08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「달자의 봄(タルジャの春)」16~18話

2007.04.19 *Thu*
こちらも続きを・・・・

今日は、何話まで書けるかしら??


一応18話まで書くつもりですが、どうなることか・・・


それにしてもミンギ、かわいいです。。
携帯見るたびにときめいて、そのときめく行程が若干面倒になってきてます。
だって、携帯開くたびに「ぽわわぁ~ん(〃▽〃)♡」ってなって時間の無駄(笑)


ま、それもこれもミンギがかわいいからで♡

そうそう、このレビュー書いてから「タルジャの春」で検索してくる方が増えたようで、アクセス数が伸びてます。
やっぱりこのドラマ人気あったんですね~♬♬
素晴らしいヾ(≧∀≦)ノ


ではではテボンの世界へ行って参ります

あ、ちなみにですが、
いつもはちゃんと分からない言葉は辞書使って調べるのですが、
ここではセリフは聞いて適当に訳しております。
ちゃんとしたものではないかもしれないです。スミマセン


☆まず、16話の頭部分☆

タルジャとテボンが同棲してることを知ったタルジャオンマがタルジャを殴ろうとしたとこで、テボンがかばって言ったセリフ。
「殴るのならば、僕を殴ってください。僕が全部受けます。タルジャさんと、僕が同棲してるというのは本当です。お互いに好きだということもです。そのせいで、タルジャさんが殴られなければいけないのなら、当然僕が代わりに殴られるべきです。気が済むまで殴ってください。僕がお受けします。」
ハルモニ、感動してるし、そしてりんだも感動です


☆テボンが家を出ようとする父さんと衝突したシーン☆
「卑怯です。それでも30年一緒に暮らしてきた仲じゃないですか。それなのに、そんなこと言うのは無責任で卑怯です。母さんがああなったのは100%父さんのせいじゃないですか。違いますか?・・・一度でも母さんに笑いかけてあげたことがありますか?一度でも母さんを温かく抱きしめてあげたことがありますか?たった一度でも母さんに“愛してる”と言ったことがありますか?私にはそんな記憶ありません。いつも冷たく知らないふりしてましたよね?いつも面倒くさそうに母さんを無視してきた。父さんに愛されないから当然僕に矛先が向く、だから余計に僕に執着するしかなかった。他の人は父さんを尊敬するかもしれないけど、父さんは男として失格です。母さんに対して、資格ありません。もうひとつ言わせてください。僕が家にいたくないのは、母さんが原因ではなく、父さんのせいです。父さんのような男になりたくないからです。」
今までお父さんにぶつからずに避けてばかりいたテボンが、初めて真正面からぶつかったシーン。まっすぐにお父さんを見つめるテボンは、男だーーって感じですんごくかっこよかったです


☆ベンチで会話の後のシーン☆
帰るときに、ちょっと照れくさそうにタルジャにチュッ♡して「じゃあな。」と言って行こうとしたんだけど、
また何か思ったみたいに振り返ってチュッ♡して「ホントに行くな。」と言って帰ってくとこ。
その前に「当然しなきゃいけないことはする男だから」ってセリフも好きです♬♬
こんな男いないですか!?!?WANTED!!!!



☆テボンがホテルにお父さんを迎えに来るシーン☆
テボンがドアの前に正座して、正直に自分の言葉を吐き出したシーンですね。
ここは感動したな~。涙どぼどぼ出てきたシーンでした
テボン「ごめんなさい、父さん。僕が言い過ぎました。僕にとって父さんはいつも強くて、母さんが弱い存在でした。だからいつも母さんが可哀相で、だから余計に母さんを失望させたくありませんでした。母さんが決めた学校に、母さんが決めた塾に、母さんが決めた大学に、母さんが決めた弁護士事務所に、そうやって僕の人生をすべて母さんの望み通りに決めて歩いてきました。面白くありませんでした。幸せじゃなかったんです。そう思うたびに、父さんを恨んできました。母さんの気持ちを分かろうとしない父さんが憎かったし、僕に人生を考えようとしてくれない父さんが憎かった。そう思いながらも一方では、一度でいいから父さんと対話がしたいと思っていました。普通のお父さんが息子とするように。お風呂屋さんにいって、背中を流し合って、酒を飲みながら人生について、恋愛について話しながら、そんな風に・・・好きな人ができたと、したいことが見つかったと、そんな話をしながら・・・」
お父さんが準備をして出てきて「朝飯は食ったのか?食べてないのなら一緒に来い・・・早く来い。」と。
そしてお父さんがテボンの肩を抱くんですよ~
今も涙がでてきます。
テボン、よかったね

でも冷静に考えたら、相当長いセリフなんですよねぇ。
NG絶対出てるよね・・・みたいわぁ~♡


17話です。

☆怒ってるタルジャを説得するテボン☆
テボン「怒った?すんごく恥ずかしかったよな?簡単には許してくれないよね?でも俺のこと好きだろ?♡」とかもうきゅぅ~~ん♡ですよ。
それとか、
「怒れば怒るほど、よけいにイライラしてくるってのわからない?それで俺たちの仲がギクシャクしたら、母さんたちの思い通りになるのに。それでもいいの?」
このセリフの「그래도 좋아?」ってこのチョア?の部分がめっちゃかわいいんですけど♡かなりマニアックですか?(笑)


さてさて、ふたりのアバンチュール(と言っても休暇)が始まりますわよ~~~♡☆:*・゚(●´∀`●)ホェ:*・゚ ♡

ここはもう♡満載なシーンいっぱい。

☆まず休暇に入って間もない何するか話してるタルジャとテボン☆
テボン「どうしてそんなに落ち着かないの?」
タルジャ「何もしないでいるのって久しぶりだからみたいね。なんか落ち着かないわ。1週間も何して遊ぶ??こんなことだったらどっか海外でも行けばよかった。。」
テボンタルジャにくっついて「分かったよ。遊んであげるから。何して遊ぼうか?どっか行きたいとことかないの?」
タルジャ「ないわ。どこかに行きたい!ってわけじゃないわ。これから準備してどっかに行くってのも面倒だし。」
テボン「だったら家で遊べる遊びを探すか。恋人が出来たらしてみたかったことないの?」
タルジャ「・・・・・いや、ない・・・」
テボン「ん~ん?またどうして顔赤くなってんの?今、何か怪しい想像した?だろ?」
タルジャ「違うわよ!何が怪しい想像よ。」
タルジャの心(その通り・・・ある怪しい想像をしていた。)
テボン「想像はそのへんにしといてよ。」
タルジャ「何が?私がどんな想像してるっていうのよ!」
テボン「俺がこんな近くにいるのに、想像ばっかりしてもらっちゃ寂しいだろ?」
タルジャ「はぁ?」
するとテボン、タルジャをお姫様だっこ!
テボン「何を想像してたか知らないけど、想像以上のものを見せてやろうじゃないか!覚悟しろ!オタルジャ!」


って素敵~~お姫様だっこしてもらいたい・・・・
だっこできるかは別として(笑)


ここからはオンパレード!
☆いちゃつきながら窓拭きしてるふたり☆
☆いちゃつきながら目玉焼き作ってるふたり☆
☆いちゃつきながら朝食中のふたり☆
☆いちゃつきながらマンガ読むふたり☆(これ、日本のキャットストリートでしたね。)
☆いちゃつきながら昼食中のふたり☆


そしてぇ~♡

☆お昼寝中のふたり☆
タルジャ「テボン、あんたはどうして私のこと好きなの?どうして私が好きなの?」
テボン「どうしてなんてないよ。好きなんだから。」
タルジャ「あんたなら私なんかよりもっと素敵な人と付き合えるじゃない。私よりきれいで、魅力があって、若い人と付き合えるのに、どうしてよりによって私なの?」
テボン「じゃあどうしてあなたは俺が好きなの?オム代表みたいな、俺より安全で、気楽な人とも付き合えたじゃないか。どうして俺なの?どうして俺のこと好きなの?」
タルジャ「ん~あの瞬間、よりによってあんたが私の傍にいたから。私が辛い時、私が寂しいとき、誰かの慰めが、笑顔が必要だったとき、そのたびにあんたが私の傍にいてくれたから。私のそばで私を慰めてくれて、私を抱きしめてくれて、、、そんな風にしていつのまにか、あんたの匂いが私の鼻にはなくてはならなくなったのよ。どこに行っても、誰と会ってもあんたの匂いが私の鼻にまとわりついて私の心をくすぐるの。会いたくなって、気になって、一緒にいたくさせるの。そうやって私も気づかないうちにここまで来ちゃったんだわ。」
テボン「俺もそう。俺もある瞬間気づいたらこうやってあなたの横に横になってたんだ。あなたのことがどうして好きなのかって聞かれたら、なんだろうなぁ??これだ!って一言では答えられないけど、ひとつだけはっきりしてるのは・・・・」
タルジャ「はっきりしてるのは?」
テボン「あなたが好きだ。こうやって一緒にいれるってことがすごく嬉しい。」


は・・・は・・・・鼻血が♪(*/0\*)♪
そりゃタルジャも「オーマイガッ。。。」って思いますよね?
結婚されてる方はこんあ経験されちゃってるんでしょうか
私もいつの日かこんなことを男に言わせる女になりたいものです!!!
え?無理って・・・??( ̄∀ ̄ )??


☆テボンがタルジャの肩をもんでる☆
私も揉んでもらいたいものです♬


18話です。ここから、ふたりの心のすれ違いが出てきます。
これからあんまり書く気がないんですが。。。どうしよ。

だって、18話しょっぱなから、ふたりが嫉妬して雰囲気が変なんだもん。
やっぱりテボンも若いのね~っと思っちゃいました。
タルジャが同僚の女弁護士のこと気になってるっていうのに、タルジャがオム代表と一緒にいたことに嫉妬してるテボンだったねぇ。


☆タルジャがテボンにテボンオンマからもらったお金を渡そうとするシン☆
ここは好きなシーンではないんです。逆に初めてテボンにイラッとしたとこでした。
もっとタルジャの気持ち分かってあげてよねって思いました。
タルジャは、お金で何かを解決しようと思ったんではなくて、
テボンの苦労する姿を見て辛かっただけなんだもん
それにテボンはお金があるとこで育ってるけど、タルジャは決して余裕のある生活してきたわけじゃないから、お金があるのならそれで解決できればいいじゃないって思ったのかもしれない。
でもそれもこれも、すべてテボンを思ってのこと。
あ~辛いのぅ。

それに、あの女弁護士腹立つわ!!!ヽ(`Д´#)ノ
キライです


ってことで、目標どおり18話まで書けました♬
あ~これ最終回まで行くかしらってな不安が。
でも最後のシーンは好きなんですよね~素敵ですよね♡
でも辛いとこはあんまり見たくないんで飛ばす覚悟で(笑)
てなわけで、終了どす~~なぜ京風?

スポンサーサイト

COMMENT

 私ね、テボンのじ~ッと見つめるあの目が好きなんだけど、タルジャのお母さんが「テボンと一緒に住んでるの?」って聞かれた時、初めて目をそらして、下を向いたのを見たわ。
 絶対目をそらさないテボンが・・・ってその時思ったの。

 ベンチでのシーン、私すごく好き♪
1度キスして、またキスするところが、好きだ~!!
そんなテボンがほしい~♪

 17話は、あの会話のあと、これからふたりがヤルんだ~!!って思うと、何とも言えない気持ちになりました。
でも、ふたりのラブラブシーンは、本当にこっちまでほんわか幸せな気持ちになったね。
特に・・・ベッドで後からタルジャがテボンに抱かれてるシーン・・・ああいうのいいよね~
(*/∇\*) キャ
 あの女弁護士は、私も本当に嫌な女だと思いました。
テボン、ショット意固地になりすぎてるよね。
でも、実際あそこまで意固地なやつがこの世にいるだろうか・・・
あんなに苦労してまで、親からの援助を受けないだなんて・・・
きっといないと思うなぁ。(^.^;
 ちょっとこの辺からつらくなっていくもんね。
 
それでも、このドラマ、どんなに辛い展開でも、コメディ路線はずっとなくさなかったよね。
泣いて笑って・・・台詞も良くて・・・

  

 
2007/04/19(木) 22:43:52 | URL | ♪ゆみぽん♪(^-^)ノ #- [Edit
♪ゆみぽん♪さん♪
テボンのじーっと見つめる目、すごく印象的ですよね。というか、ミンギの目が印象的ですよね。なぜか、「天使なんかじゃない」のアキラの恐竜の(知ってます?)の目に似てると思っちゃうんです(笑)

>17話は、あの会話のあと、これからふたりがヤルんだ~!!って思うと、何とも言えない気持ちになりました。
確かに・・・でもなぜか、私あんまり複雑な気分にはならなかった・・・映画「浮気日和」のあんなシーンは見たくないって思ったのに、不思議と、、、
その後、その雰囲気を見せない構成になってたからか、はたまたタルジャが好きだからか(笑)

テボンは意固地に相当なってますよね。その性格のおかげで弁護士もやめちゃえることが出来たと思うんですがネ。
でも今時そんな男がいたら、りんだ惚れちゃいますね、、確実に(笑)
大学も親の脛かじって卒業させてもらってその上に、その後、やりたいことがないからと専門学校まで行かせてもらうような人もいますからねぇ。。。。う~ん、やっぱりえらいっす☆☆

>どんなに辛い展開でも、コメディ路線はずっとなくさなかったよね
おかしなシーンもたくさんあるから、辛くても楽しく見れたんですよね♪
いいドラマでした♡
2007/04/20(金) 21:50:18 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit
テボン素敵
テボンって年下なのに頼りになるし、男らしい面もあるし、タルジャうらやましいわ。って毎回こんなこと言ってる気がする。
>帰るときに、ちょっと照れくさそうにタルジャにチュッ♡して「じゃあな。」と言って行こうとしたんだけど、
また何か思ったみたいに振り返ってチュッ♡して「ホントに行くな。」と言って帰ってくとこ。
ここ、私も好きです。てか、タルジャとテボンのラブラブなとこは全部好きだけど。このシーン、たしかタルジャのオンマがお店の影からそっと見てましたよね。それで私はてっきりオンマは許してくれるのかなぁって期待しちゃったんですが、そんなに甘くなかった。まぁ、そのおかげ?でタルジャ、人生で最も幸せな休暇を過ごせたんだからいいかぁ。
テボンが工事現場で事故にあった時は死ぬことはないだろって思ったけど、「ソルマ キオクサンシル?」ってびっくりしちゃいました。頭から血、出てるし。韓国ドラマ定番だし。でもここでそうならないとこがこのドラマのいいとこですよね。
でもこの辺りからテボンの余計なことを言わないで色々ひとりで解決しようとするとこがタルジャとのすれ違いをおっきくして行っちゃう。あの元カノがひっかきまわしてくれちゃうし。彼女のあの自信と思い込み、一体どこからくるんでしょ?登場早々から嫌な感じですよね。
2007/04/21(土) 22:40:07 | URL | kotoko #LeD5SCdo [Edit
♪kotokoさん♪
テボン素敵ですよね~☆☆

>それで私はてっきりオンマは許してくれるのかなぁって期待しちゃったんですが
これ、私もです。だってあんな風に「しょうがないわね~」って表情されたらそう思っちゃいますよね。ホッとしてたのもつかの間・・・って感じでした。
それぞれの両親についてまわって、それをやめたときのお母さんたちに反応は面白かったですよね。韓国って結構こういうことあるんでしょうかね?それが情が移るってことなのかもしれないけど、私はあんまりこういう気持ちになったことがないんで情がないってことなのかも(笑)

そうです。ここまで、テボンはしっかりタルジャの心を読んで動いてくれていたのに、この辺からそれができなくなるんですよね。ま、今まではタルジャの問題中心だったけど、ここからテボンの問題も本格化してくるからなんですけど。
でもそこがもどかしいとこでしたねぇe-263

よくよく考えたら、あの彼女さえいなければふたりはうまくいってたはずなんですよね。
でも、障害が大きければ大きいほど、盛り上がるのですが(笑)
そのおかげで、あの会社でのテボンの「愛してる」のシーンが生まれたでしょうしe-266
でもやっぱり、あの元カノの顔を見ると、ダメ・・・イライラします!!!(メ`д´)・・・(笑)
2007/04/23(月) 18:33:02 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

りんだ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



Recent Comments



Recent Archives



Categories



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Links

このブログをリンクに追加する



Copyright © **りんだの気まぐれ日記** All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。