見。
kiss.jpg

これ、キャプってるときも、恥ずかしかったわぁ・・・♪(*/0\*)イヤァーン♪

シンとチェギョンはソファに重なって♡寝転んでるぅ~~。
アルフレッドもまともに見れないみたい(笑)
シン「俺、容疑者なのに、こうやってると何もなかったみたいだ。」
チェギョン「シングンは何もしてないんだから、待ってれば絶対はっきりするはずよ。」
シン「もし皇太子を退くことになったら、その時はお前が俺を養わなきゃいけないかもな。」
チェギョン「じゃあ、シングンが家事やって。私がお金稼ぐから!」
シン「男が家事なんて。。」
チェギョン「知らないでしょ~。適性ってものがあるんだから~。」

想像するチェギョン。
シンが家事、チェギョンは外で働く。
子供もふたり。
その子供、アルフレッドと遊んでるわ~♡

でもチェギョン「ありえない!」
シン「お前、人がシャワーするとこまで覗き見しただろ!」
チェギョン「見てないもん!それに見ても変なこと考えないし。」
シン「そうか、、本当に俺に対して変な考え持ってないんだな?」
そういいながら、シンはチェギョンの顔に自分の顔を近づけてく♡
チェギョンはチューされるんだろうと思って、準備態勢(笑)に入るんだけど、
シンはスン止め(笑)
シン「こぎれいにしてて、こんなものつけてきたのか?」と髪についたごみを取るふり。
シン「これでも違うのか?もちをあげる人も思い浮かばないのに、ひとりで、太鼓を叩いて。そうだろ?」
(これはたぶん、チョコをあげるひともいないのに、バレンタインデーにチョコ作ってるみたいな、そういう表現なのかな??)
チェギョン「違うってば。疲れたから目が自然に閉じちゃったんだもん。私帰る。お休み!」
シン「帰るってどこに~。仲直りのセレモニーしなきゃだろ。」
チェギョン「ひさしぶりに仲直りしたんだからそうね、しなきゃね♡
大韓民国代表する皇太子と皇太子妃として傷をおったことに対して!てーはんみんぐっ!」
シングン呆れる(笑)
チェギョン「シングンはこの前のワールドカップでもこんなことしなかったでしょ?これ、韓国を代表する共通のセレモニーなんだよ。今回のワールドカップ進出に向けてがんばるぞ!」

ひとり残されたシンは、ひとりで「てーはんみんぐっ!してみたよ。このやろう。」
と残念(笑)シンのいうセレモニーは違うものだったみたいです((爆´∀`))ヶラx2


おばあさんの部屋には、皇帝皇后、ユルママが集まっています。
おばあさん「へジョン殿は体調はどうですか?」
ユルママ「ひどい火傷ではないので、心配なさらないでください。」
皇帝「よかったです。」
皇后「誰が火をつけたのか、心当たりはありませんか?」
ユルママ「わかりません。太子が容疑者だと聞いてどれほど驚いたことか。。一日も早く犯人を捕まえることです。そうすれば、太子の汚名も晴れますし、私たち母子の命を狙った者たちを見つかるはずですから。」
おばあさん「そうです、一日も早く宮の秩序を乱す者を見つけなければ。(おばあさん!目の前にいますよ!!!((ヾ(≧皿≦;)ノ_))捕まえてけろ!!byりんだ)そうすれば皇室に平和が訪れるはずです。」

一方、ユル。
ユルは皇太子殿にチェギョンに会いに来たんでしょう。
でも、チェギョンはシンと一緒に楽しそうにしてる。
ここで、ふたりがわかりあえたってことに気づいたんだろうな。
なんかユルもかわいそうだねぇ。
だれか、ユルのこと好きになやつはおらんのか!?
シンスン??・・・ダメだ・・・( ̄~ ̄;)

皇后とユルママはいつものごとく廊下で火花散らしてます。
これ、皇帝とかおばあさんとか聞いちゃったらどうするんだろ??
皇后「もう事実をおっしゃってください。」
ユルママ「皇后が今何のことをおっしゃっているのかわかりません。」
皇后「太子を放火犯にしたてあげ、廃位させようとしてること、私がわからないとでも!?」
ユルママ「私を陥れようとなさってるのですか?死にかけた人に対してこのようにひどいことをおっしゃるなんて!いくら息子だといっても、心の中まではわかりませんでしょ?」
皇后「まだ諦めてなられてないんですか?」
ユルママ「持っているものを自ら手放すとき、それを私たちは諦めると言うのです。しかし、私たち母子はなにも持っていないので、諦めるという言葉は適当ではないと思いますが?」

おぉ、今回もりんだにはばっちばちいってる火花がみえました(笑)


ユルはおばあさんに会いに来ました。
おばあさん「ひとりの人のことで胸がいっぱい、、その気持ちがどれほど辛いものか私にもわかります。」
ユル「おばあ様、心を失くしてしまいました。だから心を空にすることもできず、空にもなりません。」
おばあさん「今は苦しくて、言葉にならないほど心を痛めていることでしょう。時が来れば、風のように消えてなくなるはずです。」
ユル「本当にそうなるでしょうか?」
おばあさん「はい。19歳という年齢には、それは死ぬほど辛いことです。しかし、テグンには29歳の人生があり、39歳の人生も残っているではないですか。(ユルを抱きしめて)ユル・・・こんな詩があるわ。私はあなたが、涙を流すのを見ました。人生というものが辛ければ、泣くことも悪いことではなく、許しなのでしょう。」
ここで、おばあさんがテグンではなく、“ユル”って呼んだのが印象的だったな。。

ユルは自分の部屋の鏡の前で「持つことが出来ない希望・・君を思うだけでいつも息がつまりそうになって。。僕はバカみたいに泣いてばっかりいたんだ。。」
あぁ、可哀想。。
恋を忘れるには新しい恋!だれかぁ~~~ε=ε=ε=(`・д・)/ !!


電話中のユルママ。
ユルママ「太子の廃位問題と一緒に妃宮の廃妃問題も積極的に進めてください。どうせやるのなら夫婦同時に問題を起こした方が致命的でしょう。」
そこに入ってくるユル。
ママ「どこに行ってきたの?」
ユル「母さん、俺たちもうやめよう・・・」
ママ「どういうこと?」
ユル「母さんがやったってこと、わかってるんだ。」
ママ「あなた、私が火の中に自らいたと思ってるの?」
ユル「僕にまで嘘つくの?」
ママ「・・・・。」


皇室では・・・
おばあさん「いくらか前には妃宮の廃妃問題がでましたが、今では太子の廃位問題が出てるのですか。一体どうすればいいというのでしょうか。」
皇帝「皇室の存続の問題も議論されています。」
ヘミョン「お父さん、立憲君主国の場合はどの国でも常にある問題です。あまりお気になさらないでください。」
皇后「しかし、もう何もせずに見ているだけでいいという状況ではないようです。」
おばあさん「皇帝、どうすればよいでしょうか?」
皇帝「今、私たち皇室は風前のともしびのような状況です。太子と、妃宮、ウィソンデグンまで誰一人問題がないひとはいません。なので臨時策を準備するのはどうかと考えています。」
おばあさん「臨時策とは?」
皇帝「妃宮をしばらく外国に行かせたらどうかと・・・」
皇后「私も同じ考えです。その間、大きくなってしまった妃宮の問題を隠してきましたが、このまま行けば国民の反発がさらに大きくなると思います。無茶をしてきたことについて妃宮が自粛しているということを見せなければいけないと思います。」
シン「それはできません。」
皇帝「太子の気持ちを理解できないわけではないが、皇室の安否がかかった問題だ。誰かが犠牲にならなければいけないんだ。」
シン「いくら親の命令でも、受け入れることはできません。」
皇后「どう見ても、妃宮が課された処罰だといえ、まずは皇室を守るのが優先なのです。」
ヘミョン「シン、個人の感情よりも、皇室の方がもっと重要でしょ。」
シン「妃宮に関することは全面的に私に決定権があります。私が決めることです。」

うぅ~おばあさんも辛そうだわ。。。

次のシーン好き♡
皇太子殿に帰ってきたシン、チェギョンは新聞を見てちょっと落ち込んでます。
チェギョン「どこ行ってきたの?」
するとシンはチェギョンをいきなり抱きしめちゃいます(〃▽〃)ポッ
シン「俺のいうことちゃんと聞けよ。」
チェギョン「どうしたの?」
シン「これから何が起こっても、俺を信じて、俺の言うことだけ聞いてくれ。」
チェギョン「うん、分かった。でもどうしたの?」
シン「もうひとつ。どんなことを聞いても、俺の許しなしに辛い思いするな。約束できるな?」
チェギョン「うん、約束する。シングンの許しなしに、辛い思いしないわ。」

りんだ、興奮・・・♡
シングンの「약속해?」の切なそうな言い方にズッキュン!うっ=(♡゚Д゚♡)⇒ズキュン!!


学校では、
めがねちゃん「もう、自由に暮らすのは諦めたの?」
チェギョン「諦めたんじゃなくて、やり直すの。宮の中でも息がつまらない方法考えようと思って。逃げるよりも、正面突破!シングンと一緒に戦ってみる!」
ともだちふたりはロマンティックだって(笑)
そこにシンの友達3人も来て、シンのことも心配してくれてたらしく、
チェギョンにも、「耐えろ!もし必要になったら言えよ。俺たち3人いるからな。」と言ってくれます。
(ま、耐える理由は、皇太子妃にはヒョリンがなるはずだったんだからとか言ってましたが

シンとアジョッシが話してるところに、チェギョンが学校から帰ってきます。
チェギョン「取調べ受けたら、また帰ってくるんでしょ?」
シン「凛々しいフリしてたけど、今では完全に臆病者だな。」
チェギョン「私臆病者よ。だから言って。取調べ受けたら帰ってくるよね?」
シン「なんだよ。俺が地球を離れるみたいじゃないか。俺たちは離れないから。」

シンが皇太子殿から出ると、ユルが待ってた。
シン「すべて太后様の仕業か?完全犯罪を企てて、さぞご苦労されただろうな。最初から俺のものじゃなかったんだ、時が来れば皇太子の席、お前に譲ろうと思ってた。」
ユル「どういう意味だ?」
シン「そう思ってたけど、いざこんな卑怯なことされたら、吐きそうなくらいだったよ。」
ユル「すべてを分かったような口きくな。」
シン「皇太子を諦めたって言ったかな?もともとお前の物だったんだから持ってけ。でもな、お前はチェギョンを自分のものにする資格はない。」
ユル「資格のあるなしなら、お前にもなさそうだけど?」
シン「お前の愛がどういうものか知らないが、お前のそのくだらない愛のせいで、結局はチェギョンが追われることになった。よく見ておけ、これでお前の愛もおしまいだ。」

あ~次のシーンもものすごく好き♡
取調べを終えて、帰ってきたシンはチェギョンの部屋に来て、寝てるチェギョンのそばに座ります。
すぐにチェギョンは飛び起きて「今、取調べ終わったの?」
シン「ちょっと前に。」
チェギョン「どうなった?」
シン「決定的な証拠がないんだから、どうにもならないさ。」
チェギョン「よかった。それで、その話しようとおもって、こんな夜中に来たの?」
黙り込むシン(笑)
チェギョン「聞いてるのに。それ話そうと思って来たの?って。」
シン「보고...싶어서.(会いたくて)今会わなかったら、息が、、できそうになくて。」

りんだ;りんだが息できなくなっちゃいましたぁ・・( ̄  ̄♡)う゛げッ。。。

チェギョン「もう一回言って♡」
シン「会いたくて。こうやって会ってても、いつもお前に会いたい。」

りんだ、2度目の発作(・ω・`〃)。o〇○ホ゜ワァーン♪

チェギョンはシンを抱きしめて「そう言わなきゃ。初めからそんな風に言わなきゃ。これからはそのたびごとに、思ったこと言ってね。それだけでいいから。」
シンはキィ~~ッス体制に入りますが(笑)
チェギョン「またふざけてるんでしょ?」
シン「今回は本気だよ。」
チェギョン「ホント?♡」
なのにぃ~~、、チェギョンのしゃっくりがぁ~~~ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
シン「やぁ、雰囲気壊してるけど、、それ我慢できないのか?」
チェギョン「そんな操れるわけないじゃん。シングンのせいで驚いちゃったのよ。ちょっと驚かせてよ!そしたら止まるよ。」
シン「そんなの出来ないよ。」
チェギョン「幽霊の話とかしてみてよ。」
シン「そんなのできないって!」
シンも楽しそう♪
シン「そのしゃっくり止めろよ!もう夜が明けるぞ!」
チェギョン「そんなの知らない!助けてくれないなら出てって!」
シン「嫌だって言ったら!?」
チェギョン「そうやってて止まるの!?」
と楽しい言い合い~♡
前みたいな険悪ムードの言い合いはもういやだけど、こんな言い合いならどんどんやってください♡

皇室側は、チェギョンを呼び出して直接交渉に入ります。
チェギョン「外国ですか!?どういう意味ですか?」
皇后「今皇室がどうしようもない状態なのです。」
ヘミョン「記事見て分かると思うけど、廃妃問題もこれからもっと大きくなるわ。」
チェギョン「私が行くことが皇室の助けになるということですか?」
皇帝「現時点では他に方法がないんだ。」
おばあさん「妃宮、私たち皆、妃宮に対して申し訳なく思っています。でも、こうなっては皇室の未来の見通しがつきません。わかってください。」
チェギョン「太子の問題が解決したあとに行ってはいけませんか?どうしても今行かなければいけないんですか?」
みんなは何も言ってくれません。

ユルもその話を聞いて、怒ってます。
ユル「それ本当ですか?チェギョンは何も悪いことしてないのに、そんな子をどうして行かせるんですか?」
ユルママ「頭を使ったわね。妃宮を犠牲にして廃位問題に同情させるつもりね。このソンファヨンの手の中から逃げるのは簡単じゃないのに。」
ユル「母さん、やめて。」
ママ「ま、あなたが皇帝になれば宮では一緒には暮らせないこよ。」
ユル「やめてくれ!母さんがそんな風なら僕、何するかわかんないよ。」


一方、皇太子殿でのシンとチェギョン。
シン「俺がどうにかするからお前は黙ってここにいろ。」
チェギョン「そんなことしないで。私の選択に任せるっておっしゃったの。」
シン「これが選択だと?これは皇室の暴力だ!」
チェギョン「私は選択したわ。」
シン「なに?・・お前、まさか。。」
チェギョン「これが皇室とシングンのためなの。だから行くわ。」
シン「何言ってるんだ!?」
チェギョン「最初、宮に来るときも私が決めて来たみたいに、出るときも自分で決めるわ。誰かに無理やり追い出されるんじゃなくて、自分で決めて、責任とるの。」
シン「別れないって言っただろ?」
チェギョン「別れるんじゃないわ。少し旅行に行くの。ただ、冬休みが来たくらいに考えよう。」
シン「皇室のためにそこまでする必要ない。大事なのはお前の人生だ。」
チェギョン「家族をまもることも私の人生よ。皇室も私の家族だもの。」


チェギョンがひとり、廊下で考え込んでるとユルがやってくる。
ユル「君を外国に行かせることになったのは、僕のせいだ。僕が宮を出るって言えば、みんなも考えを変えてくれる。」
チェギョン「ユルグンのせいじゃない。みんなのためにこれが最善なの。」
ユル「君は悪くないのに。」
チェギョン「今、シングンに私の問題まで出てくれば、シングンが辛くなるだけだから。」
ユル「結局、シンのためなんだね。」
チェギョン「シングンのためだったら、何でもできるわ。でも、胸がすごく痛いの。」
ユル「君が宮に来なかったら、僕が韓国に帰ってこなければ、僕たち3人も苦しむことはなかったのかな。」
チェギョン「こんなに辛くても、私はシングンに会えたことに感謝するわ。」
ユル「僕が願っていたのは本当に小さなことだったのに、、貧しい暮らしをすることになっても、太陽みたいな君の笑顔をずっと見ていることが僕の願いだったのに。それさえも僕の欲だったみたいだね。最初から僕には何も許されていなかったから。」

ユルの母ちゃんはまた何か企ててます。
あのユモに、何かさせようとしています。
それもかなり危ないことを。
だって「命をかけてでも・・」とか言ってました。

チェギョン家族も、チェギョンが外国に行くことを知って宮の休憩室に集合。
今回は最終回直前サービス(笑)&感動してりんだもないちゃったので、会話をご紹介。

弟「ドェジ(豚;チェギョン)が外国に行くのがどうして皇室を守ることになるんだ?」
母・父「話にならない。」
チェギョン「私もう決めたの。」
父母「だめ!」
母「誰が勝手に決めたの?あんたは私の娘よ。」
父「チェギョン、外国に行ったって言って、うちに来たらどうだ?」
チェギョン「国民に嘘はつけない。皇室のために、そしてシングンのためにこれが一番いいの。だからお母さん、お父さん、許して。」
母「つまり、もう決めてるってことね。」
チェギョン「私、まだこの国の皇太子妃なの。皇太子妃として私が追わなきゃいけない責任はすべて果たしたいの。」
弟「ドェジが急に違う人になっちゃったみたいだ。」
父「俺たちのお姫様は、まだまだ子供だって思ってたけど、いつの間にか大人になってたんだな。」
母「止めても行くんでしょ?」
チェギョン「うん、だからよくやったって言って。」
父「よくやった!うちの娘は最高だ!」
母「そうね、本当によく決心したわ。」
弟(これ、あんまり書きたくないけど)「ドェジ、よくやったぞ!その代わり俺も連れてってくれよ。」


そして、チェギョンはアジョッシにお願い♡
チェギョン「アジョッシ、たった一度だけ、目をつむってください!」
アジョッシ「妃宮様、今太子は外に出てはいけません。」
チェギョン「もしかしたら、これがシングンと一緒に過ごせる最後になるかもしれません。」
アジョッシ、かなり困ってます(笑)


そして、許しをもらって初めてのふたりっきりでの外出♡
やっぱりシングンの私服、私のドストライク!
バスに乗りたがらないシンを引っ張ってバスに乗せるチェギョン。
乗り方が分からなくてチェギョンのマネするけど、シンのポケットにはカード入ってません((爆´∀`))ヶラx2
バスのイスに座ってるふたり。
シン「どうして出かけようって言ったんだ?」
チェギョン「私が生きてた世界を見せたくて。」
シン「急にどうして?」
チェギョン「もしかしたら冬休みが長くなったらどうするの?そしたらずっと見せてあげられない気がして。」

PC방でゲームするふたり。
余談ですが、そういえばこのゲーム、大学の韓国人友が家に遊びにいったときやってたぁ~☆
シン、やっぱり下手ッぴ。
チェギョン「皇太子イ・シンが一度も持つことができなかった平凡なものを一度は取り戻させてあげたかったの。」
シン「でも、皇太子だったおかげでお前を見つけられただろ。」
きゃ~♡言われたい♡♥♡.+:。(〃ω〃)゚.+:。♥♡♥

おもしろい変なウィッグをかぶってみるふたり。
シン「もし、お前が俺の前から去ってしまうとしても、今日の一日を絶対忘れないよ。」
チェギョン「私も、ずっと忘れないわ。」

人ごみの中を手をつないで歩くふたり。
チェギョン「私のこと、どれくらい好きか、聞いていい?」
シン「お前、どんな女の子がそんなこと聞くんだ?」
チェギョン「ずっと覚えておきたいから聞くの。」
シン「そんなに知りたい?」
チェギョン「うん。」
シンはチェギョンの帽子を取って、自分も帽子を取って、
キィ~~~~ッス♪(*/0\*)イヤァーン♪

公衆の面前で、皇太子夫妻がこんなことしちゃっていいの~ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
と、冷静に考えちゃったよ。
だって、まわりの人、あらまッて感じでびっくりしちゃってるもん。
でも人生一度はこんなこと経験してみたいかも。

あ、相手はいい男限定で(笑)


そして、最終回に続く・・・

今回は、ふたりのラブラブ具合にめちゃめちゃ興奮。
何度見ても、同じように過呼吸状態に陥り、危ないところでした( ̄д ̄;)ふぅ~。
やっぱりチュジフンくん、かっこいいわ。
最初はあんまり好きじゃなかったんですけど、回を追うごとに最初の不自然な歩きかたなんかもなくなっていって
いい感じに♡
同級生ってとこも何かを感じる♡←勘違い( ̄∀ ̄ )・・・?


そして、24話、予告で涙してしまいました。
実はシーズン2のニュースを読んでいたら結末が書いてあって、うっかり読んでしまいた=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!
もうショックで×2
でもでも、24話については教えないでくださいね!
その結末に至るまでを楽しみにしていますので♡グフフ♡

ということで、あと残すところこのレビューも1回
長かったようで、かなり名残惜しい。
これに変わるドラマが出てくるのだろうか???
シーズン2まで待つ??
シーズン2も同じようにレビューを長々書きたいな~
あ~楽しみ♡
今回はどうでした??
なが~いレビューを読んでお疲れになっていなければ、皆さんの感想聞かせてくださ~いネ


スポンサーサイト

COMMENT

初めまして
毎日、りんださんが23話をいつUPしてくれるか覗いていたんですよ。
やはりラブラブな二人を見ると嬉しいですね。
もう何度もこの回は観たんだけど
何を言ってるのかわからず、想像しまくりでした(笑)
大変な作業でしょうけど、24話もよろしくお願いします。
あ、シーズン2も是非!
2006/04/20(木) 21:05:07 | URL | こぶた #T6oUs7vA [Edit
 私、23話のりんださんのレビュー、本当に楽しみにしていました。
1番乗りね♪
それがまた、とてもうれしいです。
でも、こう書いている間も、誰か先に、送信ボタン押してたりして・・・(^.^;

 でも、本当にあと1話で終わりなのね。
なんだか、「宮」がとうとう、私の中で、終わってしまいそうで、寂しいです。
いくら「宮2」があるとはいえ・・・

 しばらくは、ほかのドラマ、受け付けられないかも・・・
私もそうだったから・・・
それくら、はまれたし、24話が長く感じられなかったので、やっぱり、「宮」はすごいですよね♪

 りんださんのれびゅー、本当に大好きでした。
もう、ここにはりんださんのファンがいっぱいだと思います。

 これからも、いろんな韓国ドラマについて、お話しできたらうれしいです`*:;,.★ ~☆・:.,;*
2006/04/20(木) 21:08:44 | URL | ♪ゆみぽん♪(^-^)ノ #- [Edit
 本当に先に送信ボタン押されちゃったぁ・・・残念ハハハ♪ (*’▽’)
2006/04/20(木) 21:09:35 | URL | ♪ゆみぽん♪(^-^)ノ #- [Edit
23話・・・
私もりんださんのレビューを待って毎日覗いていた一人で~す。
レビューありがとうございます。
23話は胸をキュンとさせてくれる内容盛りだくさんでしたね。
>「そばにいてくれ。行くな・・・、俺をひとりにしないでくれ。」
第1回目の胸キュン・・・
>シン「これから何が起こっても、俺を信じて、俺の言うことだけ聞いてくれ。」
>シン「もうひとつ。どんなことを聞いても、俺の許しなしに辛い思いするな。約束できるな?」
第2回目の胸キュン・・・
>シン「보고...싶어서.(会いたくて)今会わなかったら、息が、、できそうになくて。」
第3回目の胸キュン・・・言われてみたい・・・
この言い方とても可愛かったですーーー。
チュ・ジフン君、本当に回を増すごとにいい男になりました。
韓国ではもう「宮」のDVDが発売になりますね。
初回特典が欲しくて、予約手続きしてしまいました。
字幕無しなのに・・・韓国語わからないのに・・・なんと無謀なことをしてしまったんだろうと思っている今日この頃です。
でも、りんださんのレビューがあるから大丈夫なんですけどね。
24話レビュー楽しみに待ってま~す。

2006/04/20(木) 22:17:15 | URL | KEIKO #hSCFVYi. [Edit
ビックリです~
りんださん お疲れ様でしたm(__)m
夕飯を済ませてi-217に、向かったらビックリv-315今日のお昼のコメントで23話はまだ中盤と、書かれていたのでまだまだかなぁと思っていたら・・・・早速、印刷させていただきました。何回もVOD見返してしっかりと映像だけは頭にインプットされています。レビューでやっと内容が理解でき、又、v-406v-406です。

りんださんのレビューのおかげで、「宮」にドップリとはまることが出来、1月から3月までがが早かったこと(笑)

「宮」の衣装・小道具等もとても素敵で毎回楽しみでした。又、宮廷料理・お菓子等も私の目を充分に楽しませてくれました~そして、アルフレッドの仕草・衣装も!

でも、
(あ、ひとつ不満が・・・チェギョンのあの衣装は何なの!?スタイリストさん、あれしかなかったの??( ̄∀ ̄ ) ?)

私もりんださんと同じ事感じましたね~これはi-242ですよね。

 24話、ゆっくりと楽しみに待っています~  お休みなさい

 

 
2006/04/20(木) 23:17:52 | URL | miko #- [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/20(木) 23:25:13 | | # [Edit
ありがとう
数日前にココを見つけ飛び上がって喜んでしまいました。
私の韓国語の実力では理解できないところも
りんださんのレビューで解決できました。
私もここがあるから勇気百倍でDVD予約してしまいました。
チュ・ジフンさん大好きです。ウネサンもかわいいし。
シーズン2楽しみです。
2006/04/20(木) 23:29:23 | URL | ポム #- [Edit
りんだ様、はじめまして、こんばんは!【宮】はリアルタイム視聴をしていました。おっしゃるように、シンは回を増すごとに素敵になっていく過程が良くわかりました。もうすぐに好きになってしまいました。23話では本当に感動的な、そして待っていましたキスシーンに本当に本当に感動しました!またチェギョンが涙を流していたのにまたまた感動!しかし、りんだ様の訳詞のおかげで本当に助かりました。どうも有難うございました。シン「会いたくて。こうやって会ってても、いつもお前に会いたい。」 あ~言われてみたいです^^
2006/04/20(木) 23:37:44 | URL | taka #- [Edit
ありがとうございます。
韓国のお友達から、ドラマを頂いて見ていたのですが、私の乏しい聴き取りでは、理解できないところが沢山あって^^;
りんだ様のお陰で、また、1話から見ています。
シンクンが、ドンドン素敵になっていって、ふふふ。。
映像で見る、宮中は本当に美しくて、初々しい2人が余計に美しく見えますね。日本でも今協議中とか・・・
きっと、ファンが沢山増えるでしょうね^^
24話も楽しみにしています。感謝します^^
2006/04/21(金) 00:50:38 | URL | ta-shi #- [Edit
待ってました~~!
りんださんが23話をアップしてくれてるのを見つけたのが、もう日付が代わった1時前e-227
寝ようか迷った(ホントは即決)けど、そんな時間から23話見ちゃいました~^^
だって・・・23話ですもんe-273
どれだけ待ってたか。。。
は~~ぁ、やっと仲直りしてくれましたねe-266
それもいきなりメッチャ仲良くなって・・・ハハハ^^
>シンのいうセレモニーは違うものだったみたいです・・・
鈍感チェギョンv-397
この手の状況では、いつも振り回されてますね、シングンv-407
この回は、、忘れられない回になること間違いなしです。
宮のあとのドラマを探してますが、やっぱり見ようとする気力がなく、いまだに宮(シングン)の映像や写真をあさる毎日です。

フルハウスでも嵌りまくった私ですが、それ以来のドラマでした。
最後、24話のレビューも楽しみにしています。
>シーズン2も同じようにレビューを長々書きたいな~
是非是非、絶対書いてくださいe-466
あと1話か~~~!長いようで短かった~~e-491
2006/04/21(金) 02:19:21 | URL | ライチ♪ #KGcm5zAg [Edit
わぉ~!
りんださん、オハヨーッv-281
私も今か今かと一日何度ものぞきにきてたのですが...とうとうやりましたねv-425
待機中はあっちゃこっちゃv-227動画巡りしてました。
かのv-24シーンをスローにして♪~kiss me darlingって曲つけてるMV知ってますかv-236
いい歳した私でも何度見てもドキドキv-402~ッv-364
それはさておき、何度もの発作に襲われながら書かれたレビュー、お疲れさまです。(もみもみ)
楽しく拝見しました。(あっ、でもユルグンとおばあちゃんのところは読みつつ泣いてしまいましたが)
シングンは自分だけを純粋に想ってくれてるチェギョンのこと初めて心から信じられて本心を出せたと。
辛いことの連続だっただけにきっと嬉しかったでしょうね。
私も何度見てもこの23話がいちばん好きで、もう二人のv-238v-238モードにヘトヘトv-394(って疲れてどうするの)
いまいち不可解だった部分もよ~くわかりましたので(いつもありがとう!)今夜くらいまた観ようかな...v-290
2006/04/21(金) 06:03:18 | URL | ふくりん #- [Edit
すごい反響ですね。
りんださん~ご苦労様です。
回を追うごとに感想を書かれる方が増えてて改めて「宮」の人気の
すごさに驚いています。
23話、前回までの何話かがものすごく辛かった分今回はもう嬉しくて
シン・チェギョンのラブラブぶりを自分のこと?のように喜んでました。
2回のキスシーンについては皆さんが書かれている感想と一緒なので
私は
「帰るってどこに~。仲直りのセレモニーしなきゃだろ。」
ってところでどんなセレモニーをしたかったんだろうと思わずつっこみをして
しまいたくなりました(笑)
りんださん、あと1話大変ですけど楽しみにしてます。がんばって!!
2006/04/21(金) 08:13:40 | URL | rororinn #ax4px7aw [Edit
お疲れ様
23話待ってました!ホント胸がキュンーンとする場面が多くて素敵なレビューでまたドキドキでした。シンは自信なかったのね・・・・チェギョンが「愛してる!」と言った言葉に「今、なんて言った?」と聞き返すなんて辛かったのね。その後は、シンの好きで好きでたまらない心がだんだん表に出て、素敵でした。心配するシンの肩を抱きながらトントンするチェギョンが私は好きです。
私も最初はチュ・ジフンに対し「エ~」と思っていましたが、だんだんいい男になってきましたね。りんださん24話のレビュー楽しみに待ってます。
2006/04/21(金) 11:53:21 | URL | カルママ #- [Edit
こぶたさん
はじめまして~v-354コメント、ありがとうございますv-398
毎日のぞいていただいてたなんて。。どうもお待たせしました!そして、うれしいですv-290
何度見ても飽きないほど、今回のふたりのラブラブさには大満足でしたね!
想像の中ではどうなっていたんでしょうか??
結構想像するのも楽しいものですよね.+:。(〃ω〃)゚.+:。 ♪
大変な作業ですが、こうやって皆さんからコメントもらうと、俄然やる気が出ますv-353
もう1回で終わりですが、また遊びに来てくださいね♡
そして、シーズン2も書くことになればそのときもよろしくお願いしますe-343
2006/04/21(金) 18:47:14 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
♪ゆみぽん♪さん
楽しみにしていただいて、感激ですv-402
一番乗り・・惜しかったですね(笑)本当に少しの差だったみたいでe-263
あと1話で終わっちゃうのが寂しくて、ゆっくり書いてしまっている今日この頃・・・
そのせいでみなさんをお待たせしてますが。。。f(´-`;)ポリポリ

>りんださんのれびゅー、本当に大好きでした。もう、ここにはりんださんのファンがいっぱいだと思います。
なんだか、感動ですv-406
こんなこと言ってもらえるなんて・・・。
こちらこそ、読んでもらえて、そしてコメントも毎回のようにしてもらえてうれしかったですv-344
これからも色んな韓ドラについて、書こうと思っています。
そして、コメント大歓迎&楽しみに待ってます!(←催促しちゃってますね(笑))
いっぱいお話しましょうねe-343
2006/04/21(金) 18:54:55 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
KEIKOさん
お待たせしてスミマセンv-356そして、毎日覗いていてもらったなんて嬉しいです♡
本当に、興奮のし過ぎで呼吸困難になるかと思いました(笑)
ふたりのラブラブを見せ付けれて、嬉しいやら、恥ずかしいやらv-402
KEIKOさんも3度も胸キュン=(♡゚Д゚♡)⇒したんですね!
DVDもう出るんですね~。ほしいな~。テレビの大きな画面でシングンの胸キュンなセリフ聞きたい(@´ε`@)うへぇ
本当に息絶えるかもしれませんね~(笑)
DVDのリージョンコードが2かALLだったらいいのに。。。とかなりぐちってるこの頃ですe-263
日本でも発売されればいいんですが、まだまだ先になるでしょうねv-409

24話、ゆっくり丁寧に書くつもりなので、見放さずに(笑)もう少しお待ちください♡
2006/04/21(金) 19:02:45 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
mikoさん
びっくりしました??v-398
あのコメントの前に30分以上のレビューは書き終わっていたので、コメントを書いたあと、i-217につきっきりでレビューを書き続けました(笑)
そして、少々肩こりに(爆)
でも好きなので全然辛くなかったですよv-426

何度も23話、ご覧になってるんですね!やっぱり好きだとそうなってしまいますよね~♡
この回は、おばあさんが結構ツボにハマって涙することが多かった回でした。
やっぱり年の功?器もでっかくて、いいことおっしゃいますv-353

mikoさんも、チェギョンのあの衣装おかしいと思いました!?
なんか嬉しい・・・誰か共感してくれる方がいると思いましたヽ(*T∇T)ノ
あれがもう少しバルーン化してなかったら、もう少し入り込めたかも・・・
なんて言いつつ、呼吸困難起しそうになってましたが(笑)

24話、最後だと思うと、なおさら大事に・丁寧に書きたくなってしまいます*:.。☆..。.(´∀`人)
またお待たせすることになるとは思いますが、気長に待っててくださいね♡
2006/04/21(金) 19:15:44 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
haruさん
はじめましてv-354コメントありがとうございますv-344
そして、いつも読んでもらってるということ、こちらこそありがとうございます!
今回コメントをくださったことがとてもうれしいので、いいんですよ~v-411
実は私も一度目は、言葉を真剣に聞かないでざっと理解して見るんです。
それでも胸がいっぱいになった回でしたv-408
そして、またharuさんと同じように理解してしまうとさらに涙してしまう回でもありました。
24話もきっと、これ以上に満足できる話になってると思うのでとっても楽しみですe-343
24話、もう少し時間がかかるかもしれませんが、また遊びにきてくださいね♡
お待ちしてま~すv-398
2006/04/21(金) 19:23:50 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ポムさん
喜んでいただいて、こちらこそ感激ですv-344
私も辞書をひきひき、このドラマの解釈をしています。
それで、こんなに自分のレビューを読んでもらえて、こんな風に言っていただくと私も実は、飛び上がるほど喜んでいたりします(笑)
DVD、、りんだもほしい・・・リージョンコードの問題さえなければ・・・v-406
ジフンくんも、ウネちゃんも本当に魅力的に変化しましたよね~。(偉そうf(´-`;)ポリポリ)
シーズン2もまた楽しみにして、それまで期待して待ちましょうe-343

2006/04/21(金) 19:29:36 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
takaさん
はじめましてv-354コメントありがとうございますv-344
こちらこそ読んでもらえて、うれしいですe-343
ふたりがやぁ~~~~~(長すぎッ(笑))っと、くっ付いてくれたときの感動といったら言葉では表せないくらいの嬉しさでしたv-408
シンはかっこいいし、チェギョンのシンへの愛も途中は?と思いつつ、今回では、いじらしいくらいでしたね。
そして、本当に!本当に!うらやましい♡(ドラマではありますが・・・(笑))
24話ではもっとそんなシーンがあるんだろうな~と今から期待大ですe-266
きっと期待していいですよね??v-353
2006/04/21(金) 19:36:58 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ライチ♪さん
そんなに夜遅いのに見たとは・・・すごいです!宮らぶですねv-398
本当にふたりの中の良さには、最初違和感があったくらい、これまでが険悪ムードいっぱいでしたからね~e-263
でも、もう問題事はこりごり・・・ずっと(シーズン2でも)仲良くしてほしい・・・けど、無理なんだろうな~と頭のなかでいつもこんな考えがくるくる回ってます(笑)
シーズン2が楽しみでもあり、でも今回の「宮」との別れが名残惜しくもあり。
私も今、宮の他に見ようと思ってるor見てるドラマが何本かあるんですが、すべて滞っていて、視聴してない状態です。
24話終了してもライチさんのように宮の映像や写真をあさる毎日になりそうな予感・・・
う~ん、複雑ですが、とにもかくにも、とりあえずは24話を書くことに集中!
24話のレビューアップまで見放さず、お待ちを~ε=ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ*:.。☆..。.
2006/04/21(金) 19:46:39 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ふくりんさん
ふくりんさぁ~~ん、おはようv-281じゃなくて、もう、こんばんはぁv-280でしたv-355
何度も覗きに来てくださったなんて、申し訳ない反面、なんだか嬉しい*:.。☆..。.(´∀`人)

>かのシーンをスローにして♪~kiss me darlingって曲つけてるMV
知りません!見たいぃ~~♡私も終わったら動画めぐりしてみなければv-353
色んなのがあるんでしょうねe-343

お疲れ様なんて、こんな風にコメントもらうと嬉しさで発作の後遺症(笑)も一気に吹っ飛んじゃいますv-315
私もふたりのv-344モードには、嬉しかったんですが、恥ずかしいやら違和感があるやら、そして発作が起きるやらでへとへとでしたv-408
私も自分でレビュー書いたあと、夜中ひとりでついつい見直してしまいました!
(また何度か発作に襲われながら(≧ω≦。)プププ)

2006/04/21(金) 19:55:34 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
rororinnさん
私も、嬉しい&びっくりです☆
「宮」のレビューを書き始めた頃は、こんなにコメントいただけるなんて思っていなかったので、ものすごく感激して、またそのおかげでレビューにも俄然チカラが入ってしまいますv-398
いや~rororinnさん、いいとこつきますね~e-266(←だれ?( ̄∀ ̄ ;) )
私もどんなセレモニー??見せて!♡って思っちゃいました(笑)
みなさんとお話できるのも1話だと思うと寂しいです・・・
24話書きたくなくなっちゃいます。。。(←だめですか?i-235
これが終わっても遊びにきてくださいね~e-343
24話、がんばりまぁ~~すv-411e-319
2006/04/21(金) 20:03:07 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
カルママさん
お待たせしました!遅くなってスミマセンv-356
このドラマは名ゼリフが多くて、その特集をちょっとしてみようかな~って考えてるほどですv-354

>シンは自信なかったのね・・・・チェギョンが「愛してる!」と言った言葉に「今、なんて言った?」と聞き返すなんて辛かったのね。
私もこのとき、「えッ?シン、まさかわかってなかったのぉ~~!?」って思っちゃいました。
私は鈍感だな~って思っちゃいましたが、確かにこれまでの境遇を考えると、自分にも自信なくて、人が信じられないのも当然で、仕方ないことなんですよね。
・・・チェギョンがいてくれてほんとに良かったですv-344
あ~カルママさんの言葉で、またあのぽんぽんのシーンが蘇ってきました。。。いいシーンでしたねv-406
24話、また少しお待たせすることになるかもしれませんが、懲りずに遊びに来てくださいねe-343
2006/04/21(金) 20:10:57 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ta-shiさん
ta-shiさぁ~~~~~ん!!v-356すみません!!v-436
たくさんのコメントで、お返事を書き忘れていましたヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
でもしっかり読ませてもらっていたんです。。本当にごめんなさいv-406

いえいえ、私もこのレビュー書くのに辞書は手放せませんe-263
でもこのレビューのおかげで私もしっかり理解できているので、ta-shiさんそれを共有して一緒に語り合えてうれしいですv-398
日本でも放送することになるといいですね!きっと韓国に興味のない若者も「宮」にならハマってしまうはずですv-354
日本に広めたい・・・(*>ω<*)
24話、すこし時間がかかるかもしれませんが、また遊びに来てくださいね!
懲りずに、コメントまたしていただければ嬉しいです((´∀`*))ゞ
次はしっかりお返事します!!v-421
2006/04/22(土) 13:06:15 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
おひさしぶりです
前に1,2度書き込みさせていただいたBIWAです。
(ちょこちょこお邪魔してましたが書き込みはしてなくて汗)
とうとう23話まできましたね。
お忙しいのに詳しいレビューありがとござます。
この23話はすごく評判良かったんですよね。
いままで険悪だったのがあのキスシーンからラブラブですから!
私も何回も見てしまい、文字でみただけで
シーンが浮かんでくるくらい状態です^^;
シーズン2はまだまだ先で待ち遠しいですが、
その前に日本で字幕で放送していただきたいですね~
2006/04/22(土) 21:12:47 | URL | BIWA #hr89D96E [Edit
23話お疲れ様ですv-424
ありがとうございます 私は、決算の締め切りが近付きヘトヘトで帰宅し、PC開く余裕が無く過ごしてましたv-409 りんださんのレビュ-見て疲れが取れました モゥ~嬉しいです 映像だけでは感じ取れなかった感情や言葉が分かり待ていたかいがありますv-410 23話はすごくラブラブな回なので何度も見ました 24話も悲しいけどすごく好きな回です 私も来月韓国行った時にDVDとOST買ってこようと思っています りんださんのレビュ-が有るから韓国語分からなくても鬼に金棒ですv-411 本当に、レビュ-大変でしたね ありがとうございます 1話からレビュ-印刷してファイルしていますが200ペ-ジ近くなりました 本当に感謝です
24話で最終回ですが宜しくお願いしま~す
2006/04/23(日) 00:03:27 | URL | ゆうぴょん~☆ #- [Edit
BIWAさん
おひさしぶりですv-411
とうとう23話まで来てしまいましたv-356
今までこんなに最後までレビュー書いたドラマはなかったので、自分でもびっくりしていますv-363
23話って評判よかったんですか!?知らなかった・・・だから、コメントいただいた数も多かったんですねv-354
リアルタイムで見ていなかったので、それについての記事も見ないようにしていたので、全然知りませんでした(笑)
シーズン2まで時間があるので、ぜひ日本でも字幕つき放送してくれればありがたいですけど。。。どうなるんでしょうねe-263
最後の24話レビューもがんばります!
2006/04/24(月) 18:48:48 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ゆうぴょん~☆さん
お仕事お疲れ様ですv-355
今は、季節の変わり目で、体調崩しやすいので気をつけてくださいね!
疲れが取れたということで、私も良かったですe-266
私もコメント頂くと、レビューを書いた肩こりも全部吹っ飛んでしまいます(笑)
24話、予告で見ましたが、悲しいところは、本当に悲しそうですね。
でも、結末的にはよさそうなので期待していますv-353
OST、2枚目がでましたね!そちらもきっといいでしょうね☆
そして、1話からのレビュー200枚ですか!?e-327
そんなに書いたのかと、自分でも驚愕!!(笑)
お役にたてるようでしたら、ぜひぜひ使ってくださいね!なんだかうれしぃv-398
2006/04/24(月) 18:59:01 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
大満足の23話[絵文字:e-328]
りんださ~んv-354
ありがとうございます。。ハートマーク大放出どころか~~
写真まであげてくださるなんて・・・も~~v-398大満足です。
実はレビューがUPされてすぐに読んだのですが気持ちが盛り上がりすぎて
コメントが書けませんでした(重い熱病にかかったようで)
りんださんのレビュー片手に何度も見ちゃいました23話e-415
ゆうぴょん~☆さんのおっしゃるように、りんださんのレビューはもう‘一冊の本’
ですよ!!私にとっても宝物です。
あと一話ですね・・・ちょっぴりせつないですが楽しみに待ってます。。
そして『宮2』もよろしくお願いしますe-466
2006/04/24(月) 20:55:00 | URL | ekoeko #- [Edit
ekoekoさん
写真、、、♡
実は最初はアップ考えていなかったんですが、あまりにも素敵なシーンだったので、キャプ中の恥ずかしさにも耐えながらアップしたのでした(笑)

>気持ちが盛り上がりすぎてコメントが書けませんでした(重い熱病にかかったようで)
これ、わかりますぅ~~v-363同じではないんですが、私も視聴後の興奮状態でレビュー書くと、興奮丸出しになるので(笑)すぐには書けないんですよね。少し、気持ちが落ち着いてから書くことにしていますv-353

>私にとっても宝物です。
こんな風に思っていただけるなんて、、嬉しすぎますv-406なんか、感無量ですv-406v-406
あと1話。本のようになったレビューが完成するようにがんばりますね~!
そして、シーズン2も書きたいでぇすv-354
2006/04/25(火) 11:34:01 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
はじめましてです。
23話待ってました。そうですよね、もう一冊の本ですよね!私もリンダさんのこの’本’を片手に、23話までみてニヤニヤしています。でも欲を言うと、1,2,3,4、話までがあまり詳しく書いてらしゃらないので・・・韓国語が全く分からないわたしは、想像だけで見ています。(それでも面白いんですけどね)
全部印刷させていただいて、それを1話ずつ閉じてみています。24話も楽しみに待っています。
そして「宮」2もお願いしますね!
2006/04/25(火) 16:37:35 | URL | 猫ちゃん #o4rjoBl6 [Edit
りんださん、はじめまして。
宮面白い~~~、もう見始めたら一日3、4話ずつ見てしまいました。
それで、とうとう最終話まで。。。
見たのは英語字幕のDVDなんですが、結構ナンチャッテ英語で、よく分からないところもあったんですが、りんださんのおかげで復習しながら見ることができて、すっかり宮のドツボに嵌まってしまいました。
りんださんのレビュー、本当にかわいくて面白くて読みやすくて、おかげさまで一話一話、とってもよく理解することができましたよ、ありがと~です。
りんださんの素晴しい韓国語の能力と、それから、それにも勝るレビューの文章力、ひたすら尊敬します。
23話、素敵でしたね~、ふーっ。
キスシーン、チェギョンが泣きながら、それでも頑張ってキスしてるところがかわいいかった~、ずっと待ってたんですね、この瞬間!(私も待ってましたけど)
りんださん、宮1シーズンは終わってしまいましたけど、これからも、宮のお話を時々聞かせてくださったら、とっても嬉しいです、でも、ご無理をなさらずに・・・ね!
2006/04/25(火) 19:48:53 | URL | aki #ObzSA5Ic [Edit
猫ちゃんさん
はじめましてv-354
お待たせしました~f(´-`;)ポリポリ
1~4話まではかなりザッと、そしてそれ以降も詳しく書いていない回が実はありますe-263
確か、10話くらいからはかなり省略せずに書いてるはずですけどね。
私も書きたいと思っているんですが、忙しくてなかなか進めない状況なので、自分でも悔しいv-390
もし時間があったら、書きますね。何度見てもこのドラマは面白いので書くかもしれませんv-353
あまり期待はなさらずに、待っていてください(爆)
24話まで、もう少々お待ちくださいね~♡
そして、シーズン2もご期待くださぁ~い♡♡
2006/04/25(火) 22:21:25 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
akiさん
はじめましてv-354
私もこのドラマはハマらずにはいられないってくらい、ハマりました!本当に面白いドラマに出会えました☆
キスシーン、本当に感動的&興奮させられました(笑)
akiさんが見られてるのは、英語字幕だったんですかぁ。
ということは、もうDVDを入手なさってるのですね!?v-353
早い!!e-327

お褒めの言葉、なんだか恐縮です*:.。☆..。.(´∀`人)そして、ありがとうございますe-266
私も韓国語が堪能なわけではなく、勉強中の身なので、レビューにも時間がかかってしまいますが、皆さんとお話できるのが楽しみでがんばって書いてきましたe-343
最後の24話、シーズン2があるとはいえけじめの最終回!
気合を入れて書きたいと思います!そして、その後も、ちょくちょく「宮」話がでると思います。
そのときはまたコメントよろしくお願いしまぁ~すe-420
2006/04/25(火) 22:31:04 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

りんだ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



Recent Comments



Recent Archives



Categories



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Links

このブログをリンクに追加する



Copyright © **りんだの気まぐれ日記** All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。