08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「헬로 애기씨(ハローお嬢さん)」2話

2007.03.30 *Fri*
さてさて、楽しみにしてた2話です!!


あ、そうそうテンプレ変えてみました。
今まではプラグインとか面倒だし、オレンジのテンプレになれていたので、何度か変えようとは思いつつも断念してたってのが正直なとこ。
でも思い切ってやってみた!
さわやか~~な青のテンプレ。
私、あんまり好んで青を選ばないんです。
自分が好きな色もピンクと緑。
青もあんまり似合わないらしい

だから逆の青を選んでやったのよ( ̄∀ ̄牛) うっしっし…

というわけで、とりあえずこのテンプレでやってみます。

で、本題はドラマなのよッ。

もう4話まで放送されちゃってるんですよね。
見たいぃ~~~((ヾ(≧皿≦;)ノ_))
レビュー書いてからと自分に言い聞かせ我慢してます。

ではレビュースタート

 
ホテルのロビーでバッグを預かってるという人を、お礼の挨拶の練習をしながら待っているスハ。

そこにドンギュが登場。

スハはびっくりして、盗んだだのストーカーだの文句を言いますが、自分がゴミ箱にバッグを投げ入れて、それをドンギュが拾い呼び止めたのに止まらなかったということを知り、とぼける(笑)

そんなことを大声で言い合ってるのでかなりホテルで目立っちゃってます。

ドンギュがどうして携帯を持ってないのか、自分がいい人だったから持ってきてあげたけど・・・というと、
スハかわいい(笑)弱気な声になって「ありがとうございます。何か頼めばいいじゃないですか、私がごちそうしますから!」と言う。
でもドンギュも優しい~~♡
「お嬢さんお金ないのにどうして。私が出さないと。アイスクリームでも頼みますか?」
スハ「え~ごちそうしてくれるって言うなら食べますけど~申し訳なくて~。イチゴアイス?」

でもドンギュがまたファアンダンを売らないかって話をしだすと、またスハ怒って帰ってしまう。



その日、ファアンダンは嵐が来ます。
そして当然のごとく、壊れそうなファアンダンでは大騒ぎ!
どうにか大丈夫そうです。


スハのところには、突然、宗家救済運動本部という団体から電話があります。

・・・怪しげな男ふたり(笑)

会ってみると、こんなことを言います。

トップグループがファアンダンに手を出してきているというのは本当ですか?トップグループはファアンダンの土地にカジノやモーテルを作ろうするなんて。こんな純粋なお嬢さんを騙すなんて。あいつら(トップグループ)の狙いはそこですよ。ファアンダンの土地の娯楽施設を作ろうという計画です。伝統のある宗宅の土地を悪用しようとしてるなんて、なんてひどい奴らですか!!

と吹き込む。
そして、お金を貸すと言うんです。
それを信じ、スハは必要な書類を役所に取りに行きます。
そして、書類がファアンダンにあるのでおばあさんにそれをソウルに送ってほしいと電話します。
そのとき、ファアンダンにはドンギュが来ていることを知ります。
ドンギュは、嵐で荒らされて大変だろうと手伝いに来てたのでした。
スハは宗家救済運動本部の人にトップグループの(ウソの)目的を吹き込まれてるので怒り狂ってタクシーに乗りこみ一目散にファアンダンに向かいます。
そのことをおばあさんがドンギュに伝え、宗家救済運動本部という団体がファアンダンに融資してくれるらしいということも伝えます。
ドンギュは、すぐに怪しいと分かって部下に調べさせます。

ファアンダンに着いたスハはドンギュを詐欺師呼ばわりし、カジノを建てる計画があるんだろうと責めるんですが、
そこにドンギュの部下が調べた情報を持ってきます。
ドンギュ「宗家救済運動本部代表クォンジュヒョク、いや、クォンインソン、クォンジソプ、クォンビョンホン。お嬢さんの前に現れたときの名前はわかりませんが。」と、指名手配の写真を見せられる。
ドンギュ「ファアンダンの登記権利書を持って来いと言った人はこの人でしょう?いくら融資してくれると言ったんですか?お嬢さんが望むならいくらでも融資してくれと?慶州の宗家も、江陵の宗家もみんなそいつにひっかかりました。クォンジャンスそいつは、宗家専門の融資詐欺師なんです。」
きゃ~~~かっこいい♡

スハは信じないというけれど

ドンギュ「私の言葉を信じなくても結構です。でも、登記権利書をこいつに渡す前に、他に融資してくれる人でも探してください。お父さんもお兄さんも弁護士ですよね?聞いてみたらどうですか?」
スハ「だったらカジノの話は何なんですか?」
ドンギュ「さぁ。私も初めて聞きいたので。」
スハ「隣町の土地まで買ったそうじゃないですか。トップグループだなんていっておきながら、悪徳企業じゃないんですか?」
ドンギュ「そんな風に言わないでいただけますか。私たちは、他の誰にも誇れることしかやってません。(意訳させていただきました。。)」
ドンギュ「笑わせないでください。詐欺師の分際で!ってか、あなたたちが詐欺師じゃないんですか!?」
ドンギュ「お嬢さんには、私が世界一悪い奴のように見えるようですが、よく知りもしないでそんな風に言うのは違うんじゃないですか?私も、お嬢さんのように天を仰ぐ(神を敬う?)恥ずかしいことなんてひとつもない人間です。そうです!ファアンダンを売ってくれと付きまとったことはお嬢さんにとって図々しくてありえない話かもしれませんが、私も好きでやってるんじゃありません。ひどいことばかり言わないでください。」

そして帰っていくドンギュ。

スハはもらった名刺の電話番号に電話をしてみると、かからない。
テレビでは、そのふたりが逮捕されたというニュースが(笑)


詐欺にひっかりそうになったスハをお偉いさんが呼び出し叱ります。
帰ると、おばあさんがまたお金が必要だという話。
おばあさんにもお願いされ、ソウルのお父さんに頼むことに。
でもお父さんは2泊3日で済州島に行ったらしい。
ジュニョンのファアンダンに任せられないか聞いてみたけど、無理よね~。
ところで、このジュニョン、アンジャッシュの右の人に似てない!?そりゃこっちがキレイな顔だけど。。


一方、ドンギュの家族はみんなで食事。
でもチャンミンは空気も考えずに食事会を出る(笑)withドンギュ。

ドンギュはそんなチャンミンを褒めます。チャンミンは面倒だから避けただけらしい。
ドンギュ「でも、こんなにいい男(チャンミン)をどうして女に殴られるんだ?」
チャンミン「見たのか?」
ドンギュ「見たさ。他にも見たやつたくさんいるよ。」
チャンミン「お~恥ずかしい。」
ドンギュ「で、あの女誰だ?お前の趣味じゃないと思うけど。」
チャンミン「あぁ、知り合いの妹だ。」
ドンギュ「お前は、女は誰でも妹だろ?」
チャンミン「かわいいだろ?あの子、めちゃくちゃダサイんだけど、なぁ~んか感じるんだよ。だからいっちょやってみるかって思ってんだけど。」
ドンギュ「おい!お前、誰にでもちょっかい出すな!お前がこんなだから白昼堂々ビンタされんだよ。」
チャンミン「心配するなよ。すぐにモノにしてみせるから。」
ドンギュ「どうすればモノにできるんだ?」
チャンミン「そうだな~まずカップルフォンは基本だし、、、」
ドンギュ「カップルフォン?次は?」
チャンミン「次は~緩急調節はしなきゃな。押したり引いたり。どうした?興味あるのか?」
ドンギュ「いや~俺のタイプじゃないよ。違う、違う。」

といいながら、ドンギュ、携帯ショップへ(笑)
そして自分と同じ携帯を買う。
部下にどうしておそろいなのかと聞かれると、
ドンギュ「あの子、携帯初めてだろ?これと同じ携帯だったら俺が使い方教えてあげられるだろ?」


スハのとこには携帯が届きます。ドンギュが送った携帯。
ドンギュも考えました。
ファアンダンに先に携帯の番号を教えることによって、おばあさんが喜んで返せなくなる!(笑)
おばあさんは泣きながらスハのことが心配でどうしようもないってことを訴えます。
スハって心が優しいから泣かれるとどうしようもないよねぇ。
ドンギュからかかってきても、ありがとうも、この前のことを誤りもしないスハでした。

そこにジョンスクが現れます。
そして、ある会社の説明会に。そして布団(ですか?)を売ることに。
怪しい。。。怪しい。。。。究極にあやすぃ。
当然のごとく売れない(笑)
そして最終的にドンギュの元に言って売りつけようとします(;・д・)オイオイ
でもドンギュは悪質商法だと気づく。普通気づくって
そして会社に行き、詐欺だと文句をつける。
そしてドンギュ、殴られる・・・弱ぁ~( ̄∀ ̄;)
でも助けが来た!良かった
そして無事、犯人逮捕!

怖かったのか、スハは泣きながら子供みたいに怖かったといいます。
怪我したドンギュを心配して泣くし、かわいいわ。
ちょっと世間知らずすぎてオトボケが過ぎるような気もしなくもないが
そしてスハ、ジョンスクを叱る!
スハ「またこんなとこに足踏み入れたら、田舎の両親にジョンスクが何して暮らしてるか全部言っちゃうからね!髪全部刈って部屋に縛りつけとくように言うんだから!わかった!?」
ジョンスクが泣いてメイクが崩れてるのを、スハが指に唾つけて拭こうとしてるのには笑えました!(≧ω≦。)プププ
それを見てたドンギュも笑ってました!


ドンギュに食事につれてきてもらったスハ。
スハは、警察がどうしてあそこにいるのがわかったのかということが気になってドンギュに聞きます。
ドンギュは携帯のあるボタンを押すと、緊急呼び出しができるということを教えます。そして、スハも同じ携帯なので何かあったときは同じボタンを押すように教えます。
そして、あんな商法に手を出した理由を聞くドンギュ。
スハ「お金たくさん稼ごうと思って。一日で100万稼いだ人もいるんですって!」
ドンギュ「バカですか?そんなこと信じて?お金が必要ならファアンダンを売ればいいじゃないですか!私がお金払うって言ってるじゃないですか!」
どうして、ここでその話出すかな~
少し油断させればいいのに。
そして優しいドンギュ、家まで送っていきます。ま、スハはのぞんでませんが(笑)


お金を稼がなきゃいけないスハはジョンスクに誘われてモデルコンテストに出ることにします。
そしてその気になるスハ(笑)
このコンテストは、ドンギュの会社のコンテストで、ファランもチャンミンに誘われて出るモデルコンテストでもあります。
会場でファランはスハを見て過去の記憶を思い出していました。
近所のファアンダンのお嬢さん。自分は貧乏だったのに近所のお嬢さんが羨ましかったのか、寂しそう。
スハに声をかけられても、知らないフリ。過去を消したい感じだわねぇ。

このコンテストのコンセプトは自然美人・健康美人(ファランめちゃくちゃ整形とかしてると思うのだけど、、、)らしい

書類審査でスハは合格!ジョンスクは・・・・ご愁傷様f(´-`;)




・・・・・スハや・・・・ダサいぞぉ



でもストレートの髪は似合うね~さすがダヘちゃん。

携帯にドンギュから着信が。
もうドンギュが嫌になってるスハはファアンダンに帰ったと嘘をつきますが、ドンギュとばったり会ってしまいます。
そこにチャンミンも!!( ̄□ ̄;)!


チャミン「お嬢さんがここで何してんの?まさかお嬢さんもドリームボディーコンテストに出んの?」
ドンギュ「まさか~・・・」
スハ「なんで?ダメなんですか?生まれながらのモデルなんていないわ。ちょっと待った。。お兄さん?おふたりは兄弟?」
チャンミン「従弟だけど?(エッ・・・従弟だったんかい。。知らんかったぞぃ)え?どうしてうちの兄さんのこと知ってんの?」
スハ「チャンドック代理と変態ファンチャンミンさんが従弟ってこと?」
チャンミン「チャンドック代理?兄さん、まだ『王子と乞食』の真似してんの?」
ドンギュ、まずいって顔。
スハ「それどういうことですか?」
チャンミン「うちの兄さん、財閥3世って言われるの飽き飽きしてんだよ。秘書のフリして過ごしてるんだ。」
スハ「はぁ~!?じゃあこの方のお名前はなんていうのかしら?」
チャンミン「お嬢さん、こういうところに来るときにはちゃんと調べてきてくださいよ。トップグループ金融財務チーム長ファンドンギュも知らないの?インターネットでも記事になってると思うけど。」
スハ「ファンドンギュさん?ってことは、私のこと騙してたのね?」

スハ、びっくり!でも一応面接は受けます。
「ドリームボディーに応募されたのはどうしてですか?ソファランさん」
ファラン「誰かさんに応募してみろと言われたんです。自然美というコンセプトには私がぴったりだとおっしゃって。」
「ソファランさんは応募者の中でも経歴が華麗だけど、このコンテストくらいで満足できますか?」
ファラン「正直申しますと、トップグループのメインモデルまで考えてのことです。ダメですか?」
ドンギュ「イスハさんはどうしてこのコンテストに応募されたんですか?」
スハ「お金のためです。私、お金が必要なんです。」
パング(って役名なんだったかしら?)はお金の話をするなんて!って怒ってます。
スハ「もちろんある人は目的のために身分を偽ったり、嘘をついたりもするでしょうね。でも私はどんな状況でも正直でいることを心がけています。」
「どうしてお金が必要なんですか?」
スハ「私、一緒に住んでる家族がいるんです。修理しなければいけない家もあります。家がどんなに古かろうとすぐに切り捨てる人が多いことか・・・」
またしてもパング怒る!
スハ負けじと「一億という大金を賞金として出した時点で、私のような人が応募することも念頭においていたんではなかったんですか?健康美人・自然美人を募ると言っておきながらモデルになりたい人だけに個室するのは変じゃないんですか?」
チャンミン「まぁね、モデルの中にも自然美人って少ないだろうし。」
スハ「それから会社のモットーが名誉と正義だとおっしゃいましたが、果たしてこの会社の皆さんが正直でしょうか!?」
そしてまたしてもパング怒る。


帰ろうとするスハを止めます。
ドンギュ「いくら私に腹が立っていようと面接であんなこと言ってどうするんですか?」
スハ「関係ないわ、もうやめたから!」
ドンギュ「お嬢さん!」
スハ「そんな風に呼ばないでください!ファンドンギュさんにお嬢さんと呼ばれる筋合いありません!!」
ドンギュ「そうですね。私に腹を立てるのはよくわかります。でもこのまま帰ってしまったら逃げるのと同じじゃないですか。」
スハ「逃げる?どうして私が逃げるの?悪いのは誰よ?」
ドンギュ「さっきお嬢さんが言った言葉がどう受け取られたのかわからないんですか?人に誤解されるようにひねくれたこと言って、このままいなくなってどうするんですか?腹を立てるなら立てるで、無責任なことばかりしないでください。ここまで来たのにはそれなりの事情があるんでしょう?有終の美を見せてください。途中で投げ出さずに。」

それでスハも一念発起!叩かれて伸びるタイプだね(笑)
ちなみに私は褒められて伸びるタイプです。

ドレスを着て、ドレスに文句をつけてます、、時代錯誤。。。


かわいいよね~ま、ちょっとやりすぎだけど。
でも印象は良かったみたいだ。
ドンギュもちょっとハッとしてたし♡

、、、そして案の定あんなことに・・・・はぁ~~。
ドンギュはとっさに自分のスーツを広げ隠し電気を落とさせますが、
スハは相当なショックだったようで会場を飛び出していき、トイレで号泣。
ま、別に見えてなかったと思うんですが。
そんなことじゃないって???
そして、結果は自然美じゃない(実際この人絶対整形してそぉ。。)ファランが合格。


ドンギュはスハを探しますが見つからず、携帯もつながらず。

(このときの曲ってイジフンが歌ってるんでしょうかね??♡
なんだっけ。。この歌。。ノッティングヒルの恋人とかの曲ですっけ?なんかジュリアロバーツとかの顔が浮かんでくるんですが。。)

翌日、おじいさんにファアンダンはどうなったのかと聞かれたドンギュは仕方なくファアンダンに行くことに。。。
その頃、スハは寝込んじゃってますね。。何度も言うけど、そこまで・・・?時代錯誤の彼女にとってはショックだったのね。
そして、ドンギュは慰めになるだろうと家の修理屋さんを伴ってファアンダンに行きます。
スハの部屋に行こうとすると、おばあさんに男が入るところではないと。止められる。
ドンギュ「お嬢さんが見えないので・・・」
おばあさん「お休みになってるんだよ。」
スハ「いないって言ってよ~。」
ドンギュ「お嬢さん、どこか具合が悪いんじゃないですよね?」
スハ「あんたに何の関係が・・・」
おばあさん「お宅は気にしなくていいことよ。」
スハ「その通り!」
おばあさん「仕事してる人たちがプッチムゲ食べてるから、早く言ってあんたも食べなさいな。」
スハ「仕事してる人たち?」


スハが出てきて
スハ「誰の許可で他人の家を修理してるんですか?ファンドンギュさん!家の主人の許可なしにどういうことですか!?説明していただきましょうか?」
ドンギュ「この前の暴風で瓦が落ちてしまったので・・・」
スハ「他人の家の瓦が落ちたからって、どうしてあなたが気を使うんですか?」
ドンギュ「私は手助けができればと思って・・・・」
スハ「正直におっしゃったらどうですか?この家がほしいからこんなことするんだって。こんなことして、勝手に直して、だからってこの家売ると思いますか?」
ドンギュ「ちょっと聞いてくださいよ。」
スハ「必要ありません。ファンドンギュさんの嘘にはうんざりなんです。ここは私の家なんです、また元に戻して帰ってください!」
そう言って、瓦を地面に叩きつけるスハ。

そこに、あのおじいちゃんが来ます。
せっかく直しにきてくれたひとたちなんだ、こんなに苦労して直してくれてるのに、それを元に戻して帰れなんて、宗家の娘がそんな軽率なことを言うもんじゃない。どこでこんなことを習ったのか、オルシン(宗家の偉い人)に顔向けできない。と嘆きます。
そしてスハも悪かったと謝る。

池の淵で泣いてるスハのとこにドンギュが来ます。
スハ「ごめんなさい。」
ドンギュ「とんでもありません。私が悪かったんです。お嬢さんに嘘ついてしまって。でも好きでやったんじゃないんです。そうするしかなかったんです。」
スハ「もういいです。私もひどいことたくさん言ったから、セムセムです。」
ドンギュ「セムセム?」
スハ「知りません?same same。おあいこ。」
ドンギュ「あぁ。久しぶりに聞きました。昔はよく使ってましたけど。」
スハ「そうですよね。もうお歳も召してらっしゃいますもんね。」
ドンギュ「お歳って、年で・・・私は二八青春ですよ!」
スハ「じゃあ、30歳ですか?」
ドンギュ「年は数字では表せないんです!気持ちだけは二八青春ってことですよ!」
スハが胸を押さえて「ここだけはニ八青春ってことですか?」
ドンギュの視線が胸へ・・・(笑)
スハは思わず隠します。
ドンギュ「あ、あれ気にしなくていいですよ。」
スハ「気になります!お嫁にも言ってない女の子があんな大勢の人の前で胸をさらけ・・・」
ドンギュ「誰も見てませんよ。照明もすぐに消したし僕が隠したし、その後誰かに話したりもしてないくせに。」
スハ「ホントに?」
ドンギュ「誰も見てませんって。ま、前も後ろも大して差ないんじゃ・・・」
スハはその言葉を聞いて立ち上がると池に落ちそうに・・・
それを支えたドンギュの手がスハの胸にぃ( ̄□ ̄;)!

そして予想通りだよ・・・ドンギュ、池にイン!


終了~~♡

楽しいわぁ~このドラマ
書いてて、ちょっとでも気分が乗らないと書いてるうちにまだ何分残ってるよ・・・とか思うんですが、
このドラマは最後まで突っ走れます!
これも一日で書いちゃった


長かったのに、ここまで読んでくださって感謝です!



さて、次も楽しみだわ
・・・その前に、「魔女ユヒ」1話レビュー書かなきゃなぁ(≧ω≦;)


ではまた~


スポンサーサイト

COMMENT

お約束通り
池に落ちましたね、ドンギュ。わたしもやっぱりねって思ってました。でもこんな抜けたとこも可愛いわv-345って。で、結局、ドンギュっていくつなんでしょ?
私がドンギュ素敵ってなった場面、どこかわかりましたか?はい、オーディションで衣装の紐がほどけたスハをとっさに上着で隠し、電気を消させたとこです。あそこで私は目がv-10になっちゃったんですがりんださんはいかがでした?
それ以外にもスハが悪徳商法にひっかかりそうになったり、詐欺にあいそうになる度に助けてくれて私から見たらスーパーマンですが、スハに言わせたら「嘘つき!」なんですよね。ま、ドンギュも肝心な時にひとこと多いけど。で、後で謝ることになる。
このドラマの場合、男ふたりが先にエギシを好きになるであろうことは予想できるのでエギシがどんな風に誰を好きになっていくのかが楽しみです。そしてそこにファランがどう絡んでくるのか?
スハのオッパですが、パランってグループのライアンっていう人かと。私もどんな歌を歌ってるとか知らないのですが、バラエティー番組で観た時は髪が長くてミュージシャンって感じでした。たしかウネちゃんと一緒にファッションショー(コシノヒロコだか誰か日本のデザイナーさんのだったと思います。)に出てました。

「魔女ユヒ」も観始めたんですね。わぁ~い。こちらも楽しみにしてます。
最初からアニメちっくな映像が出てきたり髪をほどいたユヒに後光が射して見えたり。こってますよね、このドラマ。
2話から段々フニの登場場面が増えてくるのですが、あんまり顔色がよくない気がしてちょっと気になってます。
そして今後のジョージ・クルーガに注目してます。どっちに転ぶのか。デニス・オ、全然タイプじゃないですが。

「魔王」はいつになるかわかりませんが、観たらコメントしますね。
2007/04/01(日) 00:16:51 | URL | kotoko #LeD5SCdo [Edit
お久しぶりですぅーー!!
待ってましたよ!!レビュー再開を!!
色々頑張ってみたもののやっぱりリアル視聴は無理みたいなので、
リンダさんのここを励みに頑張ろう!!っと
この作品見たいんです。
でもここで、見れるんで!!
みんな可愛くて面白いみたいですね
これからもゆっくりでいいんで、でも書いてくださいね!!
ではでh
2007/04/01(日) 07:33:18 | URL | 猫ちゃん #- [Edit
♪kotokoさん♪
ドンギュの年齢・・・・いくつなんでしょ!?でも30より上ってことですかね!?
でもでもそしたらスハとの年齢差が相当ですよね(笑)

私もドンギュがジャケットで隠してくれたとこは“e-415キュンe-415としましたよ~~~♬
そしてスハも感謝するのかと思いきや、トイレで思い出してムカァ~っとしつつ泣いてるって感じだったのでちょっと期待が外れたって感じでしたよ。
ドンギュももう少し(スハに近づく)やり方を考えればいいのにとは思いますが、そこが憎めないキャラにも繋がってるので、ちょっと複雑です。

あのジュニョン、どこかで見たと思ったらバラエティーで見てたんだ!
はっきりは覚えてないけど、覚えてます!(なんか表現が変・・・)
メンバー全員で何かしたのを見たことがあるような・・・
キレイな顔だな~とは思うけど、やっぱりアンジャッシュの右側の人に見えてしまう(笑)

「魔女ユヒ」まだ1話で視聴止まってます。1話レビュー書いてから見ようかと。
じゃないと怠け者の私は、レビューいっか。。とか思いがちなんですよね~。
2話からのフニの登場楽しみです!でも顔色があんまりよくないとは・・・
ちょっとテレビに出ることを仕事にしてるってことで悩んだ時期があったってインタビュー記事を見たことがあるんですが、そういうことで悩んでないといいですね。
そしてデニス・オってジョージクルーガって名前なんですね。。。おぉ全然名前聞いてなかったe-330
2007/04/02(月) 13:41:46 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
♪猫ちゃんさん♪
お久しぶりのコメント、嬉しいです~♡
お元気でしたか??

このドラマ、おもしろいですよ~ユリンキャラが戻ってきた~ってな感じのキャラです☆
レビュー本当に時間かかりそうな予感ですが、
見てくださる人がいると余計にがんばれます!
またドラマのことお話できるの楽しみにしてますね~!
2007/04/02(月) 13:44:43 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

りんだ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



Recent Comments



Recent Archives



Categories



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Links

このブログをリンクに追加する



Copyright © **りんだの気まぐれ日記** All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。