08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「마녀 유희(魔女ユヒ)」4話

2007.04.19 *Thu*
今回は、少しだけ進展したかな??


ムリョンがいなくなった部屋で、ユヒはムリョンの幻を見たり、
逆にムリョンはユヒの声が聞こえたり。

これは、ま、なんとなくそこにいた人がいなくなった寂しさなのかもしれないけど、

ちょこぉ~~っとは進んだよね???♡


だって、ムリョンもあんなに焦って薬買いに行ったりしちゃってるしね。

てなわけで、4話です。
 
ユヒがびしょ濡れで帰ってきて熱を出してしまう。

一方スンミはユヒのマンションまで訪ねてくるんだけど、インターホンは押さずに帰ります。
スンミが帰るとき、ムリョンも薬を買いに走り、途中でぶつかる。
でも傘をさしてるので、ムリョンは気づかなかったね。
でもスンミの方は気づいたっぽい。
こういうとこを見ると、ムリョンとスンミの気持ちって同じではないなって感じちゃうんですよね。

翌朝、ユヒが目を覚ますとベッドのわきでムリョンが眠ってます。
看病してくれてたのはタオルとか、水とか、薬とかがあったのでわかったとして、
ムリョンを覗き込んで起きそうになると、ユヒは眠ったふり(笑)
ベッドに倒れこんだムリョンの手が偶然ユヒの胸の上に乗りユヒは驚いて飛び起きる。
そしてムリョンの顔面にパンチ!激しく・・・(笑)

殴られたムリョンは鼻にティッシュをつめてユヒを睨む。
ムリョン「謝ってくださいよ。愛されてる女の人は男をこんな風に殴りはしませんが、せめてこんなことしたら謝ることくらいはしなきゃでしょ。」
ユヒ「あんたごときに愛されたくないんだけど。」
ムリョン「そりゃそうですよ!どうしてよりによってマ様なんかを愛しますか!私にだってそんなことは出来ませんよ。ただお金返すためにこんなことしてるんでしょ!・・・薬まで買ってきて、徹夜で看病したってのに・・・」
ユヒ「ちょっと!ごめん。なさい!これでいい?ですか!?」

ってこんな会話が楽しいよねぇ♬

そんなことをしてると、会長(ユヒ父)から電話でユヒに会社に来いという。
行くとお見合い相手の写真を持ってきていた。
それを鋭い眼光で拒否するユヒ。やっぱりこの会長の娘ですね~。
会長まで怖がる眼光の持ち主です(笑)

その日、ユヒのとこにはセラが訪ねてきます。
結婚前にムリョンに整形を頼みたいとのことでした。
ユヒは焦って、ムリョンは外国でセミナーがあって韓国にいないと言い訳。

一方、ムリョンはスンミに会いにレストランに行きますが、
ジョニーと会って、ジョニーに誤解され「マナーがなってない!消えてくれ!」って言われたり(笑)
でもジョニーもこんなかわいいとこあったのね。
ムリョンがスンミに会いにきてて、自分が誤解してるの知ったら恥ずかしそうにして(笑)


そこで、ムリョンはスンミが留学するという嘘や家政婦をしてることを知ってちょっと怒ってるってことを知る。
スンミ「私はムリョンさんにとって何なの?そんなにどうでもいい人なの?」
ムリョンが言い訳しようとすると、レストランのシェフが倒れたとスンミを呼びに来る。

ブラブラしてたムリョンは、セラと会います。
そして約束を取り付けられる。
そこに、またスンミから連絡が。
レストランの助っ人を頼まれたムリョン。
ジョニーの許しを得て、手伝うことに。
ムリョンは、ジョニーの料理を見ることができて嬉しそう♬

その後スンミとの誤解も解け仲直りし、家に帰ったムリョンはサボったことでユヒに怒られる。
でもムリョンも、セラにセミナーに行ってたはずでは?って言われたことを持ち出し応戦。
ユヒも反撃できず、「水持ってきて!」とそれだけしか言えず(笑)
ムリョン「ところで、恋人役はいつまでしなきゃならないんですか?」
ユヒ「もうちょっと待って。彼氏ができたらすぐに変えるから!」
ムリョン「だからいつできるんですか?お見合いも当分しないって言ってたし。」
ユヒ「そうだ!ちょっと服選んでくれる?今日お見合いあるんだった!」


しかし、そのお見合いお父さんの準備したお見合いでした
すぐに断って店をでるユヒでした。

ユヒは家に帰ると断った理由をムリョンにしつこく聞かれる。
そして「私よりも、私の家柄や条件が好きって言われたの。だから断ったわ。わかった?」と言う。
ムリョンは、それを聞くと笑顔で「そりゃよかった!」って言うのね。
さすがムリョンだね~こういうムリョンの性格好きだな~。


ユヒは、「マッサージがキャンセルされた、どこも会員として迎えないらい」と秘書から聞きます。
会長とつながってる部下が手をまわしていた。。
そしてユヒは、部下が会長と電話してるのを聞き、疑いますが、彼もユヒが怖いのであまり反抗できず・・・・
この部下もあんまり頭良くないよね~
でもそれでいいんだけどね(笑)


ユヒは、お見合い相手が自分で探せないので、ムリョンに頼む。
ムリョンはどうしてそこまでしなきゃいけないのか?と断ろうとするけど、
ユヒ「変われば愛してもらえるって偉そうに言ったのはあんたよ。私、変わっじゃない?なのに、男はおろか、結婚相手紹介所まで私に断りを入れてきたわ。どう思う?」
ムリョン「そうですか?でも僕の責任じゃないと思いますけど。現実を見せてあげてるんです。どれだけ変わったとは行っても完全に違う人になれるわけじゃないんですから。」(みたいなセリフかしら?)
ユヒ「そう?でも1ヶ月ってそんなに長くはないのよ?」

あんなことは言っても、友達に相手を探すように頼む。
そこに友達の知り合いが来ます。
友達によると、その知り合いは昔の会社のお客さんで、遊び人ではないけど、条件ばっかり追い求める渡り鳥みたいな奴らしい。
友達は、「だったら魔女(ユヒ)には条件的にはばっちりじゃないか?広告会社の代表、MKグループの会長の娘だったら・・・」
ムリョン「MKグループ!?魔女ってMKグループの娘なのか?」
友達「どうだ?あいつ紹介してみるか?」
ムリョン「ダメだ!あんなやつ絶対ダメだ!」

この否定は、どういう意味の否定なの?
ユヒを思って拒否したのかな?♡
それともMKグループの娘だからってことなのかな?


ところで、弟くんまた問題を起こしてしまう。ガラの悪い人たちとケンカ
その相手がムリョンの実家の店に押しかけてくる。
でも不思議だったのは、お父さんが一声かけると、みんな大人しくなりませんでした???
どうしてかわかんないけど。
そしてお母さんは弟を激しくしかります。
そしたら、あの弟の彼女がかばうために、ムリョンが韓国にいることを言っちゃうΣ(゜◇゜ノ)ノダメぢゃん。。。



そしてユヒの家にやってきたムリョン母。
最初はどうにか逃げまわったムリョンでしたが、最後は幼稚なウソに騙されドアを開けてしまったのでした。
そしてムリョン母(トラ)とユヒ(女キツネ)の対決第1弾(笑)
ムリョン母は、自分の息子は300万で家政婦をする器じゃない、医者になるんだ!と主張。
ユヒは、お金を返してもらうまでは家政婦で、契約書まで見せます。
破り捨てる母。
しかぁ~~し、それは写しだった(笑)
それでも、お金をちゃんと返すからムリョンは返してもらう!と主張したムリョン母の勝ちでした。

ムリョンが連れられていくシーンを見て、ユヒは幼いとき母親が家を出ていったときのことを思い出します。

家に帰ってきたムリョンはお父さんに謝る。
そしてお父さんはムリョンと一緒にチャヂャン麺を作ります。

家にひとりぼっちのユヒは、ムリョンがいないことを忘れて「水ちょうだい。」と言って手を伸ばす。

一方ムリョンは、ユヒの「ちょっと!」という声が聞こえ、「はい!マ様!」と言ってしまう。
ムリョンは、ユヒがまた具合が悪くなってるのではないかと思い、ユヒの家に行こうとするんですが、お母さんは許さず

またまたユヒは、お米を炊いてないのにお釜の中を覗いたりして。

そのとき、流れてた曲の歌詞が「バカみたいに隠してた一言、その言葉を言うよ。これが、愛なんですよ。」
でした。
これは何かを暗に言ってるのですか??♡


そこにセラから電話があったユヒは土曜日に会うことに。
ムリョンに電話すると、お母さんが出てムリョンと話せない。

コーディする人がいないので、また白黒のユヒに戻ってしまった

業を煮やしたユヒは、部長を連れて直接ムリョンの家に行く。
おそらくお釜を返すためと部長には言ってるんだと思われます。
ムリョンもちょっと嬉しそう♬
お父さんはチャヂャン麺を出す。
ユヒは、いらないと言うので部長がユヒの麺を混ぜようとしたら
ムリョンがさっと取って混ぜユヒに差し出します。
食べたら結構おいしいって表情(笑)

それを見たお父さんが気を利かせて家族全員を連れて外に出ます。
ユヒも、部長を外に出させます。
ふたりになったふたりは、相談します。
ムリョンはすぐ帰って来るつもりなのにどうしてお釜なんか持ってきたんですか?とか言ってます。
お母さんの説得に時間がかかりそうだとムリョンが言うのにもかかわらす、ユヒは明日までに帰って来い!と言う(笑)

一方外で待機してる家族&部長。
聞こえないじゃない!というお母さんに対して、
部長は「聞かなくても分かりますよ。契約違反をしたら刑務所行きだ!・・・うちの代表はそこまでするお方です。」と(笑)

焦った家族は、ムリョンを連れてっていいと言います(笑)(笑)


ユヒはそのことがあってから、ムリョンのことをジョニーに頼みに行きます。
ジョニー「でも、俺に会いにきたの?何かあったんじゃないの?」
ユヒ「違うわよ。ジョニーに会いに来たの。」
ジョニー「ところで、ムリョンさんのことだけど、まだユヒの家にいるのか?」
ユヒ「あ~チェムリョン?あの人なんだけど、ちょっと事情があってうちにいるんだけど、本当はフレンチの料理人目指してるの。」
ジョニー「知ってる。」
ユヒ「そうなの?実は頼みがあるんだけど・・・あの人、ジョニーのテストを受けたいらしくって。。それで・・・・」
ジョニー「ユヒらしくないな。そんな頼みはちょっと困るんだ。」
ユヒ「そうよね?」
ジョニー「悪いけど、どちらにしろテストしてみようと思ってたとこだったんだ。」

家に帰り、ムリョンにそのことを話すと、ムリョンがユヒに抱きついて喜んだ♡
ムリョン「ありがとうございます!本当にありがとう!!」
ユヒは呆然としながら「い、いや、私は何もしてないから。。。」
ムリョン「何を言ってるんですか?完全に恩人じゃないですか!練習しなきゃ・・・」
びっくりしてるユヒ(笑)
これも一歩ですね~


そしてテストの日
作る料理は、オムレツ。
そして無事合格でした!!!

心配してるユヒはテスト中も落ち着かない様子でムリョンを待ってます
ね♬

テスト終わったあと、ムリョンがわざと悲しい表情で出てくると
ユヒ「しょうがないじゃない、きれいさっぱい諦めるのね。」
ムリョン「どうして諦めるんですか?合格したのに♡」
ユヒ「じゃあどうしてそんな顔してるの?」
ムリョン「ランチタイムに入るとは言え、ユヒさんに今までみたいには気遣えなくなりそうで。申し訳なくてですよ。」
ユヒ「いいわ、約束してたんだもの。その代わり残りの時間は一生懸命働きなさい。」

行こうとするユヒの肩を掴んでとめるムリョン。
それにユヒはドキぃ~~っとしてますね(笑)

ムリョン「あの、これは言っておかないとと思って。僕、この恩は忘れずに絶対に返します。」
ユヒ「お金で返しなさい。あ、その格好で行くの?今日、セラに会うって言わなかった?」
ムリョン「どうして?変ですか?」
ユヒ「配達にでも行く気?ついてきなさい。」

・・・・スンミ可哀相に


そしてセラに会うビルに着いたふたりですが、ムリョンにはスンミから電話が入ります。
なので、先に行くユヒでしたが、エレベーターの前にはジュナが( ̄□ ̄;)!
エレベーターに乗ったユヒ、ドアがしまる瞬間にムリョンが走ってくるのが見えたのに、ドア閉めちゃったし(笑)
そしてエレベーターの中でジュナがユヒにキス!!!!( ̄□ ̄;)はっ!


ここで終了なんですが、ジュナがそんなことするわけありません(笑)

てなわけで、ユヒ4話終わりです。

今回は、ムリョン母がすごかったですね。
そしてやっぱり、ムリョンとユヒが会えたときに嬉しそうだったのが印象的でした。
でもやっぱりユヒの中にはジュナがいるようで
ジュナがどう入り込んでくるのか興味津々なようで、ちょっと不安なようで複雑ですが彡(-ω-;)彡
どうか、ムリョンにがんばっていただきたい。
ですが、スンミもお忘れなくお願いします。

ではでは~ε=ε=ε=ε=ヽ(* ̄∇ ̄)ノ











スポンサーサイト

COMMENT

私もここまで
4回まで観てます。この先、溜まっちゃってるんですよね。りんださんの感想を参考にゆっくり観ていきますね。
この回はムリョン母がすごかったですね。母は強しというかなんというか。さすがのユヒも負けてた。
そしてユヒのために一生懸命なムリョンが印象的な回でもありました。ユヒもムリョンのこと、認めてきてるし、何気なく触れられてドキドキhttp://blog7.fc2.com/image/icon/i/F994.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">したりしていい傾向なんですが、まだまだお互いに気持が向くまでには長い道のりが待っていそう。いい感じと思うとやっぱりムリョンにはスンミがいるしユヒはジュナ先輩が気になってしかたないみたいですし。
大体、観てるとこっちが先に相手を好きになるんだろうなぁとか思うんですが、ユヒは全く読めませんね。スンミがいい子なので先にユヒが好きになってというよりムリョンが気付いたらユヒを好きになってたっていう展開の方がしっくりくるかなぁ。
2007/04/23(月) 07:40:06 | URL | kotoko #LeD5SCdo [Edit
♪kotokoさん♪
ここで止まるのなんだかわかります。
私は一応レビューは5話、見てるのは6話まで見てるんですが、昨日たまたま時間があって暇だったからだと思うんですv-403
もし忙しかったり、他にも見たい~~!と思うドラマがあったら止まってそうな気が・・・

読めない・・本当にそうです。全く読めない・・・。スンミだけが読めます!(笑)
彼女はムリョンが好き!♡ってのが態度にも視線にも出てるので分かりますが、
ムリョンなんかは、スンミに対して6話でヒドッって思ったシーンもあったくらいでした。
それに、ユヒもどうしてジュナがいいのかわからないし、ジョニーのはっきりした気持ちもわからない。
最終的にはユヒ&ムリョンカップルなんでしょうけど、そこまでがどう進んでいくのか予想できないですねぇ。
kotokoさんのおっしゃるように、ムリョンの気持ちが先に動いた方が自然ではあるかも。
最終的にはユヒもムリョンを好きになると思うので、ユヒが気づいたときの反応も絶対におもしろそうですよねv-398
こんな想像してると、見るのやめられなくなるんですが(笑)
2007/04/23(月) 18:40:05 | URL | りんだ #Y5xNWJIE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

りんだ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



Recent Comments



Recent Archives



Categories



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Links

このブログをリンクに追加する



Copyright © **りんだの気まぐれ日記** All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。