08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「어느 멋진날(ある素敵な日)」7話

2006.07.02 *Sun*
さてさて。
7話は、ハヌルがコンに対して疑いを抱くところから始まります。

でもヒョジュの嫉妬も燃え、コンの嫉妬も燃えの1時間。
コンの方は嫉妬なのか、心配なのか、まだ微妙にわからないけど
とにかくコンのあの必死さには笑えました。
ドンハはもう言うことなしです
が物語ってるでしょ(笑)

ではでは。
ハヌルはタンスに入ってる盗まれた自分の財布を発見してしまいます。
すぐヒョジュが呼びにくるので財布のことにとりあえず忘れることにしたみたいです。

一方、シャンパンを買いに行ったコンは、家の前にテウォンがいるとこを発見。
コンって怒りが瞬時に湧き上がる性格ですよね。
テウォンい対しても見ただけで目つきが変わっちゃって怖い。。
テウォンにはそれでいいんだけど、ドンハには優しくしてほしいわぁ。
コンはテウォンを発見して公園に連れて行きます。
そしてまたしてもボコボコに。
コン「何しに来た!?この野郎!」
テウォン「ヘウォンを迎えに来た!それがどうした!?」
コン「はっきり言ったはずだ!その名前は頭の中から消せって!」
テウォン「偉そうにするな!妹をだしに金を引き出そうとしたくせに・・お前がお金のために探しに来たのはヘウォンは知ってるのか!?」
コン「知らなかったら何なんだ!?」
テウォン「それでも恥ずかしいとは思わないんだな!?」
コン「世界中の人に恥ずかしいとは思っても、お前にだけはそうは思わない!お前がかわいくて殺さないと思ってるのか?金?騙されたって言えよ!次、俺の前に現れたときは金でも食べて死ぬと思え!汚いやつめ!」
テウォン「や!お前、ヘウォンと俺がどんな仲か知ってるか?」
またしてもボコボコです。。。気の毒に・・・嫌、でもこれからの子と考えるとぜんっぜん気の毒じゃない!!(# ̄З ̄)
コン「一時だったがな、ハヌルの家族として生きられたこと感謝しろよ。」
そしてテウォ~~~~~~~ン・・・
シャンパンの割れたビンを手にぃ・・・ひぃ(((((;;゜д゜)

で、家では、ドンハ、コンの服をかしてもらってソファに座ってるんだけど皆にジロジロ見られて落ち着かないって感じ。
ハヌル「これでしょ?服は洗濯して明日返します。」
ドンハ「うん、それでいいよ。・・・・何??何???」
ハヌル「帰らないんですか?」
ドンハ「このまま帰れって?」
ヒョジュ「何それ?今来たばっかりなのに・・・夕食食べてってください。今日はご馳走ですから!いいよね?」
パパ「ハヌルのお客さんなんだ、そりゃ当然さ!」
ドンハめっちゃうれしそうに「それじゃあ、そうしましょうか??♡」
それ狙ってきたくせに(笑)
ハヌル「約束あるって言ってたじゃないですか!だからハンカチも必要だって・・」
ドンハ「あぁ・・その約束はキャンセルした!」
ヒョジュ「とにかくあんたも座って!お客さんに居づらい重さセルなんて・・・ところで、ふたりはどんな関係?」
ハヌル「関係なんてないわよ。ただアクアリウムで・・」
ドンハ「付き合ってます!」
みんな驚いてるね~~(笑)

と、コンが刺された!!!!( ̄□ ̄;)!!
早く部屋の中へ・・・!!!早くぅ~~~!
ってドラマ見てたときは思ってました!
でも回復早かったのであんまり心配はいらないかと・・・。

で、またしても家の中。
一瞬空気の流れが止まった(笑)
ヒョジュ「ホント?ふたり、ホントに付き合ってるの??」
ハヌル「付き合ってるなんて!!ふざけてるのよ。」
ドンハ「ふざけてるって?誰がふざけてるって!?」
MJ「いつそんな関係になったのよ!?ムカつくわ!」
ソンチャン「でもどうしてマルジャさんがそんなの怒ってるんですか?」
ハヌル「ふざけてるんですって!!どうしたんですか!?」
ドンハ「訂正します。今はまだ私だけ思ってることですがもう少ししたら付き合うことになります!」
パパ「ハヌルは本当にそういう気はないのか?」
ハヌル「おじさんまでどうしてそんなこと・・・」
ヒョジュ「このおじさん(ドンハ)笑えるわ!」
ソンチャン「それにしてもコンのやつ、シャンパン買いに行くくらいでこんなに遅いんだ?」
パパ「もう帰ってくる時間なのになぁ・・・」
ハヌル「ところで、今日は何の日ですか?」
パパ「何の日って、ハヌルお前が生まれた日だよ。」
ヒョジュ「知らなかったでしょ?今日はあんたの誕生日よ。」
パパ「バカなやつだけど、ホントの妹だからってお前の誕生日は覚えてやがった。」
ソンチャン「とにかく変なやつなんだって。未だにそんなの覚えてるなんてな。」
パパ「お前も見習え!妹の誕生日も親父の誕生日だってお前が覚えてたことあったか!?」

そんなこんな、コンが帰ってこないので心配してます。
ハヌルが見に行くと立つと、ドンハも一緒に行くと立つのでみんなは賛成(笑)
そうしてると、コンが帰ってきます。
腹を刺された姿で。
すぐに病院へ運ばれます。でも大丈夫でした。
パパ「ここまで来てどうしてこんなことが起こるんだ。。シドニーではあるまいし。。一体どこのどいつがこんなことしやがるんだ・・・」
ソンチャン「見て分かるでしょ。俺はあの野郎がこんなことするんじゃないかって思ってたよ。」
パパ「なんだ、お前心当たりでもあるのか?」
ヒョジュ「誰なのよ!コンにこんなことした奴誰なのよ!」
ソンチャン「誰って。韓国でコンのこと知ってる奴なんてほかにいるか?コンに恨みを持ってるやつなんてあいつを除いて他にいるのかよ。」
って、、、ソンチャンってバカかなぁ。
どうしてハヌルがいるところでこんなこと言えるんだろうか。
自分の妹しかかわいくないのねぇ。
ホントにコンのこと友だちって思ってたら、ハヌルの妹みたいに思えるのでは??
あ~~バカバカ!!
ヒョジュ「それじゃあ、ハヌルの家の人がこんなことしたの?あんた何も知らないの?」
パパ「まだはっきりしてないのにそんなまだわかんなにのに・・・」
ヒョジュ「はっきりはしてないけど状況的にはそうなんでしょ!」
ハヌルはテウォンのことを思い出して、病院から出ようとします。
ドンハも追いかけて止めようとするんだけど、
ドンハって押しが弱いっていうか、一歩足りないっていうか・・・
いつもそう思うんですけどねぇ・・・
結局行かせてしまいましたねぇ。
テウォンを探し出したハヌル。
テウォンの目つきで、こいつだって分かったようです。
テウォン「こんなとこに何の用だ?・・・何かあったのか!?」
ハヌル「どうしてあんなことしたの?」
テウォン「俺が何を・・・」
ハヌルはバッグでテウォンを叩きながら「どうして!?!?あんたが何様のつもりでお兄ちゃんに手を出したの!」
テウォン「お前どうしたんだよ!」
ハヌル「そうして人をあんな風にできるのよ!?」
テウォン「お前、どうかしちゃったのか?正気か?」
ハヌル「15年間苦しませればもういいじゃない!もう私だけでは足りなくて、お兄ちゃんまで苦しませるの!?」
テウォン「誰が誰を苦しませたって?」
ハヌル「あんたと一つ屋根の下暮らしてて、たった一日だって安心できたことはなかった。息苦しくて、顔色うかがって、怖さに震えながら、一日一日が地獄でうんざりだったのよ。でもね。私は何も言わずに我慢した。ただ我慢してたんじゃない。死んだあんたの妹、あんたが受けるはずだった愛、あんたのお母さんまで裏切るような気がして、いつも申し訳ないと思って借りを作ってる気がして我慢してたの!私さえ黙ってれば何事もなく過ぎていくから。あんたがかわいそうでダメになっちゃうから。覚えておいて!お兄ちゃんはダメ!他のことは我慢できてもお兄ちゃんを苦しめたら我慢できない!!またお兄ちゃんを苦しめたらそのときは黙ってないわよ。」
テウォン「黙ってないって、、何をするつもりだ?」
ハ「殺してやる。」
すがり付いてハヌルを引きとめようとします。
テウォン「お前、あいつがどんな奴か分かって言ってるのか?うちが金持ちじゃなかったらお前なんて迎えにこなかったさ。お前を餌に金を引き出そうとしてるんだ!!」
ハヌルが、それでも行こうとすると、
テウォン「まだ信じないのか?だったら父さんに聞いてみろ。あいつがお前を担保に何をしようとしてたのか。詐欺師なんだ、あいつは。お前が思ってるような兄貴じゃないんんだ!」
ハヌル「離して!」
テウォン「ヘウォン・・・こんなことしないでくれ。俺たち一緒にアメリカに行って暮らそう。アメリカに行って、ずっとむこうで暮らそう。あっちで隠れて暮らそう。」
ハヌル「完全に狂っちゃったのね。」
うん、狂ってるねヽ(  ̄д ̄;)ノ オテアゲ


病院ではコンにヒョジュの一家が付き添い。
コンが目覚めます。
ヒョジュ「大丈夫?痛い?」
コン「大げさな。どうして病院まで来たんだ?」
パパ「少しでもずれてたら、葬式してるとこだぞ。血が何杯出たかわかんないだろ!」
ソンチャン「よかったな。俺の言うこと聞かなかったときからこうなる気がしてたよ。」
コン「ハヌルは?」
パパ「あぁ・・・さっき何も言わずに出てったけど、どこに行ったかはさっぱり。。」
ヒョジュ「ホントにハヌルの家の人がコンをこんな目にあわせたの?」
コン「どういう意味だ!?」
ソンチャン「睨むことないだろ!言わなかったら分からないと思ってんのか?泥か味噌か味見しないとわからないか?あいつだろ?ハヌルの兄さんあの野郎だろ?」
コン「ハヌルがそれ聞いて出てったんですか?」
パパ「あぁ・・そうだったな。」
コン「あの子の前でどうしてそんなこと言ったんだ!?出てってどれくらい経った?」
ソンチャン「知るかよ!」(ひっでぇ~。)
コン、心配で起き上がります!
妹ラブだなぁ・・・相当痛いだろうに。
皆がコンを阻止しようとしてると、ハヌルが帰ってきます。
ハヌルはコンの元気な姿見てコンにそっと抱きつきます。
コンもそっと抱きしめましたね~♡
パパとソンチャンはヒョジュを強制退去させる(笑)
ヒョジュ「私帰らないって!コン残して帰れない!」
パパ「コンと一緒に葬儀でもするつもりか?病気の子が看護なんかできるもんか!」
ヒョジュ「私は大丈夫だから連れて帰るなら、ハヌルを連れて帰ってよ!」
ソンチャン「ちゃんと聞け!今お前の甘えを聞いてやる気分じゃないんだ!わがままも状況考えて言えってんだ!早く帰るぞ!」
車中。
ソンチャン「コンの奴、どうしたんだ?前はあんなんじゃなかったじゃないか!いつも何か仕事しながら感情的になったことってあったか?感情排除!速戦即決!それがコンだったろ。」
パパ「今が仕事と同じだと思ってるのか?今は妹のことじゃないか!」
ソンチャン「妹だって?正直いって血はつながってないんだから。一緒にいる理由ある?全くの他人なのに・・・ヒョジュ、お前も見たよな?起きてまずハヌルを探したんだ。俺たち透明人間だったぞ。どう考えてもおかしい・・ありえない理由でことを長引かせてるんじゃないだろうな・・・幻相手にリンチされたんじゃないのか?ナサが完全に関わってるな。」
パパ「変なこと言ってないで運転に集中しろ!」
ソンチャン「父さんはまったく・・・ちょっと待て・・・まさか・・・」
パパ「まさかなんだ?」
ソンチャン「あいつ、ハヌルに妹以上の気持ちがあるんじゃないかな?」
パパ、ソンチャンを殴る。
ヒョジュ、めっちゃ不安そう・・・

病院ではベッドに座ったコンとハヌル。
コン「どこ行ってたんだ?どこ行ってたんだって??」
ハヌル「ちょっとぶん殴ってきた。お兄ちゃんをこんな目に合わせた人。二度とこんなことはないわ。私がひどい目にあわせてきたから。」
コン「ひどい目って何を?」
ハヌル「またお兄ちゃんを苦しめることしたら黙ってないって。」
コン「お前、そんなことして何かあったらどうするつもりだよ!」
ハヌル「すんごいびっくりして、ぺこぺこ謝ってたけど?」
コン「二度とそんなことするな!あいつがいつ現れるか分からないのに・・・危険だ。」
ハヌル「もう会うことないもの・・・」
コン「とにかく!そうだ・・・」
と、綺麗な箱を出すコン。
コン「誕生日にあげるつもりだったんだけどな・・・過ぎちゃったな。開けてみろ。ちょっと古いんだけど、何度も俺の命を救ってくれたネックレスだ。迷信だけどサメの歯を見につけておくと不幸からその人を守ってくれるらしい。これからはお前がつけとけ。」
ハヌル「お兄ちゃんは?」
コン「俺?俺はもうお前がいるだろ?お前がいるのに、不幸なことなんて何もないだろ?」
ネックレスをはめてあげて、コン「誕生日、おめでと。」

就寝後・・・
ハヌル「お兄ちゃん、、寝た?」
コン「何?」
ハヌル「私、お兄ちゃんに謝ることがあるの。私、変なこと考えてたの。私はお金持ちじゃなかったら、お兄ちゃんは私に会いに来たかなって。わかってる、バカな考えだったってこと。だから今、こうやって謝ってるの。」
コン「どうしてそんなこと考えたんだ?」
ハヌル「なんとなく、今こんなに幸せなのが信じられないからそんなこと考えたのかも。なぜか幸せすぎると、これは夢なんじゃないかって、疑っちゃうことってあるでしょ?でも、さっきお兄ちゃんが倒れるの見たら、それが何よって思えたの。今、私の傍にお兄ちゃんがいること、それが大事なのに。・・・怒った?・・・怒ったんでしょ?」
コン「いや、怒ってないよ。怒ってないからもう寝ろ。明日仕事だろ?お前、またそんなこと考えたら、今度はホントに怒るぞ!」

ドンハは家に帰って、今日渡せなかったプレゼントを見ながら微笑んでます。。
コンはハヌルの寝顔を見ながら、自分に怒りを感じてるのかなぁ。。。
なんか辛そうです

ハヌルの養母ですが。。。
どうしてこんなに分かってないの??
ハヌルを迎えに行った時は、もうテウォンは大丈夫だからとか言っておきながら、
ここでは「ヘウォンを連れ戻してください!そうすればテウォンも帰ってきますから!」
だって。
だからテウォンの気持ち知ったのに、どうしてわからないんだぁ~~ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!


朝、ハヌルは出勤の準備してます。歯磨きしながらコンに指示(笑)
「おじさんとソンチャンさんがすぐいらっしゃるから朝ごはんちゃんと食べてね。」
「病院のごはんがおいしくないからって残さずにね。」
「この前みたいに抜け出そうとしたらダメだからね!」
コンはもういいよって感じ?でも嬉しそう♡
コン「お前、顔あらわないのか?」
ハヌル「すぐ水の中に入るのに関係ないわ。」
コン「女のくせに・・」
誰かが病室に来たと思ったらドンハ~~♡
ハヌル「どうして、ここに?」
ドンハ「病気じゃない人がどうして病院に来る?そりゃお見舞いに決まってるだろ。これ、受け取れ。・・・あ、お体の具合はどうですか?」
コン「あんた、何だよ。」
ドンハ「あ!顔は何度もあわせてるのに、自己紹介をしてませんでしたね・・・カンドンハと言います。」
コン「ここに何しに来たんだって!」
ドンハ「覚えてらっしゃいませんか?私もあの場にいたんですが・・・」
ハヌル「ちょっと用事があって、すこぉ~しだけ部屋にお入れしたのよ。」
コン「で?」
ドンハ「それで、心配で、そのまま会社には行けないでしょう。」
コン「あんたがどうして俺の心配を?」
ドンハ「いや、お兄さんを心配してるんではなくて、ハヌルが心配で・・・すぐにでも倒れそうだったんですよ、ずっと。でも来て見たら大丈夫そうですね。良かったよ。」
コン「どうなってるんだ!この人何行ってるんだ?」
ハヌル「なんでもないわよ。」
ドンハ「お前、何も言ってないのか?私たち付き合うことになりました!」
コン「はぁ!?」
ハヌル「いや、ふざけてるのよ・・まったく!どうしてそんなこと言うんですか!!」

そこにパパ、ソンチャンが。
パパ「あれ、主任も来てらっしゃる!奥さんがかわいいからって、奥さんの家族のことにも礼節をおこたらないってことかな・・・朝っぱらからお見舞いにまで来て・・・ご苦労なこおですな~!」

ふたりで出勤!
ハヌル「ホントにどういうつもりなんですか?冗談も過ぎると暴力になるの知りません?」
ドンハ「誰が冗談だって?冗談じゃないって。」
ハヌル「じゃあ、本気で付き合うつもりですか?主任と私が?」
ドンハがハヌルのマネして、自分とハヌルを指差してるとこツボ(笑)
ハヌル「私のことどれだけ知ってるっていうんですか?」
ドンハ「お前は、相手のこと全部知らなきゃ愛せないって思ってるのか?人ってのはな、全てを知ってしまうと愛せなくなるもんだ。愛は分かり合うものじゃなくて、理解しあうものだからな。」
ハヌル「それじゃあ、私のこと愛してるんですか?」
ドンハ「これから愛そうと思って・・・」
ハヌル「私は、誰かに対してそういう感情が生まれれば、少なくとも好奇心くらいはわかないといけないって思うんです。」
ドンハ「そうだ!それだ!好奇心!!俺もそれから始まったんだ!」
ハヌル「でも私、主任に対して好奇心のかけらも持ってないんです。」
ドンハ「まったく??」
ハヌル「まったくないです!」
ドンハ「これっぽっちも?」
ハヌル「米粒ほどもです。」
ドンハ「そんなの困るんだけど。・・じゃあ、仕方ないな。今から持て、好奇心。(時計を見て)や~遅刻だ!走るぞ!」
あ~ん、こんな告白受けて見たい♡
素敵!
強引な告白ってかっこいい人がしたらすんごいかっこいいけど、これがどうでもいい人だったらめっちゃウザイんだろうな~(笑)

コンはというと、おかんむり!
コン「あいつ何なんだよ!狂ってんのか?どういうつもりでハヌルと付き合うなんて言うんだよ!」
パパ「そこらへんにして、早く飯食え!」
コン「会ってから間もないのに、あいつに主任主任言って・・・」
ソンチャン「いや、俺は、ハヌルの職場の上司だからと思って・・・お前、なに大げさなんだ!気持ち悪くも、ムカつくとこも、横柄な態度だって全然ないし、欠点ないじゃないか!」
パパ「そうだ!俺が見ても愛想がよくていい人そうだったじゃないか。」
コン「何が大丈夫だよ!じゃあ、おじさんはヒョジュがあんなやつと付き合っても平気なんですか!?」
パパ「そうだな!お前みたいな奴より100倍はいいぞ!♪・・いや、私的な感情は抜きにして、客観的にな・・・」

ドンハの運転で水族館まで来たハヌル。
ドンハ「もう少し穏やかな顔しろ!笑顔で手を差し出してるのに、どうしてお前が怒ってるんだ?」(ここ訳が適当です・・・)
ハヌル「何ですって?」
ドンハ「警告したのに、それ無視して、境界線こえたのはお前なんだ。俺ははっきり警告したしな。」
ドンハ「俺は裏口から行かなきゃな。社内カップルが一緒に出勤したらあやしいだろ?うん、あやしい。・・・あ!これ誕生日プレゼントだ。」
ハヌル「あの!」
って言うんだけど、ドンハ、あやしい動きしながら行ってしまいます(笑)
もらった箱を開けると、従業員証が♡
会社の中に入ると、養父が待ってました。
あ~~~~もうこの顔みると、ゲンナリするよぉ。
養父「元気そうだな。」
ハヌル「ごめんなさい。」
養父「困ってることはないか?」
ハヌル「はい。」
養父「テウォンからは連絡はないか?特に変わったこともないか?」
ハヌル「はい。」
養父「母さんが辛そうだ。」
ハヌル「ごめんなさい。」
養父「オーストラリアに行くってのはどうだ?」
ハヌル「はい?」
養父「母さんもテウォンもそうだが、お前が遠くにいれば諦めもつくだろう。縁を切ろうとしてるわけじゃないから誤解はするな。オーストラリアでの生活は快適に出来るようにするつもりだ。遠くに離れて生活すれば、気楽に会える日も来るだろう。よく考えて、ソくん(コン)を説得してみてくれ。先に帰るな。」
あ~。。絶対ハヌルのことかわいいとは思ってないわね、この養父。


ヒョジュはアルバイトを始めました。
ウエイトレスですね。
注文を聞いたあと、ステーキを2枚自分用に頼むヒョジュ。
こういうとこはかわいいんだけどな~。
コンが絡むとだめなんだよな~
病院に来たヒョジュは、コンが退院したことを知って、慌てて家に帰ります。
コン「どこに行ってたんだ?病院にも来ないで。」
ヒョジュコンを叩く!!怒鳴る!!
コン「なんだよ!俺はまだ患者だぞ!」
ヒョジュ「患者なら病院にいるもんでしょ!どうしてここにいるのよ!何をそんなに偉そうに、勝手なことするの??」
コン「痛いって!」
ヒョジュ「憎くてしょうがないわ。」
コン「俺たちがいつからそんな金持ちになったんだ?保険金がもらえるわけでもないのに。」
ヒョジュ「ホントに大丈夫?」
コン「どこに行ってきたんだよ?」
ヒョジュ「男に会ってきたのよ!何よ!!」
コン「そりゃいいな。」
ヒョジュはコンに抱きついて「心配してたのよ。ハヌルのせいで傍についててあげれなかったから。」
コン「ところで、何の匂い??」
ステーキを出すヒョジュ。


ハヌルは、バスの中で養父に言われたことを考えてます。。。
どうするつもりでしょ・・・。
悩むところだよね。

家では、コンとヒョジュがステーキを食べてます。
ヒョジュ「今からでも。私はコンがもうやめてほしい。もうやめない?」
コン「このステーキ、めっちゃ美味いな!どこで買ってきたんだ?」
ヒョジュ「プライドが傷つく、ふざけた質問だけどさ、あんたもしかしてハヌルに。。。」
そこにハヌルが帰ってきます。ハヌルの驚いてます。
ハヌル「どうしてここにお兄ちゃんがいるの?病院はどうしたの?」
コン「お前どうなってるんだ?あいつとホントに付き合ってるのか?」
ハヌル「つきあってるなんて・・・違うわよ。」
コン「違うのに、どうして病院にまで来てあいつがあんなこと言ったんだ?」
ヒョジュ「あのおじさん病院まで来たの?」
コン「お前、一体どんな付き合いか足してたら、あんな奴がお前に手を出すんだ!?違うなら違うって最初からはっきり言わなきゃいけないだろ!お前が隙を見せるからそこにつけこまれるんだ!少しでも隙を見せれば声をかけてくるんだよ、男ってのはな。男なんてみんな同じなんだよ!」
ヒョジュ「あんたおかしいわよ。じゅあ、ハヌルは一生男と知り合えないまま生きろってこと?」
コン「そういうこと言ってるんじゃないだろ!付き合うにしてもちゃんとした男と付き合えって言ってるんだよ!」
ヒョジュ「あのおじさんのどこが悪いの?あの年でアクアリウムの主任なんて能力もあって人間性もあるってことじゃない。この前見てても性格も良さそうだったじゃない!」
コン「性格がいいだって!?話にならん!男のことは男の方がよく分かってるんだ!俺が見た時、あいつは礼儀がなってなかった!あいつ目でそっと笑ってたんだよ!どこを見てるんだ!?よくもそんな分際で!」
ハヌル「もういい加減にして!もうやめてよね、ちゃんと言っておくから。」
と言って部屋に上がっていくハヌル。
ヒョジュ「あんたおかしいわ。」
コン「何が!?」

部屋に来たヒョジュ。
ヒョジュ「下りてきて。ご飯にしよう。」
ハヌル「食欲ないわ。」
ヒョジュ「そんなこと言わないで。。コンもかわいそうよ。」
一度出て行ったヒョジュだけど、再びドアを開けてハヌルを睨みつけてます。
ヒョジュ「それ何?何って言ってるの!」
ハヌル「お兄ちゃんが誕生日プレゼントでくれたんだけど・・・」

お風呂場で傷のガーゼを交換してるコン、そこにヒョジュが入ってきます。
コン「何だよ。」
ヒョジュ「どうしてよ!ネックレスよ、私のネックレス!」
コン「ネックレスがなに?」
ヒョジュ「私のネックレス、どうしてハヌルがつけてるの?」
コン「あれがどうしてお前のネックレスなんだよ。」
ヒョジュ「私にくれるって言ったじゃない!結婚したら指輪の変わりにあのネックレスくれるって言ったじゃない!」
コン「それはお前が勝手に言ってたことだろ。俺はお前にやるって言った覚えはない。」
ヒョジュ「コン、ホントにどうしちゃったの!?」
コン「お前こそたいしたことじゃないのにどうしたんだよ。」
ヒョジュ「大した事じゃないから返してもらって!」
コン「違うの買ってやるから。」
ヒョジュ「違うのはハヌルに買ってあげて、私のネックレス取り返してきてよ!」
コン「ヒョジュ、あのネックレスは・・・」
ヒョジュ「私のためなんでしょ!ハヌルあの子を探したのだって私のため、家の帰らせないのも私のため、こんな風にだらだら長引かせてるのも私のためなんでしょ!だったら、大した事じゃないネックレスも私のために返せって言ってよ!」
コン「ダメだ!お前そんなこと言うんだったら今すぐソンチャンとこに帰れ!こんな大した事ないこと気にして騒ぐのならハヌルとこれからどうやって一緒に暮らせる!?」
ヒョジュ「私がわがままでこんなこと言ってると思ってるの!?」

ハヌルが部屋に入ってくる・・・
ハヌル「ふたりとも、どうしたの?」
コン「ハヌルは部屋に戻ってろ。」
ヒョジュ「ハヌル、あんたはどうするつもり?」
ハヌル「何が??」
コン「ハヌルは部屋に戻れって言ってるだろ!」
ヒョジュ「あんたはまだ知らないだろうけど、私病気なの。遅かれ早かれ手術受けなきゃいけないの。」
ハヌル「うん、聞いた。」
ヒョジュ「だけどね。」
コン「お前、どうして!?」
ヒョジュ「私たち、オーストラリアに行かなきゃいけないの!」
ハヌル「ここで手術受けられないの?」
ヒョジュ「今まで治療受けてきた病院もオーストラリアにあるし、私たちはしばらくの間だけ、あんたに会いに来たの。ずっとここで暮らそうと思って韓国に来たわけじゃない!」
コン「黙れって言ってるだろ!」
ヒョジュ「あんたはどうするのよ!私たちがみんなオーストラリアに帰ったらあんたはどうするのって!」
ハヌル「どうかな・・・まだ考えたことないから・・・」
ヒョジュ「あんたは家に帰らなきゃいけないんじゃないの!?今まで育ててくれたご両親のこと考えれば・・・」
コン「俺は戻らない!」
ヒョジュ「何ですって?」
コン「俺はもうオーストラリアには帰らない!ハヌルとここで暮らす!」
ヒョジュ「じゃあ私の手術は?」
コン「韓国で受けろ。病院は今調べてるから。」
ヒョジュ「いや!オーストラリアで受ける!」
コン「だったらひとりで帰って受けるんだな!どうなろうと手術費は俺が用意してやる。ここで受けるも、オーストラリアで受けるも勝手にしろ!はっきりしてるのは、俺が二度とオーストラリアには帰らないってことだ。」


そして、子供時代。
施設にて、コンとハヌルが、たくさんの子供に混じって寝ています。
ハヌルが夜中にひとり泣いてるんですね。
それをコンが慰めてます。
コン「ハヌル、泣くなよ。」
ハヌル「お兄ちゃん、ホントにお母さんとお父さん死んじゃったの?もう会えないの?」
コン「ハヌル、兄ちゃんが面白いの見せてやるよ!上見てみろ。」
そういって今は懐中電灯で天井に貼ってある魚のシールを照らして見せてあげます。
ハヌル「わぁ~きれい。」
コン「何が見える?」
ハヌル「お魚、ヒトデ、亀!」
コン「きれいだろ?」
ハヌル「うん!すごくきれい!」

ハヌルが寝てるとコンが起こします。
コン「しー。兄ちゃん、ちょっと行ってくるから、泣かずに待ってろよ。」
ハヌル「どこ行くの?」
コン「父さんの会社に行ってみようと思って。そこに行けば僕達を助けてくれる人がいるはずだから!」
ハヌル「だったら私も一緒に行く!」
コン「ダメだよ。すぐに帰ってくるから。」
ハヌル「すぐっていつ?」
コン「明日・・・いや、あさって・・いや、遅くても10日たてば帰ってくるよ。」
ハヌル「10日も?」
コン「兄ちゃんのこと信じるよな?」
ハヌルうなずく。
コン「泣かないで待ってられるよな?」
ハヌルうなずく。
コン「約束できるな?じゃあ、兄ちゃん行ってくるな。」


これは、コンとハヌルの15年前の別れの日だったんだ。。。
あぁ悲しいな。
これから15年もふたりは会えないで、辛い日を送ることになるんだね。
ハヌルの背中が、まだ7歳くらいなのに、哀愁漂ってる気がするよ。


ここで終わりです。

こうやって見てみると、これドラマにセリフと同時に表示されたら
字幕できそう(笑)
セリフ追いすぎかな・・・・
もっと簡単にかけないかな・・・
無理そうだ・・・・
なので、今回は時間かかっちゃいました。
色々予定も多く。
アメリカ人の友だちが、久しぶりに日本に来て歓迎パーティーしたり、
友だちとお酒飲んだり、
またしても「ダヴィンチコード」見に行ったり。
楽しかったけど、韓国ドラマ見る時間がなくて、ちょっとストレスが。
もう韓国ドラマ中毒ですよ。
見ないと禁断症状が(笑)
「花火」の12・13話も見てないし、
「ある素敵な日」の9・10話も見てません
そんでもって友だちに借りた、イチローが出た古畑任三郎も見たいのに・・・
て、これはもう半年くらい前のドラマなのでいつ見ても大丈夫なんですけど。
そしてやっと卒論の文献集めが終わりました・・・・
あ~大変だったなぁ。
分厚い本を15冊くらい見ました・・・文献の目録だけですけどねぇ
図書館で、その本を積み上げてひとりその目録に目を通してたとき、
通りがかった友だちから、すごいね!って目で見られてちょっと優越感感じてみたり(笑)
でも、それだけで疲れた私って、文献に目を通す作業が大変そうだ・・・・。

よし!
じゃあ、次は8話!!
皆さんはもう10話までご覧になったんでしょうか??
あ~私も早く見たいな~~♡

スポンサーサイト

COMMENT

花火も見てるんだね。
あれ・・・おもしろくない・・・
といいつつ、見てしまうんだよね ~!!
だって、進展がないし、ミレがだっきらいで、どこかに行ってほしいわ、まったく!!

 いそがしくしてるのね。
私は、なんだかんだと、ドラマ見る時間、けっこうあるもんね。

 せりふ、よくわかりました。
そっかぁ・・・やっぱり、詐欺師だよね。コン・・・・
ハヌルのこと、今は大好きだけど・・・

 これから、もっとドンハ出てくるよ。
だけど、主役がコンとハヌルなら、ドンハはこれから、失恋という悲しい運命?
それは、かわいそうだからやだなぁ・・・
だって、いい奴なんだもん♪
2006/07/03(月) 01:12:25 | URL | ♪ゆみぽん♪(^-^)ノ #- [Edit
りんださん、早々と7話をありがとうございます~
朝イチでパソコン立ち上げたら見つけました、ラッキー!
あとでゆっくり読ませて頂いて、また来ますね。
今、このドラマが一番気になる、一番見たいドラマかもしれない。
テレビのドラマよりはまっちゃったようです。
10話まで見て、ドンハの出番がぐぐ~んと増えてたんで、あぁ、りんださんはじめドンハ派のみなさんの喜ぶ顔を想像しましたよ!
そのかわりコンは急に減りましたけどね、残念。
でも、この先はやっぱりコンがどういうふうに動くかでストーリーが面白くもなり、つまらなくもなり・・・コン、責任重大だと思います。
出番増えるだろな~、また今週は。。。期待してます。
2006/07/03(月) 06:21:32 | URL | Aki #ObzSA5Ic [Edit
 ニュースです♪
ナム・グンミン君は、本当の名前は、ナムグン・ミンというのだそうです。
苗字を漢字で書くと南宮と書くのだそうです。
 韓国の苗字は短いと思って、勘違いして、ナム・グンミンと間違って載せてしまっているところが多いんだそうですよ。

 このことが、雑誌に載っていたそうです。
2006/07/03(月) 11:46:11 | URL | ♪ゆみぽん♪(^-^)ノ #- [Edit
 先ほどのニュースですが、その後、教えて下さった方が、いろいろ調べてくれて、表記が様々で、確定は出来ないということでした。(^.^;
ナム・グンミン
ナムグン・ミン
どっちなんでしょうね?

 もう一つ、ニュース見て来たのですが、彼も今年中に入隊予定だそうです。
なんだか、悲しいです。
2006/07/03(月) 13:50:36 | URL | ♪ゆみぽん♪(^-^)ノ #- [Edit
りんださん、一気に読みましたよ。
すごいボリュームなのに、セリフを逐一丁寧に追ってくださってるのでシーンが目に浮かびます。
りんださんは学生が本業なのに、これってもうプロの域に達してるんじゃないでしょうか、韓国語字幕付けの!
レビューとして読ませていただいてるので、りんださんの負担にならない範囲でのあらすじとか感想(ツッコミ)で充分ですよ~無理しないでね。
私は、この回あたりまでのコンとハヌルの関係が好きです。
コンは真実を知ってて、一生懸命良いお兄ちゃんでいよう(内心は複雑ながら)として、ハヌルはお気楽に妹としてお兄ちゃんに甘えて頼って、時々、コンが妹として接しなきゃいけないと承知してても、ふっとした隙に本音が見え隠れして、それが何ともかわいかったり、切なかったり。
ドンハのセリフって本当に面白いんですね、こうやって字面で読ませていただくと。
彼独特の持論の展開っていうか、理屈っていうか、ハヌルに対して強引なようでいて、いつもどぎまぎしてたり。。。
りんださんのハートマークがいっぱいくっ付きそう!
2006/07/03(月) 16:18:55 | URL | Aki #ObzSA5Ic [Edit
重宝してます
私がこのドラマを見るときは、リアルタイムでひとまず視聴します。 (このときは全画面で)
二度目はりんださんの訳をPC画面の右側半分に持ってきて、動画は左側に小さく出して視聴します。
りんださんの訳は画面展開にとても忠実なので、もう字幕付きで見てるみたいですよ。
セリフのやりとりでストーリー展開できてるとこなんか目指せ脚本家だと思います。
2006/07/04(火) 00:14:56 | URL | ふくりん #GXSry8pY [Edit
お久しぶりに!
がんばって、忙しいのに更新してくれてますね。いつもながら、サンキューです。
どんどん、このドラマの展開は面白くなってきましたね。
りんださんやみんなが、ドンハって言ってるのがよくわかるわ。
うん、このドラマは両方の俳優がいいので、難しい選択v-10
ナムグンミンは、「卑劣な通り」にも出てるんですね。
超、売り出し中の俳優なのに、軍隊いっちゃうの・・・・残念!

いつもなら、迷わない方なんだけど、これからのドンハの行動によっては・・・・・
でもでも、やはり、コンの過去の複雑な心境を思うと、やはりまだコン派です。
妹だといいながらも、思う気持ちは妹以上だけど、大切にしようとしてるし、せつないです。

最後の子供の頃の二人が本当にOSTとともにいつも楽しみになってます。
なんて、いつも、やさしいオッパなんでしょう。無償の愛は純粋で、子供の頃だとまたそれにもまして、美しく感じちゃいます。
ほのぼのシーンなんだけど、これ見ると泣けるピグです。v-409

これ見ると、水族館に行きたくなって仕方ありません。
ではでは、また遊びにきます。今日は、「朱蒙」で号泣きでした。
とうとう、「ヘモス」空へ・・・・・・・・。
2006/07/04(火) 00:45:03 | URL | ピグママ #- [Edit
キモ兄さん、やってくれちゃいました
いやぁ、アブナイやつとは思ってましたけど、ここまでするとは。
段々コンがハヌルのことになると冷静ではいられなくなってきてますね。後にドンハもハヌルに言ってますけど、あれは兄の態度じゃなく、ナムジャチングのようです。結構、ヒョジュにもキツイこと言ってたし。あのオーストラリアには戻らないから手術は韓国でもオーストラリアでも好きにしろ。はいくらなんでもかわいそう。10話まで観たところ、段々ヒョジュがかわいそうになってきてますね。
そして、ドンハは素敵v-238私もハートマークつけちゃいます。彼が出てくると癒されますわん。そんなナムグン・ミンしの話題をひとつ。たいした話題でもないんですが、韓国のインターネットサイトのアンケートでテレビから映画に進出した俳優で期待される人は?で「マイガール」のイ・ドンウクしにつづいて2位に選ばれてました。やくざ関係は苦手なくせにすっかり「卑怯な通り」観たくなってます。

「花火」はいよいよ残すところ2回になりました。もう、ミレが腹立たしいったら。ここへ来て断然ナラがまともです。ってここのところ観るたびに文句を言ってる気もしますが結局、最終回まで観てしまうことでしょう。

先週末からついに「宮」の字幕付放送が始まりました。イベントの模様だとか色々特集番組があって、ドラマ自体はまだ2話の途中までしか観ていないのですが、最後まで観たら改めて「宮」のとこに感想書きますね。

いよいよ卒論ですか。私も10数年前に書きました。英米文学科だったので、英語で要約をつけて提出しないといけなかったりで大変でしたが、やってよかったと思っています。この時が一番一生懸命勉強したかも。りんださんもきっといい思い出になると思いますよ。

「ダビンチコード」ようやく今週末に観に行くことに。こちらも観たら感想書かせてもらいますね。

2006/07/04(火) 00:53:11 | URL | kotoko #- [Edit
♪ゆみぽん♪さん
花火、見てますけど・・・・私も正直あんまり面白くないです。
そして、ミレにイライラするのでレビュー書いても文句ばっかりになりそうでレビューも書いてません。。
でも途中経過は書こうかと思ってたのに、書く気も起きないし(笑)、時間もない!
でもドラマは見てますよ~!v-221
コンは最初がダメでしたね。なので、今もハヌルに負い目を感じてしまってますからね~。
これからドンハの登場が楽しみです。。
でも最近、このレビューもリアルタイムに遅れつつありますよね~あは^^;
今、何話が放送済みなのかわからなかったりします(笑)
2006/07/04(火) 23:35:11 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
Akiさん
朝イチで覗いてくださるなんて嬉しいですv-10
私も「宮」以来、楽しめるドラマに出会えて嬉しく思ってます!
私も日本のドラマよりハマってますよ~~e-343
10話まででドンハのシーン増えたんですね!きっと、視聴者の意見で台本が書き替えられたんでしょうね~~v-398
でもコンのシーン減っちゃったんですか!?
それよりヒョジュのシーンを減らして・・・ヒョジュの家族のシーンを減らして・・・なんて思っちゃいます(笑)
まだ私は8話までしか見てないのですが、本当にこれからが楽しみです♡
このドラマは今まで見たドラマの中でそういう面(これからの展開が楽しみというか予想できないっていうか)で一番だなって思います。
2006/07/04(火) 23:43:38 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
♪ゆみぽん♪さん
ナムグン・ミン!?ナム・グンミン・・・
韓国って名前も難しいですよね。
3文字っていうイメージがあるので、2文字だと、これは名前!?とか思ってしまいます。
「宮」のシンとか、ユルとか、インとか2文字ばっかりの名前で最初はびっくりしたものです・・・
最近は「宮」のおかげでそういう名前もあるのね~ってわかりましたけどね♪
それから!彼、入隊するんですか!?えぇ~~~e-327びっくりです!
せっかく今、いい時期なのに・・・って大きなお世話かなe-263
でもせっかく・・・ですよね~。。
2006/07/04(火) 23:50:38 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
Akiさん
いえいえ~~。
韓国字幕つけのプロは、わかり易いように短くできるんですけど、私はダラダラセリフ訳しちゃうんですよね~v-408
結構どうでもいいドラマは、今まではレビューのみってこともあったのですが、今は好きなドラマは翻訳っぽくなり、あんまり好きじゃないドラマは感想も書かなくなっちゃいましたv-389
ここまでのコンとハヌルは確かにいい感じ!ちょっとハヌルが疑っても、コンの熱い思いが払拭しちゃいましたからね。
でも8話見て「どうして!?」と思ったんですけど、、、、おっと、、8話の話は8話のレビューでv-392
ドンハのセリフって、日本語で、それも字で書くと、面白さ半減してしまうので、どう書けばいいのか、いつも悩みます!
あの絶妙な間と、仕草もふくめて表現できないのが悔しかったり・・・
でも彼、いいキャラしてます!あれは演技なのか、彼自身のクセなのかちょっと気になります♡
2006/07/05(水) 00:02:26 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ふくりんさん
お役に立ってるようで、うれしいです!
でもところどころ、省いてるんですよ~ヒョジュのパパとソンチャンの話など・・・(笑)
でも私も見直すとき、そうやって見直す時があります( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
サラッと聞いても聞き取れないときがあるものでe-263
え~~めざせ脚本家ですか!!
私にそんな文才ないですよv-402テレテレ
また8話、お役に立てるようにがんばりまぁ~~すv-411v-221
2006/07/05(水) 00:07:10 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ピグママさん
忙しくても、好きなことって苦にならないんだな~って韓国ドラマにハマって気付きましたv-354
ドラマ見ながら訳してる時、楽しいんですよね~~e-343
よく翻訳間違ってますが(笑)

ホント、ナムグンミンしが軍隊行くのショックです~~!
だってせっかく売れ出して、きっとこのドラマで更に人気が出てきただろうに・・・
ま、もっと前から予定していたことなんでしょうけどね。
コンの優しさと激しさって、時々悲しくなるときがあるんですよね。
子供時代のコンは優しい、穏やかな男の子だったのに、オーストラリアに行って苦しい生活を強いられてあんな性格になったんだろうな~って思うと、、、複雑な気持ちになります。
ドンハは大事なときに押しが足りなくて、ヘマしちゃってる気がするので(8話まで見て)、これからもっとしっかりハヌルに食らいついてほしいです(笑)
ドンハ、コンに認められないかな・・・認めてくれないかな・・・無理かな・・・v-406

あ、「じゅもん」のニュース見ましたよ!!
ヘモス、お空に行ってしまったのですね・・・。
これ、KNで見るのが楽しみです!かなり話題になってますもんね!!☆
ヘモスが渋くてかっこいいし、、でも私、まだドラマの中で主人公のふたりを見てないんですよね。
そこまでねばれませんでした(笑)あ~時代劇の苦手意識がさらに激しくなりました。。。
2006/07/05(水) 00:18:51 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
kotokoさん
やってくれちゃいましたよ。。ソンチャンの言うとおり、こんな風なことするとは思ってましたけど、、ねぇ・・。
10話まで見たら、私もヒョジュのことがかわいそうに思えるでしょうか・・v-12
でも8話まで見て、ハヌルの態度に少し???なとこがあるので、ヒョジュもかわいいと思えるかな~とは思ってるのですが、どうだろうな~~。
ドンハは、確実に素敵ですv-10
彼って、見た目だけじゃなくて、セリフ回しがなんとも独特で、そういうのが胸をグサッと刺すんですよ~~v-347
彼のこのドラマでのセリフ回しって、クセなのか、このドラマの役作りなのか気になりますv-398
これは他の作品を見てみないとわかりませんよね~~何を見ようかな♡

「花火」!
私も、もうミレにイライラしてます!あんなにすんごい豹変ぶりは、韓ドラでも久しぶりに見ましたよ。私も見ながら、ブツブツ文句言ってみたり、怒りで発狂したり(笑)してますv-313
でも同じく、最後まで見てしまいそうです。。。どうか、インジェにミレの正体を知ってほしい!!
そして、ナラに幸せになってほしいです☆

卒論は、私は日韓関係のことにしました!法学部なので、歴史問題ですね。
韓国人の友に、なんとなくこの話題をふれません(爆)
今は就活があるので、集中できないのですが、秋からは集中しなければ・・・
うちの大学、卒論を書かなくても単位さえ取れば卒業できるという、変わった大学なので、書かなくてもいいのですけど、やりきったっていう達成感を持てるゾって教授から言われたので書くことにしました(笑)
がんばります!!!

映画の感想も楽しみにしてます~~v-344v-398
2006/07/05(水) 00:35:54 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
花火
 男どもは、なんでミレが好きなの?
男どもの目は節穴?
ナラがかわいそうすぎる。。。
 お決まりの展開じゃなくするためにそうしたのかな?
でも、おもしろくなかったら、だめじゃん!!
花火のように、最後はぐぐーーーっと盛り上がるのかとおもって、視聴をやめられません。(ToT)
2006/07/05(水) 00:48:29 | URL | ♪ゆみぽん♪(^-^)ノ #- [Edit
♪ゆみぽん♪さん
ホント、スンウはミレの正体知っても好きだし、インジェは分かってないし。
どっちもダメです!((ヾ(≧皿≦;)ノ_))
ミレは裏表が激しいのでダメなんですよね~!
ナラも悪いことしたけど、もう少し納得できる理由があったから、性格悪いなとは思っても、ミレほどは嫌いっては思いませんでしたね。
ミレのやってることは共感できないのできっついですね。

>お決まりの展開じゃなくするためにそうしたのかな?
話見てて、私もそう思いました!
確かにお決まりの展開ではないんですけど、、、だから期待して見ちゃうんですけど・・・
ホント、花火みたいなの期待です!どっかぁ~~んとですよねv-398
2006/07/05(水) 01:17:30 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

りんだ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



Recent Comments



Recent Archives



Categories



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Links

このブログをリンクに追加する



Copyright © **りんだの気まぐれ日記** All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。