08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「궁(宮)」2話☆修正版☆

2006.06.06 *Tue*
久々の実況レビュー。

なんか、とっても久々なので勘を忘れてしまってる気がして不安・・・

でもとりあえずやってみれぇ~ってことで、

はい!スタートっ,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ
皇后との面会をしにきたチェギョン。

ピンク(赤?)のお茶をこぼしてしまい、あわてて、カモフラージュのためにもっとこぼすチェギョン・・・
そんな隠し方って・・・。

そして、この頃はまだまだ怖い皇后登場。

連れてきてくれたおじさんに言われたとおり、皇后の顔は見ず、ちゃんと言葉を発したあとには「皇后様」と言うチェギョン。

皇后「今日、宮に来てもらったのは、婚約指輪に関するあなたの意見を聞きたかったからです。ソンジョ皇帝が、亡くなられたおじいさまと結ばれた口約束です。婚約をする張本人のあなたはどう考えているのですか?まだ学生の身で・・・負担でしょう。」
チェギョン「はい・・皇后様。」
皇后「そう、当然でしょう。婚意(義?)にもあるように、一方では宗廟に仕え、一方では後世に子孫を引き継がなければならない大事なもの。それをこのように引き受けるはずがありませんね。」
チェギョン「私、実は結婚をしますと言いにきたんです。」
皇后「そう・・・私はひどく嫌がっていると思っていましたが・・・」
チェギョン「あの・・・申し上げたいことが・・・」
皇后「何?」
チェギョン「こうするしかないんです・・・もしかしたらご存知かもしれませんが父は失業者で、母は一家の大黒柱なんです。」
皇后「それで?」
チェギョン「だから、苦労している両親を助けられればと・・・」
皇后「見合った補償を望んでいるってことね・・・見た目よりちゃっかりしてるわ。。。皇室に嫁いできながら、恐れ多くも条件を出すとは・・・」
チェギョン「条件だなんて・・・ただお願いを・・」
皇后「そのようなことをチェギョンさんが言い出すことではありません。皇室と親戚関係になるお宅には、体面を保つため手厚い待遇をすることになっています。」
チェギョン「え?それじゃあ・・・ありがとうございます!私、この結婚、一生懸命やってみせます!」

そして、そこに皇太后様の登場☆

皇后「シンチェギョンさんです。」
皇太后「あなたが・・・実物は写真よりもずいぶんかわいいわ。あぁ、婚約指輪を受け取ったと?」
チェギョン「お許しさえいただければ、そうしようと・・・」
皇太后「おぉ、そう・・」
皇后「服のそれは何なの?」

と皇后が怒った感じで言ったにもかかわらず、
皇太后は座らせ・・・

皇太后「どんな染料をつかったの?」
チェギョン「五味子(って何です?)です。」
結局、皇太后、スカートのしみを、チェギョンが染めたものだと勘違い・・・まんまとチェギョンの作戦にひっかかる(笑)

皇太后「突然のこと、決断するのは難しかったでしょうに、どうしてそのような決断ができたのだ?」
チェギョン「それは・・・おそ・・・恐れ入りますが・・青年の決断には・・・」
皇太后「大丈夫。まだ古語には慣れていないでしょうから、あなたの言葉で話しなさい。」
チェギョン「もちろん、まだ私がヨルコンしなければならない学生なのでデリャクナンガムではありますが、私の家は졸・・・とにかく圧迫をされてまして・・・ジャウダンガン・・」
※ヨルコン=열공=열심히 공부하다(一生懸命勉強する)の略
※デリャクナンガム=대략난감=대체로 조금 난처한=つまりちょっと困ってる
※ジャウダンガン=좌우당간=とにかく
皇太后「何・・何を言っているのか・・皇后教えてくださいますか?」
皇后「申し訳ありません。私にもさっぱり・・・」
皇太后「ヨルコンですと?これは、賢臣や名儒などに死後おくる名のようでもあり(烈公)・・・デリャクナンガム(大略難堪)?これはどういう意味で使うのでしょう。。」

チェギョンは面白いのかな・・笑ってるし。こんなとこでよく笑えるな・・・たくましい・・・たくましすぎる!(笑)

そして面会終了して、連れてきてくれたおじさん(これユル担当のアジョッシだよねぇ。)に連れられ帰ります。
歩いてる時も、ひとりで「どうしてこんなことになったの・・・間違ってないよね!?・・・いっそのこと結婚しないって駄々こねてみる?私、選択間違ったのかな???」
と、ひとりでもがいてると、そこにアジョッシが!
「幼いときの面影が残っておられます。おじいさまにも似ていらっしゃるところも・・・」
チェギョン「アジョッシ、私のことご存知なんですか?私のおじいちゃんもですか?」

話してると、シン登場~☆
あ~やっぱりいい男・・・♡
「おい!体操服(?)!このコと話があるので少し席をはずしてください。乗り気がなかったけど、結婚決めてくれてよかったよ。何ていうか・・・お前、平凡で無難で、それに面白そうだ。」
チェギョン「は?平凡?無難?その上、面白いって?」
シン「つまりは、明朗漫画の主人公って感じか?」
チェギョンの心「何?明朗漫画??」
チェギョン「アジョッシ~どこで車に乗ればいいんですか?」と叫び、勝手にエレベーターに乗ります。
確かに、チェギョンは面白いよ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

皇后は、皇太后に写真(亡くなった皇帝と、チェギョンのおじいちゃん)を見せています。
皇后「直接お会いになれば、皇帝もお考えをお変えになるはずです。mだまだ子供だとは言え、皇太子妃としては話し方がなっていません。これは家風の問題だというのに、皇帝はどうしてあのような家柄の娘を・・・」
皇太后「なぜか・・・申し上げましょうか?」
皇后「申し訳ありません、皇太后様。。」
皇太后は、皇后に紙を渡します。
それには、「過猶不及」と書いてあります。
これは、『過ぎたるは、猶及ばざるが如し』という意味らしい・・・
皇太后「おじい様から学んだと、このように書いてあるのを見ると、家風の問題はないかと思います。話し方に問題がありますが、まなざしは清らかで、人柄は純粋で、明るいようでした。それを見れば、身言書判(中国などで昔人材登用に使われた基準。身体・辞言・筆跡・文章の4つ。)に問題はないと思います。ソンジョ皇帝は一寸の隙もないお人でした。その深い志を推し測ろうと、労力はできないとはいえ、強く希望なさった約束をむやみに壊すことができますか?ですから、誰であろうと、皇太子選びに文句を言うことは道理ではないのです。」

家に帰ってもチェギョンは落ち込みまくり。
お母さんはおおげさだって言いますが、パパは心配してるみたい。

学校でみんなで課題に取り組んでるときも、チェギョンはひとりで葉っぱをむしりながら
「結婚する・・しない・・・結婚する・・しない・・結婚する・・しない・・結婚する・・・。」
ひとりムカついて葉っぱ食ってます。
チェギョンは友達達に、「あのさぁ、結婚とか考えたことある?」と。
友達は「高校生が何が結婚よ。」
と笑ってるし・・・。チェギョンにはそんな時が訪れてるというのに・・
めがねちゃんも「バカ!何が結婚よ。韓国の平均寿命はだいたい80歳なのに、私達の年齢で結婚してみなさいよ。何年、同じ人と暮らすことになる?80マイナス19。。61年!そうやってひとりの人と61年も暮らすの?うんざりするわ。」
友「それに結婚してから、その後にもっと愛する人に出会ったらどうするの?」
友「だから、愛する人に会う前に結婚しちゃ絶対ダメなのよ!」
友「あんたは会えもしないわよ。」などと話してる。
チェギョン「その通り!そんなこと考えてなかった!」
と急いで家に帰るチェギョン。
そして帰ってきて、家にある指輪と記念品?みたいのをパパたちから奪って返しにいこうとします。
弟、ダメダメだよねぇ・・・ふつう渡さないよね。

そして、バスに乗ろうとバス停まで来たら、号外が配られています・・・
それが降ってきてその号外を見たチェギョンはびっくり!

同じ学校の生徒と電撃結婚

そしてチェギョンの写真。

皇帝とシンはいつものお話。新聞(号外)を見ながら
皇帝「期日を早めなければいけないようだな・・皇室の公式発表も予定より早めなければいけません。」
アジョッシ「はい、広報室にもそのように伝えます。」
皇帝「しなければならないことですから、しようか。」
アジョッシが資料を持ってくる。
皇帝「海外の重要文化財の目録だ。上の方に書いてあるのは皇室に戻ってきた文化財で、下の方に書いてあるのはこれから取り戻さなければいけない文化財だ。」
シン、ため息。
皇帝「なんだ、婚礼が早まったことが心配なのか・・・それとも、このたくさんの文化財を探し出せるのかを心配しているのか?」
シンは、またため息をついて答えません。
こういうところで、口をつぐんでしまうからシングンって辛いんだろうな~。
ま、何か言ってもこの皇帝は否定しそうですけどね

宮の優雅な感じの映像が・・・
こんなに優雅なのに、みんなの心の中はこの時点では冷たぁ~いんだよ。

一方、チェギョンの家。
チェギョンは、せっかくの肉も食べずに、部屋で泣いてるので、家族はチェギョンの部屋にやってくる。みんな慰めてくれるけど、
チェギョンは泣きながら「私、これからどうやって・・・どうやって・・・あ~どうしてよりによってこの写真なのよ!!どうしてよりによってこの写真持ってたのよ!中学校卒業のとき撮った写真!私の人生で一番太ってて、ブサイクだったのに!もう恥だわ!恥!!私、これからどうやって外歩けばいいの~。。この写真だれが流したの!?」
みんな知らないフリ・・誰なんだろう・・・(笑)


翌朝、チェギョンの家の外は大騒ぎ!
弟はチェギョンを起こしに来ます。でもチェギョンはまだ寝ぼけてるし。
そして、外では一生懸命パパママは記者を戦ってるというのに、起きたままの格好、それも泣きはらした、むくんだ顔で出てっちゃいます(笑)
そして、カシャッカシャッ!
ばっちり写真撮られちゃいました!☆☆
あの顔・・・化粧であんな顔に??
それとも・・・・そこは追求しない方がいいのかしら


その記事を見た宮の人々の反応。
皇太后・・・(笑)
シン・・・(恥)
皇帝・皇后・・・・・・(呆)

皇太后が抑えきれず笑い出したのを見てシンは「もう笑わないでくださいよ!」
皇太后「皇太子妃になろうとしている娘が、注意もせずこのようなことを・・・」
シン「あ~従わせようとしても、気に入らないことばかり選んでするんですよ。」と言って、イヤホンを皇太后から見えない方にはめる。
皇后「このようなことになったので、皇太子妃選びは皇室と比べて劣らない家柄の貞淑な娘をお考えになられては・・・」
皇太后「いけません。ソンジョ皇帝が望まれたことはなんでしたか?それこそ、ちょうどいい具合に平凡な娘でしたでしょう。皇帝はどうお考えですか?」
皇帝「皇室の歴史上、類が見られない庶民家庭からの皇太子妃選びですから、議会も世論も喜んでくれるのではないでしょうか。」
皇太后「そうです。今回の婚約は国民と皇室がひとつになるという意味で見てもいいことなのです。」
シン・・・おいッ!皇帝と皇后の話は、まぁ聞かなくてもいいが(いや、もちろん聞いた方がいいけど・・・)
おばあちゃんの話は聞いたげて
曲、聞いてたのばれちゃったじゃん。。
あ、このときの曲、「GiveMeLittleTry」だった・・・
ドラマにはあんまり使われてないって思ってたら、こういうとこで使われてたのね・・・
最初の頃はあんまりちゃんと見てなかったから、全然こういうのも聞いてなかったんだなぁ。

次のシーンなんですけど、あのアジョッシが頭を下げてるのってシン?
もう少し寄ってほしい・・・最初のころってあんまりシンが出てこない気がするんですよねぇ。
女官ふたりが新聞を持って噂話しています。
「このコの目見て。カエルに似てない?」(ひどっ!)
「しっ!口に気をつけなさいよ!でもさホントにこの方のおじいさんが皇帝陛下の命を助けたの?」
「本当だって。尚宮様たちが話してるの聞いたわ。はっきりしたことはわかんないけど。」
「どうしてそんなことになったのかな?どうだとしてもうらやましいよね。私も、おじいちゃんが上手くやってればこの方みたいに太子妃になれたのかな?」
「この方が何よ・・・まだ子供なのに・・・とにかく、今も昔も、先祖にはちゃんと会いに行かなきゃいけないのよ。それにしても、この写真笑えるよね。」

そこにコンネカンあじょっし!怒られちゃいました!!

次の日、学校に向かうチェギョンは大変!

ジェジュンがチェギョンのフリして変装して出かけて、記者がそっちに気を取られている隙にチェギョンは学校へ出発!
チャリできもちよさそぉ~~☆☆

シンは皇室の車で・・・ヒョリンのこと考えてますねぇ。

学校では、もうチェギョン有名人になっていました。
鏡に前で顔を見てる友達3人に、後ろから膝かっくんしてもみんなそっけない。
ふたりは仕方ないとして(シンに憧れてるから)、でもめがねちゃんはどうしてキレてるの??
自分に話してくれてなかったからかなぁ。。。
シンはどうってことないって感じ。
友達に政略結婚って言われても気にしてないね。
でも「ヒョリンはどうなるんだ?」って聞かれると表情が変わった!
アホな友達が「秘密のカップルだから、不倫カップルになるのか?!(笑)」
ヒョリンのこと好きなインが「口に気をつけろ!」と言っても
アホ友達は「何がだよ!面白いじゃないか~(笑)」
ってのにはキレた。
ペンを投げつける・・・このシンが持ってたペンって金色?のかわいいペンじゃなぁい?
あれで何を書こうとしてたのかな。。。見てたビデオはチャップリンだったけど。
あ、それからこのときあのカメラ小僧みたいな友達が写ったときのバックに貼られてたポスターが、カンドンウォンとハジウォンのデュエリストだった♡
これ、映画は面白くなかったらしいですね・・・
私は、時間がなくて見にいけなかったのですが、友達が見に行ったらしいく、
感想は「全然面白くなかったけど、カンドンウォンが見たければ、それだけでも満足はするかも。」と言っていました(笑)

と、話をドラマに戻して・・・
テストを受けに海外に行くのか?準備をして、学校を訪れたヒョリンは生徒達がシンの結婚うわさをしてるのを聞きます。
やっぱ、嫌そうな顔してるな・・・でもプロポーズ断ったのはヒョリンなのに・・・。

チェギョンはというと、一躍時の人状態。
サイン求められたり、写真撮られたり・・・
友達は、怒るポイントが違うけど、3人とも怒ってる。
このときの食堂で流れてた曲も「GiveMeLittleTry」でした~。
この曲が流行ってるって設定なんだね・・・きっと☆☆
チェギョンは、皆が怒ってるのわかってるんだけど、近づいてくんです。
でもこの結婚、チェギョンのせいではないんだし、チェギョンも言いたいことあったのですね・・・
チェギョン「や!あんたたちにははっきり言っておきたいことがあるの!私ね、シンデレラなんかじゃないんだから!!私は、自分を犠牲にしてる親孝行娘なんだから!わかる?」

シンが学校から帰る車に乗ろうとしてると、遠くにはヒョリンが。
友達が気付いて名前を呼ぶけど、シンはそのまま帰ってしまいます。
イン「大丈夫か?」
ヒョリン「私、単純なのよ。頭の中にはコンクールのことしかないわ。メモリーが少ないのよ。」
友「お前らしい。」
イン「いつ行くんだ?空港までエスコートしてやるよ。」
ヒョリン「賞をもらえれば、すぐロイヤルバレエスクールに入るつもりだし、もし賞をもらえなくても帰ってこないわ。」

そして空港!ユルが韓国に帰ってきた~~!
あぁ、23話のユルのセリフを思い出す・・・・
「もし僕が韓国に帰ってこなかったら・・・」
あぁ、ここで帰ってこなかったら・・・でも帰ってこなかったらこんなドラマ生まれないわけだし・・・仕方ないか。。

(最終回を見ていない方がいるかもしれないので、セリフは反転させてます☆)
ユルは、リムジンバスの乗り場に向かう途中、テレビのニュースを見ます。
「トクダネ!皇太子結婚」
それは、空港に来ていたヒョリンも見ていて、ふたりの表情の違い。
ユルは、笑顔。
ヒョリンは悲しそう。
ヒョリンが慌てて立ち去ろうとして後ろを振り向くとカートを押した人が来てぶつかりそうに。
でもユルが「危ない!」って叫んだ。
なんか、こういう男の人っていいな・・・優しいな・・・このときはまだユルは嫌なこと言ったりしてなかったらから
いい奴だったから、ぽわぁ~~ん(● ̄  ̄●)てなったな。
でも、これからユルがどう変身してくかも知っててもちょっとドキッとしてしまった♡
ユルの結末を知っているからかな・・・あんまり今は嫌じゃない。
むしろ、これからの辛さがあるから、チェギョンなんかに惹かれず違う人と出会ってほしい・・・
って、ドラマなんだけど。
話を戻して・・・
ユル「大丈夫ですか?ケガはありませんか?」
と、パスポートを拾ってあげるユル。
ヒョリンは、大丈夫ですといいかけ、落ちている携帯の画面が割れていることに気付いて、大丈夫じゃないですねと言い換え、
携帯とチケットを拾おうとするんだけど、
携帯はユルが先に拾ってしまった。
携帯の画面には・・・シンとのツーショット( ̄□ ̄;)!!
でも携帯が壊れちゃってすぐ画面が消えてしまいます。
ユルは「ん?」と驚いて、ヒョリンもすぐ思い出したのか、携帯を受け取って足早に去っていきます。

宮にやってきたユル。
思い出に浸ってます。
ユル「お父さん・・・ユルが帰ってきました。」

テレビの画面にサムスンがぁ~~!ヽ(*・∀・*)ノ
と、最初見たときは驚きました(笑)皇太后、めっちゃ笑ってるし。
皇后が来て、慌てて消してます(笑)
皇太后「皇太子妃選びが順調に進んでいますが、その後に結納にいたるまでは手違いを起こさないようにしなければなりません。親迎礼(新郎が花嫁の家に行き、花嫁を連れてくる儀式)は大韓帝国時代、皇太子伝統の儀式として盛大に執り行われてたことですから、最初の3つの儀式は質素に執り行いましょう。」
皇后「はい。」


ユルが宮の中を見回っていると、コンネカンのアジョッシがきます。
アジョッシ「もしや、ウィソンデグン様でらっしゃいますか!?」
ユル「あじょっし!でも、私のこと覚えてらっしゃいますか?」
アジョッシ「覚えてるもなにも・・・イギリスに行かれる前は毎日私に負ぶさって遊んでいらっしゃったではないですか!」
ユル「はい、覚えています。それにしても、お変わりないですね。」
アジョッシ「皇太后様と、陛下はご心配なさっております。今までどうして・・・」
ソ尚宮が来ます。
そして感動の再会。このソ尚宮も嫌いなのよね・・・。
ユルママより嫌いかも。顔もあんまり好きじゃないし。
そして、ユルは皇太后殿へ。
皇太后「大きくなりましたね・・・今まで、一日もあなたを忘れたことはありませんでした。でも、、なぜひとりで戻ってきたのです?ヘジョングンは?」
ユル「母は、整理しなければならないことがあるようで、もう少し時間がかかるそうです。」
皇太后「それでは、帰ってくるつもりなのですね?」
ユル「はい。」
皇太后「そうか・・・よく決心した。」
皇后「では、住む場所は?」
ユル「部屋を借りました。」
皇太后「なぜ!?ヨンモ殿に来なさい!あそこにはあなたの父親の位牌堂もあるではないですか!」
ユル「あそこは補修が必要だそうです。」
皇太后「そうか・・・もう長い月日が過ぎたものね・・・だったら、不便でしょうから宮に来なさい!」
皇后「恐れ入りますが、申し上げます。皇室の決まりに従えば皇太子になれないとされた皇子は宮殿の外で暮らすことになっています。」
皇太后「あぁ、そうでしたね。気持ちが先走って、考えが及びませんでした。あ、では、王立高校に転校しなければ!」
ユル「お婆様、僕、王立高校には行きません。イギリスでデザインの勉強をしていたんです。」


で、学校。
カメラ小僧のカメラの映像を見ているシンと取り巻き。
チェギョン・・・調子に乗りすぎだよ・・・恥ずかしくなるよ・・・((´д`υ))
ピース、手を振って、、しまいにゃ投げキッス♡ぉぃぉぃ。
友「正直、皇太子妃になるには平均以下じゃないか?」
イン「すべてにおいてレベルが違いすぎやしないか?」
シン「あ~、お前らには関係ない。俺のことは俺がちゃんとやるから。」

このときの、シンがカメラ小僧に「アイウ~、イッシ!」って笑いながらしてたの、されたい♡髪がぼさってたのもかわいかったな~♪♪

チェギョンがどこかに向かおうとしてると、渡り廊下でシンが待ってます。
チェギョン「お~道間違った~。」
シン「おい!ちょっと。どこ行く!話があるんだけど。その格好でカメラ好きな病気まで持ってたんだな。準備はちゃんと進めてるよな?」
チェギョン「何の準備?」
シン「入宮の準備。宮から迎えに人間が行くはずだ。聞いてないのか?親迎礼のための皇太子妃の教育。お前がちゃんとこなせるかは知らないけど。なんだ、その顔は?お金の話まで出して結婚をのぞんだのはいつだったっけ?」
チェギョン「え?」
シン「でも、俺には関係ないからそんなのどうでもいい。とにかく親迎礼は遊びじゃないんだからしっかりやれ。俺まで巻き込んで笑いものにしようとせずにな。」
チェギョン「や!シングン!」
シン「何だと?シングン?」
チェギョン「そうよ、シングン!ひとつ聞きたいことがあるの。」
シン「そんな風にふざけてないで、あんたが好きな子とすればいいじゃない。」
シン「何?」
チェギョン「結婚しようってプロポーズした女の子がいたじゃない。その子を置いて、えらい人たちにおびえて、言われるがままに私と結婚するってどういうつもりなの?」
シン「お前、面白い奴だな。何にも知らないんだな。俺が本気で好きな女の子を、一生宮の中で人形みたいにくらさなきゃいけない皇太子妃にしようとすると思うか?」
チェギョン「じゃあ、私は!?」
シン「さっきも言っただろ。お前は俺とは全然関係ないし、どうなっても知ったことじゃない子だから結婚しようって思ったんだ。」
チェギョン「はぁ?」
シン「文句も言わずに受け入れてやった俺に感謝しなきゃいけないのはそっちじゃないのか?」
チェギョン「何ですって?それじゃあ、私があんたの彼女の代わりに一生宮の中で人形みたいに暮らすことを感謝しろってこと?」
シン「とにかく、お前が忘れちゃいけないのは、理由がどうであろうとお前が皇太子妃になるのは事実だ。俺の妻になろうとするんなら、お前も俺と同じくらいのレベルになってもらわなきゃ困るんだ。わかったな?皇太子妃になるには、お前は品質が全然ダメだってことお前だって分かってるだろ?」
チェギョン「品質!?」
シン「レベルの低い皇太子妃のせいで俺まで同じように扱われちゃ迷惑なんだ、わかる?」
チェギョン「イッシ!」
シン「それから、お前!そのダサいジャージ、今すぐ脱げ!それもできないだったら俺が今すぐ誰かに礼節の教育させてもいいんだぞ・・・」
チェギョン「これを受けろ!こいつぅ~~!」
ドスッ・・・ガ━━(゚д゚;)━━ン!!
シン「やっぱり期待を裏切らないな・・・(笑)」

チェギョン、腰を打ったようでおばあさんみたいな歩き方に・・・(笑)
「私がここにレースつけて、リボンつけて東海(日本海)の水と白頭山の水が乾くほど、擦り切れる程着続けてやる!私が宮に入ったら着ないと思ってんのか!あいつ!」

廊下で先生に遭遇!
先生「服装違反!!」と言って追いかけてくる!
逃げるチェギョン!
さぁて、チェギョンとユルの初体面が近づいてます。
ユルは、学校に転校の手続きをしに来たのかな?
女の子にかなり見られてます!だってかわいいもん♡
逃げ惑ってると、学校の受付の前でユルと初体面!
ユル「あのう・・・美術科の事務室はどこですか?」
チェギョンは、ユルの前で生着替え・・ではなく、ジャージを脱いでます。
パンツ見える心配はないのだろうか・・・チェギョンや。
チェギョン「美術科ですか?美術科は横の建物の2階にありますけど・・」
ユルびっくり(笑)
てか、チェギョン、スカートの下が生足じゃないのはちょっと・・・
女子高生がストッキングって・・・
韓国の女子高生ってストッキングはいてるの!?
わからない・・。
先生が来たのに気づいて逃げるチェギョン。
残されたジャージ。。。ユル、唖然。
ジャージを拾うなよ、ユル(笑)

逃げていたチェギョンの前に、あの宮からの使いが来ます。
使いの人「入宮の準備を急がなければなりません。」
チェギョン「え゛!?授業が終わるまでまだ時間があるんですけど。。。かばんも教室にあるし・・・」
おっちゃんふたり、かばんも靴も持ってきてました。
どうやって・・・教室に入ったのかな・・・ちょっと怖くないか。。

いつの間にかいなくなったチェギョンにムッとするめがねちゃん。
めっちゃうるさいのですけど・・日本ではこれは中学生レベルですよね(笑)
先生が教室に入ってきて、転校生を紹介する。
先生「静かにして・・・今日、私達のクラスに新しい外界人が来ました。」
外界人?と思って不思議に思うユルだけど、後ろを見ると
宇宙征服」って文字。ユルも納得(笑)
生徒は盛り上がります!
先生「わかった、わかった!名前はイ・ユル!花美男(いい男)でしょ?」
生徒「はい!」
先生「よかったよかった!イ・ユルは5歳からイギリスで生活してたのよね?だから慣れないことも多いだろうから色々助けてあげて、仲間はすれがいないうちのクラスならわかるわよね?」
生徒「はぁ~い!」
あのうるさいチェギョンの友達の周りにきてしまいました。
教科書を見せてあげるシーン。これかぁ。。。フニが笑ってしまってNGっぽくなったのは。
でもNGではなかったのかな??なんかあのNGで出てきたシーンと同じ表情だし。

学校から車で出て行ったシンはユルを見つけて車を止めます。
これ、シンがあんな風に手を振ったらユルのまわりにいた女の子たちは勘違いしそうだな。。「えっ!?私に微笑んでるぅ~♡」みたいな(笑)
シン「それじゃあ、お前完全にこっちに帰ってきたのか?」
ユル「そういうことだな。お前、写真と同じだな。」
シン「お前こそ手紙と一緒に送ってくれた写真そのままだ。一目でわかった。」
ユル「僕達、最後に会ったの覚えてる?5歳の時。」
シン「夏だったよな?すんごい暑かったような。」
ユル「冬だった!僕がイギリスに着いたのが2月だったから。そうだ。」
シン「そうだったか?」
ユル「あ、それはいいとして、結婚することになったんだって?」
シン「うん、そうなった。」
ユル「相手がかなりの美人みたんだな。」
シン「どういう意味だ?」
ユル「お前の性格なら当然無理強いされた結婚は拒否して反抗するんじゃないかと思ってたけど。」
シン「もちろんタダじゃないぞ。もらえるものは全部もらう主義だからな。(新聞を差し出して)美人じゃないから心配するな。」
ユル「かわいいな。」
シン「何?かわいいって?そいつがどんだけレベルが低いか・・・何度も会ったわけじゃないけど一目でわかるよ。俺がこの結婚に反対しなかったのもその低レベルなやつを連れてきてお偉いさんたちが苦労するのを見たいからだ。おもしろそうじゃないか?あ!お前、美術科だったよな?その子も美術科だからうまく行けば同じクラスになるかもな。お前、何組だったっけ?」
ユルは心配そうな顔。

チェギョンの家の前には、シンの結婚に反対するファンクラブの女の子が集まって小規模なデモ。

部屋の中では女官さんが来て、チェギョンの採寸中。
パパとママは、外の声を止めさせてくれと宮からの使いの人に抗議してます。
使いの人は皇室の公式発表はあれば騒ぎはおさまるって言ってるけど、どうでしょうねぇ・・・
どうだったっけ??確かおさまったか・・・?
テレビでは皇太子の結婚が公式に発表されていました。
それをシンもみていました。そして、分身のアルフレッドは目を手で覆ってる。
シンも本当はそうしたかったのね・・・この頃はシンとアルフレッドの関係は知らなかったから、そこまで深くは考えなかったけど・・・

ヒョリンは、ひとりホテルの部屋で物思いにふけってます。
シンは電話するんだけど、そっか・・・ヒョリンの携帯壊れちゃったんだ・・。
繋がらなくて、イライラして、フェンシングに励むシン。
そこに皇后がやってきます。
皇后「ウィソングンは一体何のために帰ってきたか言っていました?」
シン「そんな話はしませんでしたけど・・・どうしてですか?何か問題でも?」
皇后「陛下のお体に問題があることを知っているのは少ないのです。極秘事項となっているからです。それなのに、14年間連絡もせず過ごしてきた人がよりにもよってこのような時に帰ってくるとはどう考えてもおかしいのです。」
シン「そんな話をしにここまで来られたんですね。」
皇后「これからもウィソングンに会うときは特に注意なさらなければなりません、太子。」
何も言わずにフェンシングに戻るシン。
好きな人と結婚できないことに、一言あってもいいんじゃないかと思ったんだろうな。
かなしいね。。。シンも、そして息子にそんなことしかいえない皇后も。

チェギョンは眠れないのか、部屋から出ようとした時、パパママの話す声がしまし。
ママ「私達、本当にこれでいいのかしら。」
パパ「俺もそう思うんだ。でも皇室相手にこんな大変なことを撤回することもできないし。。。」

パパママの部屋に入っていって、甘えるチェギョン。
翌日は入宮の日。。。

最初は強がってたけど、使いの人が出発しましょうといった途端
パパ、泣き出してしまう。
チェギョン「私が選んだの。私の人生は私が責任とるから、心配しないで!」
なんていい娘なんだ・・・涙しちゃったよ。

そして門が開き、記者やシンのファンクラブの女の子たち、そして家族が見守るなか皇室の車で宮へ向かうチェギョン。

車に乗る前のチェギョンと、パパ、ママの表情にはホント悲しくなりました。

そして終わり。

あ~今回も長かった・・・
ま、いつものことですが。

そういえば、皇后がこんなに反対していたとは知らなかったなぁ。
ちゃんと知ったら、いろいろわかるものですね。
では、次は3話で・・・
いつになることやら・・・(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

りんださーーん。
コマウォヨ~。すごく嬉しいです。
りんださん、他のドラマもレビューしていて大変だろうなあと思いながら、
首をながーーくして待ってました。
いまだに「宮」とジフニに関連することしかしてません。
でも昨日「ファッション70’s」を見たんですよ。
なかなか面白いです。

でもやっぱり「宮」が好き!
ジフニに会いたいです~v-414

あ、そうだ、「宮」のパダスギ添削してもらいながら頑張ってますv-87
1話の3分の1ほど行きました(先はながーーいv-399
やってて思うのはりんださんってすごい人なんだあということ。
赤ペンだらけなんですよ。でも不思議と楽しい。だんだん聞き取るスピードも速くなって。。
気長にがんばります。
3.4話も期待してます!
ではまた来ますね~。
2006/06/11(日) 21:10:41 | URL | ふぁな #O0bGEOgY [Edit
  全部読みました。
すごく詳しく、難しい文章も翻訳したのね。
 お疲れ様でした。
このまま、字幕つくれそうだよ~♪

 もらっていきます。
これみながら、また2話見たくなっちゃったわ!!
 
 ありがとうございましたぁ`*:;,.★ ~☆・:.,;*
2006/06/11(日) 21:24:47 | URL | ♪ゆみぽん♪(^-^)ノ #- [Edit
ふぁなさん
こちらこそ、ありがとうございますv-354
「ファッション70’s」、確かあの坊主の人が出ていましたね・・・名前は・・・わかんない・・・e-327あぁ、ドラマに疎くなってる(笑)

ふぁなさんもパダスギ頑張ってらっしゃるんですね!
添削なんてうらやましぃです!かなり勉強になりますよね!v-353
私は、全然すごくないですよ~v-356
だって、訳は雰囲気&通じる日本語にすれば大体の内容はつかめますから☆☆
それに私は書きとりはなかなか・・・(爆)
それに、告白しますと、さすがに皇太后が使う朝鮮時代の言葉はわからないことが多く、韓国人友につづりを教えてもらってるんですv-436
つづりがわからないと調べようがないんですよねv-409
でも、楽しいからこそ同じ言葉を延々と調べたりするんだと思いますv-344
そして楽しいのは、素敵なドラマだったから・・・
そして忘れちゃいけないのがジフニの存在ですv-10e-266
ジフニのセリフは、訳すときも、なかなか分からなくても、顔はニコニコです(笑)
お互いがんばりましょうね~~v-411
2006/06/11(日) 21:45:43 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
♪ゆみぽん♪さん
読んでくださって、感謝感謝ですe-343
かなり遅くなったので読んでくださる人はいるのだろうかと心配してましたv-356

この2話チェギョンの言葉が、最近の言葉だったり、俗語使ったりしてて思ったより難しかったです。
1話よりもそういうのが多かったんですよね。
皇太后の言葉に関してはネイティブに頼ったりv-389

是非、また宮2話楽しんで来て下さぁ~い☆☆
2006/06/11(日) 21:55:07 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
おお~~~~
更新してる!
昨日ちょうど宮ダイジェスト(自分勝手な)で見てたところで~
りんださんの訳見ながらにまにましてたんだった。
前半はアップするまで待ってみようって思ったのでした。
(ふふふ・・・プレッシャーでしょうか?気にしないでv-391
いや・・・楽しい。ほんと、りんださんのがあるとめっちゃ楽しいv-398
ありがとう~~~~ですv-365
2006/06/11(日) 22:14:05 | URL | はりねずみ。 #fSop52Dk [Edit
待ってましたよぉー!
今日いろいろ家のことをしていて、いま見たら、2話がupしていて嬉しくて「キャーーーー!!!」て叫んでしまって娘につめたーい目で一言「お母さん・・・・」といわれてしまいました。待ってたんですよぉー心ひそかに・・・・。今から印刷して・・・2話をじっくり見よーっと!!
ありがとうー!!いくら「宮」熱が下がらないとはいえ今一度、レビューを書くのって大変だったでしょう・・・本当に有難うねぇー!!
あっ!そうそう何ちゃって日本語×10のついたDVD手に入れたって言ってたでしょう。それに「宮1.5」がついてきたんですよ。でそれには字幕は初めからついてなかったので、リンダさんのレビューを見ながら見ました。よくわかったし、すごく楽しく観れました。
でもひとつ残念なことが・・・NGのシーンで、長いすのシーンはなかったんですよ。そこも見たかったんですが入ってないのなら仕方ないですね・・・でも他のシーンはみれたし、満足しました。
風邪良くなりましたか?このところの関西の天候はワケわかんない・・・って感じなので・・・また梅雨に入ると余計じめじめムシムシだから体調に気をつけて、楽しく過ごしてくださいね。又新しい話題や3.4話のレビューを待ってまーす。ではでは・・・デモ2話観たら・・・つぎつぎといってしまって・・・・今日寝れるかなぁー
「宮」って見だすと・・・・つい見ちゃうんですヨネぇー
まっいいや見よっと!!
2006/06/11(日) 22:16:29 | URL | 猫ちゃん #y4NG9Tb6 [Edit
もちろん、読みました!!!
ほんとにほんとに、ご苦労様でしたv-20をあげたい気分です。

前々から、取り掛かってる事はりんださんが書いていたから知ってましたが、こんなに完璧に解説してもらえるとほんと、涙ものです。v-409
私たちでも、わかりやすい言葉にしてくれてるので、助かりますよん。

2話くらいまで、みんな新人がやる新しいタイプのドラマだし、軽い気持ちで流して見てたようですね。だから、翻訳された方のサイトもこんなに詳しい事は書いて
なかったです。いつもながら、感激v-291
宮に嵌ると皇后様と皇太后様の会話は大切なので、全部把握したかったんだ
けど、今日またかなり解決しました。

初めに挨拶の時の会話など、そういうことだったんだ。皇太后様はやはり重要な台詞を喋ってるのね。また、このキャラも凄く大事な事がわかりました。

もちろん、ジフニへの愛がこんなにすごい力を生んだみたいですが、また無理せず頑張ってください。必ず、読みに来ます。

今日「ある素敵な日」3.4話を見ました。良かった。ソンユリちゃん、やはり顎割れてましたね。コンユ君、すごくいい味だしてました。ちょっと泣けますよこの回。
もし見てなかったら、お楽しみに・・・・・OSTもなかなかいいです。今日聞いてました。今度ブログに1曲アップしてしまいそうです。
では、またね~アンニョンv-422
2006/06/11(日) 22:33:31 | URL | ピグママ #- [Edit
読みながら思い出してました
ほんとはもっと早くコメントしたかったんですけど、「花火」を観ていてこんな時間に。今週は意外な展開で驚きました。ここへきてインジェの優柔不断さがちょっとだし、女性陣のやることは共感できないのですが、先が気になるので最後まで観ちゃうだろうな。カン・ジファンしの髪型、変わってましたが切ったのか前髪をあげただけなのか判別できず。スンウ役のユン・サンヒョンし(でしたっけ?)は前髪がさがってました。ってスンウ情報はどうでもいいですよね。
さて、肝心の「宮」ですが、渾身のレビューですね。この2話、チェギョンちゃんの若者言葉が皇室のおふたかた同様まったくわからなかったので、りんださんのレビューを読んですっきり。とってもよくわかりました。ちなみに五味子ってチェギョンちゃんがこぼしたお茶の名前です。五味子茶ってあの通りすごく綺麗なピンク色で、甘い、すっぱい、苦いの他は忘れちゃいましたけど5つの味がするということでこの名がついた韓国の伝統茶です。柚子茶やかりん茶とか並んで伝統茶をいただけるお店のメニューに必ずといっていいほど載ってます。卒業旅行の折にはぜひお試しあれ。私も飲んだことがありますけど、甘酸っぱいさわやかな味がしますよ。
2話あたりってまだシンチェの絡みが少ないのでそれほどは観かえしてはないのですが、改めてレビューを読むとこの頃のシン君って最後とは別人のよう。シニカルだし、いじわるだし。これも皇太子として生きなければならなかったシンの淋しさや責任感のためなんですけど。ってシン君びいきな私。ユル君の空気感もいいんだけど、やっぱりシン君なんですよね。そして最初の頃のシン君とユル君ってとっても仲良しで。そんなふたりを観ているとこの先の展開を思いせつなくなりますね。りんださん同様、ユル君には幸せになってもらいたい。
新聞に載った写真を見て泣いてるとこや、寝起きのすっごい顔でまた写真を撮られちゃうチェギョンちゃん、面白い。これまた最後とは別人。この頃の元気なチェギョンちゃん、ウネちゃんのイメージにぴったりです。なので「1.5」で人見知りするって知ったときは驚きました。あんなに仲良さげなジフニとも最初はほとんどしゃべらなかったなんて。あぁ、また「1.5」が観たくなってきました。
最後にちょっとだけ「ある素敵な日」の話題を。今までの展開を思い出したり、りんださんのコメントを読んでいて思ったのですが、私の今までのタイプからするとドンハの方がコンより当てはまるかなぁって。コンは最初から全部においてハヌルに優しいでしょ。それってあんまり惹かれないんですよね。でも、コンってオーストラリアでは結構すごいことやってたし、優しいだけの人って感じじゃないからコンもありかも。ってやっぱりもう少し保留にします。
お風邪いかがですか?なかなか咳がとまらないようですが、乾燥に気をつけてお大事になさってくださいね。
2006/06/12(月) 00:43:19 | URL | kotoko #- [Edit
早速...
りんださんの虎の巻でe-271、2話また観てみました。
そしたら、シンとチェギョンの丁々発止がとてもおもしろかったです。
あの後で蹴りに失敗してチェギョンがひっくり返るところ、最初見たときはエーッ痛そうと心配しました。
が、NGでしっかり敷物いっぱいしてたのを知り今度は安心して見れました。(って...当たり前)
それにシンとユルの会話は、今あらためて二人の性格の違いがよ~くわかりました。
二人は本当に対照的でした。この時点ではまだ私は完全にユル派でしたしv-402
この頃シンはチェギョンを完全に見下してたのに、ユルは早くもチェギョンの可愛さを理解してたんですものね。
シンには好みでなくてもユルにはタイプだったというだけだったのかな?
それにしてもヒョリンはなんだか可哀そうでした。
いくら拒否したとはいえ、好きなのはお互い承知してると思ってたのにねぇ...ま、行き違うときはトコトン行き違うものです。
でもいくら壊れてても携帯をゴミ箱に思いっきりポーンはv-405
皇太后が観てた「サムスン」はあんなに可笑しかったシーンでしたか?
おなかのクッション貸せってシーンならやっぱり可笑しかったのかな。
あと、ユルが教科書見せてもらうシーンは、私も演技の笑いじゃないと思いましたよ。(思いっきり笑ってる)
あのタンジンちゃんは芸能情報番組のリポーターのときも、自称恋人ヒョンビン(もちろん冗談だと思う)を笑わせてましたから。

そんなこんなでまたまたいっぱい楽しんでしまいました、ありがとう。

2006/06/12(月) 01:23:33 | URL | ふくりん #GXSry8pY [Edit
りんださん、丁寧な会話の翻訳ありがとうございました。
チェギョンが結婚を決めて王宮にご挨拶に行った時の会話・・・皇后や皇太后とのやりとりが、細部までよく理解できてスッキリしました。
だって、あの若さで、好きでもない(最初は!)シングンとの結婚を受け入れるのは、大変な負担ですもんねー。
チェギョンにもいろんな想いがあったんですね。
でも、チェギョンったら、あれだけ若い世代の憧れの的の皇太子、現実ならイギリスのウィリアム王子みたいな感じかな~?、その人と契約上とは言え結婚して、朝夕に顔を眺めて過ごすのに、ドキドキ感が割と薄いですよね。
ドキドキしすぎてぶっ倒れないのが私は不思議~~笑。

ところで、りんださん、体調はいかがですか?
こんなに長いレビューをあげてくださって、またお疲れがどどーっと出やしないかと心配です。
ご自愛くださいね、まだまだりんださんといっぱい語りたいドラマあるんですもん。


2006/06/12(月) 12:36:04 | URL | Aki #ObzSA5Ic [Edit
はりねずみ。さん
訳がお役に立ってるみたいでうれしいです♡にまにま(笑)
私もにまにまです♪♪

>プレッシャーでしょうか?
大丈夫ですよ~!かなりゆったりした気持ちで書いてるのでv-398
めっちゃ楽しいと言っていただけて光栄ですe-266
また書く気持ちがむくむくとi-265
また3話もがんばって書きますね~v-354
2006/06/12(月) 17:52:09 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
猫ちゃんさん
お子さんの冷たい視線、笑ってしまいました(笑)
私も実家では、ドラマ見ながら色んな反応してしまい、それを見ている両親は不思議&疑惑の顔で私を見ていましたからv-12
でも今はひとり暮らしに戻って誰も反応してくれない・・・それも悲しいものですねv-408

>いくら「宮」熱が下がらないとはいえ今一度、レビューを書くのって大変だったでしょう
コレ、確かにそうでした(苦笑)ドラマの方は何度も見直して頭に大体入ってるのですが、それを文章にするのは大変で。
元々、私、かなりの面倒くさがりな性格なのでe-263
でも、やっぱり書いてて思うのが、さらっと流して分かってなかったところが多かったということです。
やっぱり、レビュー書くとしっかり理解できて、さらに「宮」ペンに磨きがかかりますv-354

宮1.5の長いすのシーン、DVDに入ってなかったんですかぁ!?もったいない・・・どこかのHPに行って映像探してみたら絶対あると思いますが・・・
あ、でも、猫ちゃんさんって映像は見れないんでしたっけ!?
なぜ、あのシーン、DVDに入ってなかったんでしょうね??う~ん、不思議・・・

風邪の方は、さすが夏風邪!ってのもおかしいですけども、咳が止まりません!かなり学校では目立っています(笑)
確かに、関西の天気おかしい・・・寒くなったり、今日はむしむしして暑かったv-356
気をつけて、早く元気になりたいですv-355そして、思いっきりドラマ見て、レビュー書きたいv-398
昨日は徹夜でしたか?途中で止められました??(笑)
私も途中で止められず、眠い目をこすりながら学校行くことありますよv-395
どうしたの?って聞かれても、ドラマ見てて徹夜とは言えないです(笑)
2006/06/12(月) 18:04:25 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ピグママさん
かなり時間がかかりました!でも、それも私の怠けグセのせいでv-356
でも喜んでいただいて、読んでいただいて、こちらこそありがとうございますですv-10
私も、原作の漫画が人気があるということで、話題になってたことは知ってたのですが、最初はあんまり期待もしていなかったし、流しに流しまくってみてたんです(笑)
実は、というかお分かりになってるとは思いますが、以前書いたレビューの10話くらいまでは、皇太后・皇帝・皇后の会話って省略してるとこも多かったんです。
でも、最終回まで見ている今では、省略できないんですよねv-426
(チェギョンの家族の会話は相変わらず省略させてもらってます!)

>また無理せず頑張ってください。必ず、読みに来ます。
心強いですv-408必ず完成させます!!v-221

>やはり顎割れてましたね。
コレ読んで、爆笑してしまいました。なんか冷静にそう書いてらっしゃるのが面白くて・・・
でも事実ですよね。でも可愛いので不思議です・・・あごが割れてるとごっちい印象になりそうなのに・・・。
OSTは韓国でもドラマと同じように人気が出てるらしいですね☆
朝鮮日報の記事にありました☆
私もドラマ見るとき、聞いてみますね~e-343
曲アップしてくださぁいi-233入った時に、曲が聞こえてくるとうれしいんですv-291
2006/06/12(月) 18:15:13 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
kotokoさん
いえいえ、コメントしていただけたらそれだけでうれしいんです♪
「花火」、私も3・4話まで見ましたが、すでにナラの行動に共感できなくなってきている・・・大丈夫かなぁと思いつつも、kotokoさんのインジェがナラへの気持ちに確信を持つかが楽しみだという言葉に影響を受け、見ようと思ってます♡
スンウし、確かにひどい男なので、あまり興味はないのですが、彼、前に韓国のキムタクとか言われてたような・・・と思って注目しちゃってます(笑)
どうみてもキムタクには見えないので(爆笑)

渾身のレビュー、確かに・・・(;´▽`A``
すっきりしてもらってよかったです♪五味茶ってそういう意味で、五味なんですね!
韓国に行ったときに出してもらったお茶は緑茶でした・・・それも日本土産の緑茶だった(爆)韓国に行ったのに・・・
でも次にいくときは、絶対色んな韓国名物のお茶物色してきたいと思います。
私、お茶好きなんです!日本でも色んなお茶飲んでみたりしてるんです☆
中国に行ってきた友達にはお土産にお茶を頼んだり・・・。

「ある素敵な日」。
kotokoさんも冷たいのに、主人公の女の子を好きになって、素直になれない系の不器用な男性がお好きでしたよねe-266
そして、その後、気持ちを打ち明けたあとがまたかわいいんですよねv-344
kotokoさん、2人の間で揺れてますねv-398
ぐらぐらするのも女心ですよね~ふふふ。
私、また3・4話も見てないので、なんとも言えないのですが、3・4話みたらレビュー書きます(多分・・・)ので、またお話しましょう!!!
コン派になってるか、ドンハ派になっているか・・・今の時点では声とお顔も結構すきなので、ドンハなんですけどねぇ♡

風邪・・・咳が止まりませんが、どうにかこうにか普通に生活してます!
レビューも書くことできてますしv-398
また3話のレビューもがんばりますねv-221
2006/06/12(月) 18:31:30 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ふくりんさん
お役に立てて、うれしいです♡

敷物・・・あれ、敷物しいてても痛そうでしたよね。かなり、周りのスタッフも、ジフンも心配してましたし。(かなり笑ってもいましたけどv-398

シンとユルの性格の違い。
シンは意地悪ですね~。考えることが全てひねくれてます。
それに比べてユルは純粋で、まっすぐに物事を考えてるのが見てとれます。
私もこの頃は、ユル派でしたよv-344あの笑顔にフォーリンラブでした(〃ノωノ)e-266
ユルは、何事も、誰に対しても偏見なく見れる、受け取れる子なんでしょうね。
その代わり、裏表がある人間に対してはちゃんと考える頭を持ってる子ですかあらね~。
そういうところ、とっても素敵だと思いますねv-353

皇太后が見てたサムスンのシーン、私はそこまで大笑いしたシーンではなかったような・・・
私がサムスンで大笑いしたのは、最初の方のATMで暗証番号を入力するとき「見るなよ!」と言いつつ、口で言いながら打ってるとこ、靴下の匂いかいだとこ、トイレのオナラシーンとか、思い出すのはそんなシーンですね。
あ~今思い出しても笑えます(笑)

>あと、ユルが教科書見せてもらうシーンは、私も演技の笑いじゃないと思いましたよ。
やっぱりそうですよね!あれはユルとしての笑いじゃないですよね。
それにしても、あの笑顔、かっわいいですよね~ふにゃ~って笑い方。

また3話で楽しんでもらえるようにがんばりますね~e-343
こちらこそありがとうございます!
2006/06/12(月) 18:43:25 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
Akiさん
こちらこそ、読んでいただいけてうれしいです♡

チェギョンが、いつもは明るい表情なのに、家を離れなければいけないことだったり、これからの結婚生活を考えて落ち込んで、でも両親のために断れないという思いの葛藤をしてるシーンでは、私もそんな気持ちになって悲しくなりました。
でも今はシングンにだったらいいかな~なんて考えてしまう気持ちもあったりv-389

>ドキドキしすぎてぶっ倒れないのが私は不思議~~笑。
同じく、私も思います。
最初の頃(結婚話が出る前)は、性格を知らなかったのか、皇太子ファンの友達に影響されてドキドキしてたようですが、
結婚話が出たあと、シンの性格がワンサガジだと知ったあとはめちゃくちゃ強気ですよね!
私だったらシンがあんな性格だと知っても、おどおどしそう・・・
でもそんな強気でなんでも言っちゃうチェギョンだったからシンも好きになったんだろうな~v-10

体調はですね、咳がひどいですv-409
なかなか止まらないですね・・・学校でも冷ややかな視線を感じるときが時々(笑)
でもこのレビューも長い時間かけて書いたのでそんなに疲れはしませんでしたよv-353
お気遣いありがとうございます・・・身に沁みます・・・うれしぃなぁv-406
もう、どしどし語ってくださいね!一緒に語りましょうv-344
2006/06/12(月) 18:53:16 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
りんださん、今、風邪は流行ってるみたいですよ~、我が家は東京なのでりんださんとこからは離れてるけど、きっと日本全国流行中なんだと思います。
高校生の娘も咳がスゴイですよ~、熱もないし、ほかはどうってことないんですが、ただ咳だけが止まらなくて夜中もゴボゴボ咳き込んでるのがかわいそう。
どうぞりんださんもお気をつけて~
りんださん、チュ・ジフンファンになってみると(いえ、その前からも!)自分の年齢がとってもイタイこの頃です。
でも、りんださんのとこでいろんなお話読んだりしてる時だけは、痛さを忘れられます~、ありがと~!!
そうなんですよね、あのチェギョンの強気・・・結局、ああいう強気な女の子に男は魅かれるんですねー、は~(ため息)。
2006/06/12(月) 19:54:43 | URL | Aki #ObzSA5Ic [Edit
はじめまして
すっかり宮にはまって、シングンに会いたいと思っています。
はがきは出しましたが、当選確率きっと低いですよね。

英語字幕でみたんですが、細かいところがよくわからず、とても助かりました。まして今回のような詳細なあらすじ。ほんとによくわかります。
シングンがどんどん表情が変わるのがすごいです。
サムスン見てる皇太后にはそこで、つぼでした。おかしかったです。
体調早くよくなるといいですね。
これからもよろしくお願いします。
2006/06/12(月) 23:10:38 | URL | DANCE #5FRJDPys [Edit
びっくり・・・
リンダさーん
KNの「恋したい」の後でハウルのオウムの曲に乗せて「宮」の映像が流れたんですよ・・・・
びっくりデス。何でかはそこだけ偶然に見たのでわかんないんですが・・・明日も同じ時間に見てみるつもりです。ではでは。
2006/06/13(火) 22:50:11 | URL | 猫ちゃん #o4rjoBl6 [Edit
Akiさん
そちらでも・・・そういえば、実家(九州)の友達も風邪ひいたって言ってました。
ん~気をつけないとダメですネェ。
Akiさんの娘さんもv-356寝てるときって、いつの間にかものすごい咳をしているみたいです、、私も。私の母も心配してました・・・肺炎にならないようにせんとぉ~!って電話でも言われています(笑)
え~年齢なんて気にしないでいいですよ~~v-363
みんな、ペンは同じ気持ち(乙女)なんですからv-344
一緒にここで語りあいましょうね~~e-266乙女心を吐露しちゃってくださいe-420
強気・・・私もいっつも弱気なのでため息です・・・あぁ、、、現実を見ても・・・ため息・・・・(爆)
2006/06/13(火) 23:00:13 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
初々しい!
シン&チェギョンの何て初々しいことでしょう。この頃はまだお互いに
好意とか持ててなかったから仕方がないのですがシンくんのチェギョンに
対しての言葉のきつさ、まさに氷の王子って感じですね。2話はまだまだ
二人のシーンが少なくて私もざっとながして視聴をしていたのですが
りんださんのレビューと照らし合わせながら再度見てみたいと思います。
りんださん、いつもながら詳しいレビューありがとうです。
2006/06/13(火) 23:07:32 | URL | rororinn #ax4px7aw [Edit
DANCEさん
はじめましてv-354
イベントにはがき出されたんですね~~v-10
私は距離に負けて、出しませんでしたv-409
あ~~悲しい・・・大阪であれば・・・なんて思っても叶いませんので(笑)

英語字幕も、なんとなくは分かりそうな気がしそうですが、やっぱり難しいですよね。ま、私も正直普通に見てるだけではさら~っとしか理解できないですので、私もこうやってレビューするとよく分かります(笑)

こちらこそ、よろしくお願いしますね!
体調、早く治して3話書かなければ!!!v-353
2006/06/13(火) 23:12:09 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
猫ちゃんさん
それって、ウムのMVじゃないですかぁ??
KNって、番組と番組の間に、テレビショッピングするときやCMしかしないときもありますが、
時々MV流してくれるときがあるんですよv-354
・・ってご存知かもしれませんがv-356
でもテレビ画面で見れるなんてうらやましいです~v-10
またご覧になったらどんな映像だったか教えてくださいね~~v-344
2006/06/13(火) 23:17:56 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
rororinnさん
ホント、ふたりはまだ初々しいし、たった半年ちょっとくらい前なのにかなり若い(笑)
そして、シン酷すぎますよね。
めっちゃひねくれてて、意地悪で、私も見ながら憎たらしくなっちゃいましたよ。
でも、それでもチェギョンって惹かれていくんですから、やっぱり運命なのですね~v-344
(って、ドラマですけど(笑))
3話も近々書くつもりなので、また来てくださいねv-411
2006/06/13(火) 23:29:17 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
1・2話無料だって
「宮」1・2話無料放送だそうです。
だから、スカパー入ってたらもれなくみれますよ!
今日スカパーの7月分が来たんだけど、そう載ってました。
お母さんに頼んだら録れるんでは?
2006/06/18(日) 22:39:16 | URL | 猫ちゃん #- [Edit
猫ちゃんさん
おぉ~~!
ホントですか!
私、最初の一日は無料で見れるって聞いたんですけど、2話も見れるんですかv-10
でも母が動いてくれるかどうか・・・v-399
どうにか頼んでみますv-344
テレビの大きな画面で見れるようにその熱意を伝えてみます!!
2006/06/19(月) 14:22:52 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
りんださん、すごい
ってことです。私が字幕付で1話・2話を観てまず思ったこと。だって、訳、完璧なんだもん。むしろ、字幕より詳しいくらいでしたよ。やっぱり字幕は台詞の間に視聴者が読み取れないといけないし。
私が興味があった皇室言葉ですけど、ところどころ「~でございます」くらいでわりと普通でした。1話の皇太子の婚姻について書かれている巻物の内容は漢字が多くて字幕で読んでもよくわからなかったですi-230それから、2話でチェギョンが使って皇太后さまと皇后さまが???だった言葉はヨルコン=열공が激勉で、デリャクナンガム=대략난감は微妙って訳されてました。りんださんの訳の方が正確な意味なんでしょうけど、字数制限&わかりやすさでこうなったんでしょうね。

字数制限といえば、話がそれちゃうんですが今日観たエンタメ番組で「ある素敵な日」の製作発表をやっていてナムグン・ミンしのインタビューが流れてたんですが、明らかにもっとずっと長くしゃべってるのにものすご~く短く訳されててそこ以外は何を言ってるのかわからずi-191

と、「宮」に話をもどして。皇太后さま達との面談の後にシン君と会った時、シン君がチェギョンちゃんに呼びかけた「おい!体操服(?)!」は「おい。ジャージ!」でした。
それにしてもほんと、りんださん、すごいです。尊敬です!
もちろん、内容は何度も観て知ってるんですけど、おっきなテレビ画面でみた宮の中の映像とかはほんとに色鮮やかで綺麗でした。次回の結婚式のシーンもすごいんだろうなぁと期待してます。
2006/07/04(火) 21:44:51 | URL | kotoko #- [Edit
kotokoさん
訳完璧でしたか!?
多分、これからは間違いが増えてくると思いますよ(笑)
なぜなら、「宮」の訳をしていくうちにどんどん耳が鍛えられたんです!
なので、後半に行くにしたがって少しずつ訳も自然になったり、適当ですっていうイイワケも減って行きましたv-353
1・2話は最近レビュー書いたので、結構聞き取れたかなって。
あと、1・2話は韓国人チングに宮廷言葉を聞いたりしたので、結構書けたのかもです。
なので、5話とか、6話なんて、間違いたくさんあると思いますv-390
ご指摘お願いしますね!!v-436

ヨルコンが激勉って・・・訳がすごいですね(笑)流行り言葉訳す、翻訳家さんは難しいでしょうね~。でもそんなこと考えることも楽しかったりするのかな♡
体操服って、ジャージだったんですね!私、どうも最近ジャージという言葉が恥ずかしくて言えません(笑)日本語だって思えばいいんですけどねぇ。
体操服は、確か、聞こえなくて何度もその単語だけ聞いてた記憶が・・・
チュジフンくん、結構早口なんですよねv-356
テレビの画面で、「宮」・・・・あぁ素敵・・・見れる日がくるのを楽しみに忍耐強く待ちます(笑)

製作発表のナムグンミンしのインタビューって公式で見れるやつですか?
結構話してましたが、どんな風に訳されてるんでしょう。。
でもこういうことって結構あります!
ちょっと違うんですけど、ウルルン滞在記っていう番組でも、韓国での体験だったとき、どう考えてももっと長く話してるのに日本語はめっちゃ短かったりして。
ちゃんと訳してほしいですよね。
2006/07/05(水) 01:08:59 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

りんだ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



Recent Comments



Recent Archives



Categories



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Links

このブログをリンクに追加する



Copyright © **りんだの気まぐれ日記** All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。