10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「어느 멋진날( ある素敵な日)」13話

2006.08.20 *Sun*
お久しぶりですヾ(≧∀≦)ノ

やっと書きました~~!

ではではさっそくレビュー。
前回の続きで・・・

テウォン「俺の実の妹!ヘウォンは親父の娘だ。お前とは何の関係もないヘウォンが、俺と血の繋がった妹だって言ってんだよ。」
コン「おかしくなったんだな。。ちゃんとしたこと言えよ。。何?誰が誰の妹だって?誰が誰の娘だって?そんなふざけたこと言ってるとぶっ飛ばすぞ。」
コンはそう言ったものの、やっぱり気になってジングォンのところに行きます。
コン「変な話聞いてな・・・さっきあんたの息子が自分とハヌルが実の兄弟だって言ったんだ。それどういうことだ?違うよな?人間ならそんなことできないだろ?どうして自分の本当の娘にそんなことができるんだ!あの子が我慢し続けてきた時間は15年だ!15年!!たわ言か!?どうにかして自分の犯した罪を償いたくてしてたことbなんだろ?だからハヌルまで育てた、そうだろ?そうだって言ってくれよ!どうして黙ってるんだ!友達を死なせてしまった罪を償うためにその友達の娘を連れてきて育てただけだって。あんたとハヌルは何の関係もないって、どうしていえないんだ!?ハヌルはいい子で、かわいくて、、お前のようなやつの子供なんてありえない、俺が信じると思うか?いや、俺は信じない、絶対に信じない。だからこれ以上変なこと言うな!」


さてさて、ドンハですが、ハヌルが家に電話しても携帯に電話しても繋がりません。
アクアリウムの部屋に行ってもいない。
ハヌルは、あのドンハが書いた図?を見て微笑むけどやっぱり心配で。
大きな水槽の前にいると幻まで見るほど心配してるらしい。。相当好きなのか、それとも・・・・
ソンギョン聞くと、
ソンギョン「カン主任?あなたには何も言わないで行ったの?あいつ・・・心配いらないわ。さっき連絡があったから。ちょっと行きたいとこがあるから代わりに仕事見ててくれって頼まれたわ。」
ハヌル「今どこにいるんですか?」
ソンギョン「さぁね。。仕事のこと言って切られたから。もしかしたらあそこに行ったのかも!」
聞いた場所に行ってみると、ドンハがくつろいでます。
湖のほとり?
ドンハもハヌルに気づいてびっくりしてて・・・
ドンハ「お前がどうしてここに・・・」
ハヌル「主任にとって私は何ですか?主任はそんなに冷たい人だったんですか?あんな風に怒って何も言わずにいなくなったりしたら私がどれだけ心配するか考えなかったんですか?電話にも出ないし、携帯も繋がらない、会社にも出てこないし、家にもいないし、昨日と今日で主任に何かあったんじゃないかって私がどれだけ心配したかわかりますか?主任にとって私はそんなにどうでもいい人間なんですか?私がどう決めたって従うって言いましたよね?私、決めました。主任についていきます。それを言いに来たんです。」
それだけ行って帰ろうとするハヌルを引き寄せて、ドンハついに念願ノキィ~~~~~ッス♡
細かいこと言っていいです?
それにしてもこのキス、ドンハの顔が斜めすぎてずれてます・・・
こんなものですか?(笑)
あと、ドンハの衣装が中世の人に見えるっす・・・( ̄  ̄◎)


ソンチャンもコンに連絡がつかないと電話かけまくってる様子。
そしてヒョジュの前でコンの話をしてます。

ハヌルが家に帰ってもコンはいません。
そのころコンは橋の上で飲んだくれてるんですねぇ
家の前で待ってるハヌル、コンを見つけて
ハヌル「どうしてこんなに遅かったの?連絡もしてくれないし・・・」
コン「何のために外に出てたんだ。」
ハヌル「怒ってるでしょ?私が嫌な態度とったから・・・お兄ちゃんと離れちゃうと思ったら寂しかったのよ。ごめんね。」
コン「どうしてそんなこというんだ?」
ハヌル「うれしいわ。こうやってお兄ちゃんと歩けて。ちゃんと覚えとかなきゃね。お兄ちゃんとこうやって歩くことも、もうあんまりなさそうだからね。私、お兄ちゃんのことすごく好きみたい。ちゃんと覚えとかなきゃ。」
服の汚れを見つけたハヌル「何よこれ!こんな汚しちゃって。こんなお兄ちゃん一人置いてどうやって行くのよ。」
コンはそんなハヌルを見て、抱きしめて泣いちゃいます。
コン「ハヌル、俺どうすればいい?どうすればいいんだ?ハヌル・・・」


ジングォンとお母さんは・・・
お母さん「やっぱり私が間違ってたみたいです。自分の娘のようにするとは言っても、実の母親と同じようにはできるでしょうか?やっぱりヘウォンも寂しかったでしょうね。私が辛いからとあの子の胸に釘を打って・・・」
ジングォン「ヘウォンを連れてきてもいいか?お前さえ許してくれればヘウォンをまた連れてきたいんだが・・・」


ヘウォンはまたあの水槽の前でコンのことを思い出して悩んでます。
ドンハ「お前、ベックハウスのスーツ整理はいつするんだ?」(ベックハウス?スーツ整理?意味がわかりません・・・
ハヌル「はい?」
ドンハ「お前、何やってるんだ!新人がベックハウスの整理しないで何やってんだ!」
ハヌル「申し訳ありません。」
ドンハ「メインの水槽に手抜きして、仕事も中途半端、お前の仕事は何だ?お前は俺を信じててそうしてるのか?」
ハヌル「いや。。そういうわけじゃなくて・・」
ドンハ「お前が俺を信じてそうしてるのなら!そのまま、そうしてろ♡誰かが何か言ったら俺に言えよ♡ご飯どこに食いに行く?♡」

ハヌルはドンハの家に材料を買って行って何か作るらしいです。
ドンハは文句タラタラだけど(笑)
ドンハ「なんだ、ちゃんと予約までしてたのに。。これをいつ作るんだよ!いつ!?」
ハヌル「主任、最後に家で食事したのいつですか?」
ドンハ「さぁ。おふくろが仕事に出てからはそんな記憶ないな・・・なんで?」
ハヌル「だから今日は私が作ってあげます。主任の性格がとげとげしいのも、家でご飯たべないからなんです。」
ドンハ「俺の性格がとげとげしいだって?!どれだけ俺が優しいか・・・」
ハヌル「はい?誰がですか?主任が??はッ・・・」
ドンハ「ハッ・・・」このマネしたのかわいかったわ~~♡
ドンハ「ところで、お前いつまで主任~主任~って呼ぶんだ?」
ハヌル「主任は主任でしょう?他に何て呼べば?」
ドンハ「あなた、チャギ、ダーリン、ハニー、たくさんあるだろ!何て呼ぶ?」
ハヌルもやしを渡し「これむいてください!おじさん!」
ドンハ「そうだ~ダーリン、それがいい!♡」
こんな風にドンハがふざけるセリフ大好きです♡♡
ハヌルもあんまり料理上手じゃないみたいねぇ。。
ドンハも怪しがってます(笑)
じゃがいも切ってるとき、コンのことを思い出すんだけど、ドンハも笑顔を見て、ちょっと気まずい感じ。
料理が出来上がるんだけど
ドンハ「何だ、これ?これ作ろうと大騒ぎしてたのか?」
ハヌル「だから何ですか?」
ドンハ「見てみ。キムチは買ったやつだし、もやしは俺がむいたやつだし、だからお前が作ったのはこれだけ、これっぽち。」
ハヌル「昔から料理は量より味って言うじゃないですか。」
ドンハ味見。。「・・・・・。」
ハヌル「どうですか?変ですか?」
ドンハ「・・・・いや、、、お い し い。」
ハヌル「だったら、これでも食べてください。」
いじけてモヤシを差し出すハヌル(笑)
ドンハ「いや、本当においしいって!」
と、がんばってハヌルの作ったスープをゴハンにかけて食べる。
色見てもあんまりおいしそうじゃないよ
ドンハがちょっと落ち着いて「お前、大変なことになったな。」
って何がかと思いきや。
ドンハ「俺、お前をもう手離せそうにない。何があっても・・・。」
ハヌルの表情、全然嬉しそうじゃないんだけど・・・。
普通、びっくりしてもすぐ笑顔になると思うんだけどなぁ。。
やっぱり疑惑は拭えない。。。


ソンチャンがバーに行くと、コンはまたしても飲んだくれてます。
ソンチャン「俺がこの前話したことだけど、変な話があってな・・・確かな話じゃないんだけど、、、これ話していいもんかな。。ハヌルの母親とパクジングォンがさ、そういう仲だって話があるんだ。変だけどさ、よく考えてみると確かにそうなんだ。何のためにあいつがハヌルの母親に固執するんだ?もしかしてパクジングォンってあいつはハヌルの実の父親なんじゃないか?そうだよな?お前もそう思わないか?つまり俺が言いたいのはハヌルの実の父親である可能性が99、99・・・パーセントが・・・・」
コン怒っちゃったよ~~。。
コン「このことおじさんに言ったのか?二度とこの話はするな!さもないと友達だからって黙ってないからな。」
こんなコン始めてみました。。。。
またまた飲んでるコン、次はケンカです
イライラしてるコンを刺激しなくていいのに。。。コンは相手にしてないね。でもあんまりうるさいので締めちゃった。
警察に言っても、相手の方が悪いって警察も分かってくれてるし、相手にしてないしのに、ハヌルが来て
相手のチンピラがハヌルを見て、彼女だと思ったのか、「ケンカしてるのか?」とか、「お嬢さん、彼氏に優しくしてやってよ」とか言うので、それにコンがキレた。。
ハヌルのためにキレたのですね。。
警察を出れたもののコンは冷たいまま・・・・
ハヌル「一体どうしたよ!?言わないとわからないじゃない!お兄ちゃん大丈夫?」
家の前で呼び止めて話します。
ハヌル「話してよ!」
コン「ほっといてくれよ!」
ハヌル「私にひどくあたっても構わない。それでお兄ちゃんが悲しかったことや怒りが少しでもおさまるんならそうして。でも傷つかないで。お兄ちゃんが自分の体を大事にしないのは許さない。ダメになろうとしてるみたいに。。。何なの?毎日お酒ばっかり飲んで家にも帰らないで変な人とケンカまでしてどうしてそんなに辛そうなの?」
コン「本当に分かってないのか?すべてお前のせいじゃないか!どうして呼んでもないのに、来て勝手に騒ぎを起こした?お前さえ来なかったら簡単に終わらせられたんだ。お前、どうしてお前に会いに来たのかって聞いたよな?そうだな。お前に会いに行ったところから間違ってたんだ、いや、血も繋がってないのに妹だと思い込んだところから間違ってたんだ。いや、両親が出会って俺たちが家族になったところから間違っていたんだ!それも違うな!お前が生まれてきたことそれさえも間違ってたんだ!お前を見てるだけでおかしくなりそうだ。お前を見ることも耐えられない、俺の目の前から消えてくれ!見るのも嫌なんだ。」

ひどい。。。。でもそれも仕方ないのかな。
コンも苦しんでるんだよね

家に帰ってきたコンはソファで寝てるんだけど、ハヌルも心配だったか起きてきてそばについてます。
それに起きて気づいたコンは、ハヌルを起こさずにタオルケットをかけてそっと出て行きます。
この音楽がかかるときのシーンってだいたい好きなんですよね。
コンとハヌルも男と女として見れる自分になってきたところを見ると、時間経過って恐ろしいものだなって思います(笑)


ハヌルがソンチャンの家に向かう途中、ドンハから電話が。
ドンハ「今日、会議があるからアクアリウムに行けないんだ。仕事終わったら前行ったレストランで会おう・・・お?どうして?それはレストランで食事しようってそれだけだよ。何かないと行かないのか?」
これは約束したの?してないの?ハヌル困ってるし(笑)
ソンチャンの家に着くとヒョジュが洗濯物を干してました。
ハヌル「最近、お兄ちゃんが変なの。毎日お酒ばっかり飲んで、いっつも怒ってて、家にも帰ってこないし。昨日は警察署まで呼ばれたの。何か知ってる?」
ヒョジュ「たぶん、ハヌルのせいよ。あんたを育てた養父が、コンのお父さんと友達だったのは知ってるわよね?あんたたちの両親が亡くなって家の財産を持ってっちゃったのもそう。でも、あんたたちの両親を死なせたのも、コンはあんたを育ててくれた養父だと思ってるみたい。事実はわからないけど、とにかくコンはそう思ってるんだって。」
ハヌルはびっくりですよね

コンはジングォンの部屋を訪ねてます。
ジングォン「君が知ってる通り、ハヌルは私の娘に違いない。しかし私も知らなかったよ、私に娘がいったという事実を。私が愛していた女性が友達の妻として現れたときの私の気持ちを想像できるか?君は私が故意に事故を起こしたと考えてるようだが、そうではない。言葉通りあれは事故だった。だからと言って、君やヘウォンに対する罪がなくなるわけではないが、なんでも言う通りにしよう。君の心のわだかまりが消えるのなら・・・しかし、ヘウォンには私から直接本当のことを言って許しを乞いたい。この願いだけは聞き入れてもらいたい。」
コン「どうして?どうして俺があんたの願いを聞かなきゃいけないんだ?笑わせるな!言うか言わないかは俺が決める。あんたが寝るも座るも俺がどうするか期待でもしてろ。許し?その意味が何か知ってて言ってんのか?」
ジングォン、、ちょっとはいい人になったのかしら?

部屋を出ると、テウォンがいてまたコンにつっかかってくる。
テウォン「また何をたくらんでる?父さんにつきまとってお前はどうしてヘウォンに何も言わないんだ?一文残らず奪い取ろうとしてるって、俺の口から言わせるつもりか?」
コン「口をつつしめ。軽々しく何か言ったら命があると思うな。」
テウォン「なんだ?お前、ヘウォンの心配してるのか?お前、まさかヘウォンのこと好きなんじゃないだろうな?」
コン「狂ったやつめ・・・・」

コンの携帯にはメールが。
【陸橋に来て。来るまで待ってるから。-ハヌル-】


ソンチャンはベンチで物思いにふけってます。そこにMJ。
ぼぉ~っとしてるのでMJにも気づかない(笑)
お弁当作ってきたのに気づかない(笑)
感激はしてもその後はテンション下がる、ぼぉ~っとする、ア~ン♡にも気づかない(笑)
なのでMJキレる・・・・・


コンはあの陸橋に来ます。
コン「何の用だ?」
ハヌル「話は聞いたわ。うちのお父さんが両親を殺したなんて・・・バカげてる。違うわよ。お兄ちゃんは何か誤解してるのよ。うちのお父さんのことは私がよく知ってる。冷たくて無愛想に見えるけどそんな人じゃない!お兄ちゃんが何か見間違えたのよ。随分前の話し出し、お兄ちゃんもまだ子供だったでしょ?」
コン「お前、誰の話を信じるんだ?俺のこの目ではっきり見たのに何が誤解で、違うっていうんだ?」
ハヌル「目的はなんだったっていうの?そんなことする理由がないじゃない!だから私を代わりに育てたって?バカみたい・・・うちのお父さんはそんなに恐ろしい人じゃない。」
コン「そんな人でも、育ててくれた人だから、そんな人間でも父親だと、お前はかばうのか?知らないフリして、黙ってろ。」
ハヌル「だからってどうしようっていうの?復讐でもするつもり?もしお兄ちゃんの言うことが事実なら私も黙ってないから。お兄ちゃんがしなくても私が復讐する。でもそんなことない。私の言うこと信じて。そんなはずない。私、これ以上あの家に連絡はしない。私たち、これ以上あの家に関わるのやめよう?だから私のためだと思って、もう一度考えてくれない?」
コン「お前が何だ?お前に何の資格があって、俺に指図するんだ?父さんを殺した人間を、俺は絶対に許せない。お前のためならなおさらだ!」

コンの気持ちも、ハヌルの気持ちも理解できるんだよねぇ。。。
コンはハヌルを守りたいし、ハヌルのためにも復讐してやりたい。。。でもハヌルの実の父なんだよね。。そのこともきっと分かってる。
だから葛藤してると思うんですよ。

ハヌルは実の父とは分かってないけど、やっぱり自分のお母さんを死なせて、大好きなお兄ちゃんのお父さんを死なせたんだから、
許せないけど、でもお父さんがそんなことしたとは信じたくないってな感じで。
やっぱりハヌルは汚いことを見たくない純粋な心の持ち主なのねぇ・・・
でもでも・・・甘いわ・・・!!!(メ`д´)ケッ
韓ドラの主人公には、汚いことがいぃ~~っぱい用意されてるのよ。。
きれいごとだけではすまされないのよッ。。フン( ̄∀ ̄牛) うっしっし…
なんか裏りんだがでてきちゃったわ(笑)


コンが再びジングォンの元を訪れると、外出したと言われます。
そしてジングォンの言葉(直接事実を話し、許しを乞いたい)を思い出し、アクアリウムに向かいます。
その頃、ハヌルのところにはジングォンが!!( ̄□ ̄;)!
ジングォン「家に帰ってきなさい。ソくん(コン)は私に対する恨みから君を連れて行ったのだよ。」
ハヌル「いいえ、そうではありません。」
ジングォン「お前が知らないことがある。」
ハヌル「知ってます。お兄ちゃんに聞きました。私の両親をお父さんが・・・違いますよね?お兄ちゃんが何か誤解してるんでしょう?私はお父さんを信じてます。そんな人じゃないって。」


コンはMJから、ハヌルがお父さんと出かけたことを聞いてそのお店に向かいます。
ハヌル「いつも感謝していました。行くところのない私を面倒みてくれて、愛してくれて、私のせいで辛い思いをたくさんしてたこと知ってます。私のことを心配してきてくれたのなら私は大丈夫です。これからは私のことは心配しないでください。帰ります・・・」
ジングォン「ヘウォン、お前が知らなければいけないことが他にもあるんだ。実は私は本当は私がお前の・・・」
コン「行くぞ。あんた、何なんだ?何を言うつもりだ?あんたはそんなに偉いのか?それでもあんたは父親か!?」
ジングォン「帰ってくれ。これは私と娘の問題だ。」
コン「違う。これはあんたと俺の問題だ。ハヌルには何の関係もない。ハヌル、帰るぞ。」
ジングォン「私の娘を返してくれ。」
コン「誰があんたの娘だって!?ハヌルは一度もあんたの娘だったことはない!これからもだ。」

ハヌルをつれて帰る途中。
ハヌル「お兄ちゃん、お父さんは・・・・」
コンはハヌルを抱きしめる!
コン「どうしよう。。お前のこと考えるたらあの家に帰さなきゃいけないのに、そうすべきなのに・・・俺、お前を手放せない。」

ドンハは会議の始める前に選んだ指輪を見てニヤニヤ。
あ~可哀想。。ドンハ、久しぶりだよぉ
ドンハ、ふたりがこんなことになってるの知ったら怒るだろうなぁ

コン「行くな・・・そばにいてくれ。」
そして強く抱きしめるのでした・・・。

あ~~~~どうしよう・・・って言ってもどうしようもないんだけどね

幸せだった頃のコンとハヌル。
しりとりをしてます。コンの腕枕でハヌルが横になり、ふたり並んで。


次回予告も衝撃的でしたぁ
もうどうしましょ!?
ついに・・・ついに・・・


今回、すんごく時間かかりました
次はもう少し早く書きたいな。。。あくまでも希望です。
ってことで今回はこの辺で。

スポンサーサイト

COMMENT

 おひさしぶりぃ♪
そうででしょ?
ドンハの先が、見えてきて、切ないんだよね。
彼、本当にいい人だから・・・
もっと、「ガラスの華」のギテとか、「ラブレター」のウジンみたく、いや~なヤツだったら、こんなに心痛まないんだけどね。
 私はやっぱりコン・ユ君よりキムナム・グン君の方が最後まで、好きでした。
2006/08/21(月) 20:05:50 | URL | ♪ゆみぽん♪(^-^)ノ #- [Edit
はじめまして。
りんださん、こんばんわ。韓国ドラマが好きでちょくちょくお邪魔していましたが、カキコははじめてです。よろしくお願いします。実は最近まで、自宅にパソコンをつないでなっかたので、ある素敵な日は姉の家で見れるときに見ていました。見れない時はこちらのレビューがかなりありがたっかたです。私は、韓国語は挨拶程度しか理解できないのでりんださんが、うらやましいです。とびとびながらも最終回までは見たのですが、りんださんのレビューを見て理解できなかった場面などおさらいしたいと思います。ちなみに、私はコン派です。ドンハもかなり魅力的なキャラなのですが、コン・ユ目当てで見たのがきっかけでしたので・・・。レビューも残り少なくなりましたが、楽しみにしているのでりんださんペースで頑張って下さいね。
2006/08/21(月) 21:43:49 | URL | ようっち #- [Edit
あんちハヌル
りんださん、待ってました。ありがとう御座います。
ヒロインと第2の男がハッピーになれるとは、思っていないけれど、ハヌルが段々と悪女に見えて来ました。ゆみぽんさんが仰る様に、ドンハが嫌なヤツだったら、あきらめもつくのですが、全然卑怯な手を使わない紳士だから心が痛いです。
湖まで追いかけて行ったハヌルの気持ちは、一体何だったのでしょうか。ドンハもこれで大丈夫だと思ったはず。ヒロインは視聴者の期待を裏切ったらダメですよね。中途半端な態度に腹が立って仕方ありません。
ドンハ、ハヌルを振って私のところにいらっしゃい~。
2006/08/21(月) 22:49:57 | URL | ぽめ太郎 #- [Edit
♬ゆみぽん♬さん
はい・・・ドンハの先が見えてきました(泣)
確かにドンハがもっと嫌な奴で、卑怯なことでもしてくれれば見てるほうも冷たくなれるんですけど、一切そういうことしないでぶつかっていくんですよね。。
私もどちらかと言えば、やっぱりドンハ派です。
コンも決して悪い人ではないんだけど、ドンハのあひた向きなハヌルを思う気持ちと誠実さに惹かれます♡
2006/08/22(火) 00:05:58 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
あの…
ゆみぽんさん
キムナム・グンではなく ナムグン・ミンです。彼、韓国では珍しい二名字のナムグンで名前がミンです。^^ 韓国語で書くと남궁 민ですね。

またカキコしてしまいました。^^すいません~。
2006/08/22(火) 00:14:55 | URL | スノキ #- [Edit
ようっちさん
初めまして♬コメントありがとうございます!そして読んでもらってありがとうございますv-435
私もまだまだ韓国語は下手で、時々間違っていたり、誤字などにご指摘受けることもありますが、それでもお役に立ていてるということで、ちょっとお恥ずかしい反面嬉しいですv-411
やっぱりコン派・ドンハ派とこのドラマはハッキリわかれますね~。今まで、ほとんどのドラマは主役と対立する男性が卑怯なことをしたりすることが多くて主人公の男性に肩入れしてばっかりでしたが、私は今回は珍しくドンハ派になっています。
でも、やっぱり・・・やっぱり・・・・ここまで見てくるとコンにも肩入れしつつあありますねぇf(´-`;)ポリポリ
みんな幸せになることが一番の幸せなんですが、そうは行きませんね。。
それでも、登場人物みんなが納得して最終回迎えてくれればいいなと思います☆
また遊びに来てくださいね!お待ちしてますe-343
2006/08/22(火) 00:19:01 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
ぽめ太郎さん
お待たせしました☆☆待っててくださったなんて嬉しいです♡
もう・・・ぽめ太郎さんと同じ気持ちです。ドンハがもっと嫌な奴だったらどんなに気持ちが楽か・・・
ハヌルはですね・・・湖まで追いかけていったときは本当に心配してたとは思います・・ただそれは愛してるからではなく、人間として好きだったから?じゃないかな~ってひとりで思ってます。
それも思わせぶりな行動だと思うんですよね。だって追いかけてあんな心配そうな表情して来てくれたら、好きでいてくれるんだなって思っちゃうだろうしな~やっぱりドンハが気の毒ですv-406

>ドンハ、ハヌルを振って私のところにいらっしゃい~。
まったく同感です(笑)かもぉ~んって感じですv-398絶対悲しませない自信が・・・それより、見向きもされない自信の方が大きい(爆)
2006/08/22(火) 00:27:43 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
スノキさん ♪ゆみぽん♪さん
あ、りんだもナムとキムって似てるので気付かなかったです。。でも♪ゆみぽん♪さんが以前教えてくださった通りやっぱりナムグンが姓なんですね~!オォ(≧▽≦)
2006/08/22(火) 02:01:38 | URL | りんだ #- [Edit
(^.^;
 昨日、彼の名前書くとき、ちょっと悩んだんだけど、気にしないで書いてしまいました。ちょっと違うかなぁともったけど、そうだったか・・・
 ちょっとの間に忘れてしまってたのね。
ぜんぜん違うじゃん!! 
 いやぁ~名前を間違うなんて、ナムグン・ミンさん、失礼いたしました!!
2006/08/22(火) 07:49:59 | URL | ♪ゆみぽん♪(^-^)ノ #- [Edit
りんだ
気になさらずに~v-398
いや~私もふつうに読んでましたよ(笑)リズム?響き?的にキムナムグンって名前もありそうだし。。。キムサムスンみたいな響きでぇ。。といったらナムグンミンしに失礼かv-12
2006/08/22(火) 11:10:18 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

りんだ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



月別アーカイブ



Recent Comments



Recent Archives



Categories



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Links

このブログをリンクに追加する



Copyright © **りんだの気まぐれ日記** All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。