08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
<< >>

スポンサーサイト

--.--.-- *--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『49일(49日)』第6話

2011.04.26 *Tue*
うぉーーーーーーーーーーー!!!!

気になる気になる気になる!!!!

今回は面白かったぞっ!乗ってきたぞ、、、りんだ゚*。:゚:。*゚(喜≧ω≦)♪

ここから人間関係が色々と絡んできて、面白くなってきましたな。

そして次も早く見たいぞ、、ヾ(o´▽`)ノ



ではでは。。。
今回は、ミノとイギョン(中身:ジヒョン)がもめているところにインジョンが、そして別方向からハンガンが来てしまったとこだったね。

なんだかんだでミノはイギョンの態度に不思議とイギョンが気になって仕方ない。
そしてカンはイギョンのやることがジヒョンに似ていて気になって仕方ない。

うーーー、ふたりともイギョン(中身:ジヒョン)に惹かれていってる~~~~。

でもそれに薄々気づいていってるインジョンが不気味・・・コワイヨ。。

ミノに連絡しても、「仕事してる」と言われるけど、運転手?秘書?に確認したら家にいるって言われ・・・
そしてミノがイギョンに対していつもと違う感じで怒ってたりするのも変・・・
気になってるの!?Σ(`‐(エ)‐´)・・・!?ッ的な?
まぁ、不安よね。


ハンガンは、ジヒョンに似てるからってイギョンが気になる自分が許せない。。
ジヒョンはまだ死んでない・・・イギョンはジヒョンじゃないのに・・・って思ってるんだね。

o(´⌒`)o言いたい・・・言いたい・・・
ハンガンの後ろにひょっこり現れて「イギョンは中身ジヒョンなのよ」って囁きたい(笑)
絶対スケジューラーが許さないけどさ(* ̄ω ̄)

これじゃいけないと思ったんでしょう、イギョンが勝手に部屋に入っていたのをハンガンは
「二度とこの部屋には入るな!」と怒る・・・
謝るイギョンの言葉なんか聞きたくないとでも言うように、出て行けと言ってしまう。

翌日店に出てこないイギョンのこと心配してるハンガン。

一方イギョン(中身もイギョン)は体調崩してバイトにもいけず、
ジヒョンが乗り移って病院へ。
帰り道にミノ現れる!!!
ここの会話が結構今回の見所のひとつだったな。
ミノにどうして自分を嫌うのかと聞かれたイギョン(中身:ジヒョン)の台詞ね。
「人を嫌うのに理由は必要ですか?人を好きになるのも嫌いになるのも理由は必要ないわ。
知らないのね。人を好きになるのも嫌いになるのもいつも理由があるんですね。」
これはよく言った!ちょびっとだけスカッとしたよ。
だって人付き合いも計算してた人だろうからね。少なくともジヒョンはそう思ってる。
それでも見捨てられないミノは、イギョンを無理やり車に乗せ店に送る。

ミノの車から降りてきたイギョンを見て怒ってるハンガン。
さらに、ミノの笑顔にキレた。
ミノ「お礼はないんですか?」
イギョン「どうしてお礼を?強制されたのに。」
ミノ「強制か・・・ふふ。」
みたいな(笑)


ここからのミノとハンガンのけん制のし合いがちょっと「うっはっはっ・・・」と興奮してしまったよ。
だって、カンなんてあからさまに感情出てるんだもん・・・・。
自分はジヒョンが気になってイギョンを遠ざけたのに、婚約者のミノは近づいているから
なんだか腹が立っちゃったんだな。
そりゃ確かにそうかも・・・結構、私はハンガンに似ているかもしれない。
こんなこと何度か経験したわ。理性がきく人にこういう人多いと思うよ。
りんだの場合、ハンガンみたく怒れないけどね。

そしてラスト部分。
イギョンを呼び出して解雇を通告。
ハンガン「友達の婚約者だと言ったのに、どうして会うんだ?」
イギョン「違うんです。偶然会ったんです。」
ハンガン「そんなのどうでもいい。あんたをミノ先輩の側には置けない。
     友達の婚約者で、俺にはその友達を守る義務がある。」
イギョン心の声【友達?私の為に言ってるの?】
ハンガン「これ以上は許せない。」
イギョン「私は本当にカンミノには興味ありません。」
ハンガン「持っていくなり置いていくなり二度とここに来るな。」
イギョン「私がこのお金受け取らないってわかりますよね。」
ハンガン「こんなときに脅すのか?」
イギョン「このお金置いていっても気にしないでって言いたいだけです。
     絶対に気にしないでくださいね。私は本当に大丈夫だから」
ハンガン「いいかげんにしろ」
イギョン「その友達のことを考えてる気持ちだけで、全て受け取った気がします。」

おっと、会話書いちゃった(笑)

この最後の言葉にグッと来たよ。そう思うよね。
ジヒョンとしては自分を思ってくれてるってのに嬉しいなって思ったよね。
もちろんハンガンの元を離れないといけないってのは悲しいだろうけどね。


でも、最後だけどイギョン(中身:ジヒョン)は本当にミノの家政婦?みたいなことやるのかな?
いくら?とか聞いてたけど、、、
ミノのやろうとしてること探るにはいいかもしれないけど、
とっても危険なにおいがぷんぷんしますわ。。。。。
ま、何かあったらきっとスケジューラーが助けてくれる!!!☆

あ、そうそう!
スケジューラーもどうしてスケジューラーになったのか少しだけわかったね。
とっても大事なことをやり残して死んでしまい、5年スケジューラーを勤めればそれがやれるという・・・
それを言ってるときは寂しげだったけど、すぐいつものスケジューラーに戻ってしまったけど。
これからどんどんわかっていくんだろうね。
そしてイギョン(中身もイギョン)の過去もわかるっぽい。
たのしみだわん。


ここら辺で終わりとします。

ではでは次は何を書こうかにゃ~。


ヾ(*´・∀・`)o バイバイ♪

スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Profile

りんだ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



月別アーカイブ



Recent Comments



Recent Archives



Categories



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Links

このブログをリンクに追加する



Copyright © **りんだの気まぐれ日記** All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ   素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。